医学部

研究室案内

臨床系

内科学第三(腎臓内分泌内科)Nephrology and Endocrinology

2050_%e6%a3%ae%e5%bb%ba%e6%96%87%e6%95%99%e6%8e%88photo

森 建文 教授

STAFF
  • 森 建文 教授
  • 谷 淳一 准教授
  • 室谷 嘉一 准教授
  • 衣笠 哲史 講師
  • 安藤 重輝 講師
  • 矢花 郁子 助教
  • 中村 はな 助教
  • 関  敬之 助手
[研究テーマ]
1.腹膜透析における残腎機能保持機序の解明
2.腹膜透析における腹膜保護機序の解明
3.腹膜透析における腹膜再生・機能調節法の構築
4.腹膜透析における血糖変動メカニズムの解明
5.心腎不全における腎間質圧上昇(腎うっ血)を介した障害機序の解明
6.心腎不全におけるV2受容体拮抗薬の作用機序
[研究概要]

腹膜透析は臓器保護に優れ、在宅で行えますが、ブドウ糖代謝産物や尿毒素物質の存在により腹膜劣化と腹膜線維化がおきます。当科では、この腹膜の線維化が抑制されると腹膜透析患者の予後を大きく改善できると考え、腹膜透析患者の症例を用いた臨床研究を行うとともに、ラットやマウス、培養細胞を用いた基礎研究も行っています。また、慢性心不全の管理において、うっ血や浮腫のコントロールに必須である利尿薬、特にバソプレシンV2受容体拮抗薬であるトルバプタンに着目してその薬理作用の解析も行っています。

一覧へ戻る

ページトップへ