大学案内

ラジオアイソトープセンター

本センターは地下1階、地上3階、総床面積997㎡で管理室、汚染検査室、除染室、実習室I・II、測定機器室、動物飼育室、無菌室、排気・排水処理室等から成っている。
本センターでは学部学生に放射線測定の基礎実習を行うと共に放射性同位元素で標識した化合物を用いた結合実験やDNA合成能測定等、各研究室の研究に広く利用されている。
1階の実習室 I および2階の実習室 II は学部学生の実習および各研究室の研究に使用されており、両室ともドラフトが6台ずつ設置されている。
また超遠心機、高速液体クロマト装置、全自動バイアル洗浄装置、超音波洗浄装置なども設置されている。
放射性同位元素の管理は厳重に行われており、貯蔵室の遮へい庫からの放射性同位元素の取出しには幾重のロックを解除しなければならない。
また表面汚染検査および排水・排気中の放射能測定も定期的に行われている。
放射線測定装置としては液体シンチレーションカウンタが2台とオートカウンタが1台設置されている。
また学生実習用にはガイガーミュラー計数装置、NaIシンチレーションカウンタ、線スペクトロメータ等が用意されている。

ページトップへ