研究室案内

臨床系

外科学第三(乳腺・内分泌外科)Division of Breast and Endocrine Surgery

2160_%e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%98%ad%e5%bd%a6%e6%95%99%e6%8e%88photo

鈴木 昭彦 教授

朴英進教授

朴 英進 教授

STAFF

  • 鈴木 昭彦 教授
  • 朴 英進 教授
  • 寺澤 孝幸 准教授
  • 渡部 剛 講師

[研究テーマ]

乳癌におけるArylhydrocarbon Receptorによるがん幹細胞調節機構の解明

[研究概要]

 Arylhydrocarbon Receptor (以下AhR)はダイオキシン類をリガンドとして薬物代謝酵素であるCYP1A1などの誘導に関与する受容体型転写因子で、私や共同研究者は乳癌組織のHER2過剰発現によりAhRの発現誘導・活性化がみられることを明らかにしました。研究計画としては①HER2過剰発現によるAhR発現・活性化調節機構の解析で、分子生物学的手法によりその分子メカニズムを明らかにし、②臨床検体におけるAhR発現およびHER2過剰発現の相関性を解析します。これらの結果を新規薬剤考案の礎にしたいと思います。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ