研究内容

Studies

BOSHI研究

BOSHI Study

妊婦の非医療環境下の血圧と周産期予後

 妊娠高血圧症候群は周産期予後に重要な意味を持っています。本研究では、妊娠初期に、血圧レベルに関わらず妊婦さんに声がけをして参加頂き、出産1カ月後まで家庭での血圧測定をお願いしています。
 妊娠初期に測定した血圧同士で比べてみても、家庭での血圧は、外来で測定した血圧よりも、密に児の体重と関連していることが明らかになっています。

大迫研究

Ohasam Study

非医療環境下の血圧測定と予後

 大迫研究は1986年に岩手県大迫町で開始した研究です。非医療環境下の血圧測定を地域の方々にお願いし、どのくらい長期にわたり健康でいられるかを、特に脳心血管疾患にターゲットを絞って調査しています。