附属薬用植物園

TOP > 日本薬局方収載医薬品の原料となる薬草

日本薬局方収載医薬品の原料となる薬草

  • イヌサフラン Colchicum autumnale ユリ科

    ヨーロッパ原産で、鑑賞用に栽培される多年生草本。
    花は秋に咲き、葉が春に盛んとなるが夏には枯れる。
    種子又は球茎から、通風治療薬コルヒチンを製造する。

  • ジギタリス Digitalis purpurea ゴマノハグサ科

    ヨーロッパ原産の2年生又は多年生草本。
    鑑賞用としても栽培される。
    環境が良いと高さ2メートルにも達する。
    葉から強心薬ジギトキシンを製造する。
    葉そのものも強心薬として用いられる。

  • トウゴマ Ricinus communis トウダイグサ科

    アフリカからインドあたりが原産といわれる草本で、
    熱帯では常緑の多年生だが、仙台のような温帯では1年生で、
    条件が良いと写真のように大きく育つ。
    種子を圧搾して瀉下薬のヒマシ油を製造し、主に医療用として利用される。

  • ハッカ Mentha arvensis var. piperascens シソ科

    国内に自生する多年生の草本で、各地で栽培もされる。
    地上部からハッカ油を製造する際に、矯味・矯臭薬あるいは外用の局所消炎薬とされるメントールが得られる。

Copyright © 2003 東北医科薬科大学 All Rights Reserved.