研究内容 インビボ核医学診断のための分子イメージングプローブ開発研究

分子イメージングとは、生体内で起こっている様々な生命現象を外部から細胞/分子レベルで捉えて画像化し、病気の早期診断や治療、創薬に役立てる新しい方法論のことです。 当研究室では、特に癌や脳機能、中枢神経疾患などを標的として、早期診断を目指した核医学分子イメージング手法の開発や治療につなげるための基礎研究に取り組んでいます。

メンバー

教授
山本 文彦
助教
齋藤 陽平
山本 由美
修士 1年
佐々木 遼
薬学科 6年
12名
薬学科 5年
11名
生命薬科学科 4年
2名

著書・発表論文等(2010~)

2018
Synthesis and characterization of 11C-labeled benzyl amidine derivatives as PET radioligands for GluN2B subunit of the NMDA receptors
Takeshi Fuchigami, Noriko Fujimoto, Terushi Haradahira, Yumiko Nojiri, Takashi Okauchi, Jun Maeda, Tetsuya Suhara, Fumihiko Yamamoto, Morio Nakayama, Minoru Maeda, Takahiro Muka
J. Labelled Compd. Radiopharm.
in press

ddY mice fed 10% fat diet exhibit high p27KIP expression and delayed hepatocyte DNA synthesis during liver regeneration
Yohei Saito, Yoshikazu Kuwahara, Yumi Yamamoto, Masatoshi Suzuki, Manabu Fukumoto and Fumihiko Yamamoto
Metab. Syndr Relat. Disord.
16, 305-313

2017
「2 Gy/日のX線分割照射に抵抗性を示すがん細胞の樹立と解析」
桑原義和、富田和男、漆原佑介、齋藤陽平、佐藤友昭、栗政明弘、福本学
東北医科薬科大学研究誌
第64号 39-48

SIV targeting of CXCR3+CD4+ T cells in secondary lymphoid organs associates with robust CXCL10 expression in monocyte/macrophage subsets.
Masayuki Fujino, Hirotaka Sato, Tomotaka Okamura, Akihiko Uda, Satoshi Takeda, Nursarat Ahmed, Shigeyuki Shichino, Teiichiro Shiino, Yohei Saito, Satoru Watanabe, Chie Sugimoto, Marcelo Kuroda, Manabu Ato, Yoshiyuki Nagai, Shuji Izumo, Kouji Matsushima, Masaaki Miyazawa, Aftab Ansari, Francois Villinger, and Kazuyasu Mori
J. Virol.l
91, e00439-17

Clinically relevant radioresistant cell line: a simple model to understand cancer Radioresistance.
Yoshikazu Kuwahara、Mehryar Habibi Roudkenar, Yusuke Urushihara, Yohei Saito, Kazuo Tomita, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Tomoaki Sato, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto
Med. Mol. Morphol.
50, 195-204

X-ray induced mutation frequency at the HPRT locus in clinically relevant radioresistant cells.
Yoshikazu Kuwahara, Mehryar Habibi Roudkenar, Yusuke Urushihara, Yohei Saito, Kazuo Tomita, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Tomoaki Sato, Akihiro Kurimasa and Manabu Fukumoto.
Int. J. Med. Phys. Clin. Eng. Radiat. Oncol.
6, 377-391

2016
「-腫瘍指向性ポリマーナノ粒子ラクトソーム- 核医学分子イメージングプローブとしての開発と展望」
山本文彦
東北医科薬科大学研究誌
第63号 p. 21-43

「放射線で誘発される細胞死:アポトーシス、オートファジー、ネクロプトーシス」
桑原義和、鈴木正敏、漆原佑介、齋藤陽平、山本由美、富田和男、佐藤友昭、山本文彦、栗政明弘、福本 学
東北医科薬科大学研究誌
第63号 p. 63-81

The involvement of mitochondrial membrane potential in cross-resistance between radiation and docetaxel
Kuwahara Y., Roudkenar M.H., Suzuki M., Urushihara Y., Fukumoto M., Saito Y., Fukumoto M.
Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys.
96, 556-565

Isomeric iodinated analogs of nimesulide: synthesis, physicochemical characterization, cyclooxygenase-2 inhibitory activity, and transport across Caco-2 cells
Yamamoto Y., Arai J., Hisa T., Saito Y., Mukai T., Ohshima T., Maeda M., and Yamamoto F.
Bioorg. Med. Chem.
24, 3727-33

Inflammation-Induced Synergetic Enhancement of Nanoparticle Treatments with DOXIL® and 90 Y-Lactosome for Orthotopic Mammary Tumor
Kurihara K., Ueda M., Hara I., Hara E., Sano .K, Makino A., Ozeki E., Yamamoto F., Saji H., Togashi K., Kimura S.
J. Nanopart. Res.
18, 137

山本文彦,タリウムの光と影,サイエンスアイ新書シリーズ 知っておきたい化学物質の常識84 左巻健男・一色健司編著 SBクリエイティブ, 16-17 ISBN978-4-7973-5689-2
山本文彦,ヒ素は愚者の毒物、未来を担う存在,サイエンスアイ新書シリーズ 知っておきたい化学物質の常識84 左巻健男・一色健司編著 SBクリエイティブ, 18-19 ISBN978-4-7973-5689-2
山本文彦,自然にもある放射能と放射線,サイエンスアイ新書シリーズ 知っておきたい化学物質の常識84 左巻健男・一色健司編著 SBクリエイティブ,80-81 ISBN978-4-7973-5689-2
山本文彦,食品への放射線照射、その安全性,サイエンスアイ新書シリーズ 知っておきたい化学物質の常識84 左巻健男・一色健司編著 SBクリエイティブ,112-113 ISBN978-4-7973-5689-2
山本文彦,ラジウム温泉の放射能は体にいいの?,サイエンスアイ新書シリーズ 知っておきたい化学物質の常識84 左巻健男・一色健司編著 SBクリエイティブ, 170-171 ISBN978-4-7973-5689-2
山本文彦,ハムやソーセージに使われている保存剤エリソルビン酸って?, サイエンスアイ新書シリーズ 知っていると安心できる成分表示の知識(左巻健男・池田恵一編著) SBクリエイティブ、,78-79
山本文彦,サラダ油に入っているビタミンEの効果は?, サイエンスアイ新書シリーズ 知っていると安心できる成分表示の知識(左巻健男・池田恵一編著) SBクリエイティブ、,84-85
山本文彦,歯磨き剤のフッ化物って恐いもの?, サイエンスアイ新書シリーズ 知っていると安心できる成分表示の知識(左巻健男・池田恵一編著) SBクリエイティブ、,152-153
2015年以前

NEW TOPICS

2018.08.25
HP更新