医学部

研究室案内

臨床系

眼科学Division of Ophthalmology

高橋秀肇准教授

高橋 秀肇 病院教授

STAFF
  • 高橋 秀肇 病院教授、科長
  • 西郷 陽子 講師
  • 多田 麻子 助教
  • 一迫 玲央 助教
[研究テーマ]
網膜硝子体疾患に対する低侵襲で安全な外科的治療の探索
緑内障に対する低侵襲で安全な外科的治療の探索
緑内障の早期診断方法の確立
[研究概要]

眼科学photo

 緑内障および糖尿病網膜症は中途失明原因の1位、2位を占める疾患であり、高齢化社会に伴いその有病率も年々増加している。一方で緑内障および糖尿病網膜症に対しては障害された機能を回復させる治療法は確立されておらず、重症化した状態に対して外科的治療を行い視機能障害の悪化を抑制させる治療を行っている。重症化する前にできる限り早期に発見し治療していくことが重要であり、その診断方法を確立していくとともに、重症化した症例に対しても低侵襲で安全な外科的治療の確立を目指していく。

一覧へ戻る

ページトップへ