東北医科薬科大学の受託研究・共同研究制度について

区分 受託研究
受託研究取扱規程
共同研究
共同研究取扱規程
定義 本学と外部機関等から委託を受けて行う研究。 本学と外部機関等が共通の課題について行う研究。
申込書の有無 有(様式1 有(様式1
契約書の有無 有(参考様式1 有(参考様式1
間接経費の割合 直接経費の30% 直接経費の10%

研究に関する申込み・お問合せは下記担当までお願いします。
【医学部】:医学部事務室 igakubu-jimu@tohoku-mpu.ac.jp
【薬学部・教養教育センター】:企画課 h-soumu@tohoku-mpu.ac.jp

これまでの研究成果

ここでは公開を許諾された共同研究やプレスリリース後の成果のみ情報公開しています。

・薬学部 生薬学教室の佐々木教授と共同研究を進めてきた「あおもり藍産業協同組合」様が、
第6回ものづくり日本大賞の【東北経済産業局長賞】を受賞

 「あおもり藍産業協同組合」は、第6回ものづくり日本大賞の東北経済産業局長賞を受賞しました。
同組合は、その過程で本学薬学部 生薬学教室の佐々木教授との共同研究により、無農薬で栽培されるあおもり藍の抗菌・消臭成分の新規抽出方法と抗炎症作用機序等の機能性の解明、さらに製品への応用展開を探り、この度その成果が、世界初の100%天然由来成分のみの消臭スプレー「Safeeco」の開発・発売に結びつきました。今後、その高い機能性と安全性から医療・介護の現場だけではなく、機能性食品・化粧品・衛生用品への幅 広い応用が期待されます。

▲ ページTOPへ