医学部

研究室案内

臨床系

内科学第三(腎臓内分泌内科)Nephrology and Endocrinology

2050_%e6%a3%ae%e5%bb%ba%e6%96%87%e6%95%99%e6%8e%88photo

森 建文 教授

STAFF
  • 森 建文 教授
  • 谷 淳一 准教授
  • 室谷 嘉一 准教授
  • 中村 はな 病院准教授
  • 矢花 郁子 助教
  • 関  敬之 助教
[研究テーマ]
1.腹膜透析における残腎機能保持機序の解明
2.腹膜透析における腹膜保護機序の解明
3.腹膜透析における腹膜再生・機能調節法の構築
4.腹膜透析における血糖変動メカニズムの解明
5.心腎不全における腎間質圧上昇(腎うっ血)を介した障害機序の解明
6.心腎不全におけるV2受容体拮抗薬の作用機序
[研究概要]

腹膜透析は臓器保護に優れ、在宅で行えますが、ブドウ糖代謝産物や尿毒素物質の存在により腹膜劣化と腹膜線維化がおきます。当科では、この腹膜の線維化が抑制されると腹膜透析患者の予後を大きく改善できると考え、腹膜透析患者の症例を用いた臨床研究を行うとともに、ラットやマウス、培養細胞を用いた基礎研究も行っています。また、慢性心不全の管理において、うっ血や浮腫のコントロールに必須である利尿薬、特にバソプレシンV2受容体拮抗薬であるトルバプタンに着目してその薬理作用の解析も行っています。

[主な担当科目]

腎・泌尿器科学 (2年次後期 必修 2単位)

学習のねらい
腎・尿路系および男性生殖器の構造と機能を理解し、主な腎・尿路系および男性生殖器疾患の原因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
腎臓は血管、糸球体、尿細管等が複雑に組み合わさり、特異な解剖学的特徴があります。この解剖学的特徴により、体の恒常性を維持しています。尿の生成や血圧体液調節、電解質調節など多彩な腎臓の生理機構を有しています。腎臓は沈黙の臓器であるために、知らない間に腎機能が低下し腎不全に至ります。腎機能が低下する原因の疾患は様々あり、生活習慣病や腎炎、免疫病のこともあれば遺伝性、薬剤性等様々あります。病態を理解し、早期に診断し治療できるようになることが求められます。さらに他の臓器との機能的連関が強く、腎機能が悪化すると他の臓器疾患に影響を与え、薬剤の使用方法も変わります。したがって他科目と関連し、総合的な知識をつける必要があります。腎不全におちいると腎代替療法が必要になることがあります。腎代替療法の種類を理解し、説明できるようになることが必要です。
腎・尿路の発生解剖をしっかりと理解し、尿路奇形、尿路良性腫瘍、悪性腫瘍他の泌尿器疾患について総合的な知識を身につけることが必要です。当日の、講義内容のアウトラインは、講義直前に印刷物として配布予定。

早期医療体験学習 (1年次前期 必修 1単位)

内分泌・代謝学 (3年次前期 必修 2単位)

移植医療学 (4年次前期 選択必修 1単位)

症候学 (4年次前期 必修 3単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

[研究業績]

2019年
2018年
2017年
2016年

一覧へ戻る

ページトップへ