研究室案内

基礎系

生理学Division of Physiology

河合佳子教授

河合 佳子 教授

STAFF

  • 河合 佳子 教授
  • 林 もゆる 助教
  • 浅香 智美 助教

[研究テーマ]

・リンパ循環を含む循環生理学
・脈管内の流体力学的作用(ずり応力)が脈管内皮細胞に及ぼす影響
・癌細胞のリンパ行性転移に関与する分子生物学的アプローチ

[研究概要]

 リンパ系は循環系の視点から見れば余分な水分の排出路という補助的な系と考えられがちであるが、私たちは癌の転移路やリンパ節からのリンパ球の動員など、腫瘍・免疫の分野にも関わる重要な脈管系と考えている。また、血液・リンパ液の「流れ」という物理的因子が脈管内皮細胞に及ぼす影響についても興味を持っており、肺細動脈内皮細胞への流れ刺激が肺での炭酸ガス産生に関与している事実を報告してきた。また、ヒト集合リンパ管からリンパ管内皮細胞の分離・培養に成功し、そのリンパ管内皮細胞に流れ刺激が加わると、血管と同様に一酸化窒素(NO)を産生するだけでなく、NO合成酵素であるecNOSの遺伝子発現までもが亢進することも発見した。さらに、癌細胞に流れ刺激が加わるとATPの分泌が亢進すること、加えてそのATPが細胞自身のプリナージック受容体を刺激して様々な遺伝子発現を変化させることも解明してきた。深部リンパ管の可視化という観点からは、ブタの胃粘膜に超音波造影剤ソナゾイドを注入し、所属リンパ節の輸入リンパ管やリンパ節内の洞様構造をエコー下に解析する方法も研究してきた。

 培養細胞レベルからウサギ・ブタ等の大型動物を用いた生体レベルまで、様々な実験手法を用いて、上記のような研究テーマを多角的に進められるよう努めている。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ