附属薬用植物園

 附属薬用植物園は昭和14年、前身である東北薬学専門学校発足と同時に現在の中庭、大学院校舎に隣接するあたりに造成されたことに始まります。昭和30年、運動場の完成と共にその北側の、台地を含む2つの場所に移転し、さらに昭和43年、体育館を建設するに際して現在の地のみとなりました。その後平成7年に改修工事が行われ、日本薬局方収載生薬の基原植物を中心とした標本区が整備されました。同時に、主に学生実習の材料を提供するための栽培区も設定され、現在の形となりました。東北地方の気候、環境下で成育可能な薬用植物を中心に、コンパクトにまとめられています。
 本植物園は瞑想の松のそびえる緑豊かな小松島キャンパス西部の丘の、北端の台地部分に位置し、教育および学術研究に資することを主な目的として現在もなお非公開の原則をとっていますが、一般の方でもあらかじめ大学当局に連絡していただければ見学可能です。

詳細は 附属薬用植物園サイト をご覧ください。

東北医科薬科大学 附属薬用植物園 
 
総面積: 2437.5平方メートル
植物の種類: 約350種
観 覧: 要事前連絡(土曜、日曜、祝祭日は休園)
お問合せ: Tel: 022-234-4181 Fax: 022-275-2013

▲ ページTOPへ