医学部

研究室案内

臨床系

産婦人科学Department of Obstetrics and Gynecology

渡部洋教授

渡部 洋 教授

STAFF
  • 渡部 洋 教授
  • 酒井 啓治 准教授
  • 中西 透 准教授
  • 渡辺 正 准教授
  • 黒沢 大樹 助教
[研究テーマ]
 1.婦人科悪性腫瘍の分子生物学的特性に関する研究
 2.婦人科悪性腫瘍の臨床病理学的予後因子に関する研究
 3.婦人科腫瘍に対する低侵襲治療の研究
 4.婦人科癌化学療法の有効性検証
 5.周産期における増殖因子発現の研究
[研究概要]

 上記研究テーマについて基礎臨床の両面から研究を行っている。婦人科悪性腫瘍におけるDNA修復異常については国際共同研究による解明を進めている。また婦人科癌化学療法については国内外の指導的立場に立って多施設共同研究による有効性検証を行っている。

[主な担当科目]

産科学・婦人科学 (3年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
1 .生殖系の発生と正常な構造および機能を理解し、産婦人科治療の診断と治療に関する基礎知識を学ぶ。
2 .妊娠、分娩と産褥期の管理に必要な基礎知識とともに、母子保健、生殖医療のあり方を学ぶ。
3 .胎児・新生児・乳幼児から思春期にかけての女性の生理的成長・発達と、その異常の特徴および精神・社会的な問題を理解する。
4 .主な女性生殖器腫瘍や感染症の病因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
本講義では産科婦人科学の基礎、婦人科腫瘍学、生殖内分泌学、周産期医学および女性のヘルスケアに関して総合的に学習します。多分野にわたる講義内容であるため、学習内容を十分に理解するために、講義内容を個人的に予復習するのみでなく、毎回提出する臨床課題についてグループ単位でのチュートリアル形式での復習の実践を行って下さい。

医学概論 (1年次前期 必修 1単位)

医療コミュニケーション学 (1年次後期 必修 1単位)

僻地・被災地医療体験学習Ⅱ (3年次前期 必修 0.5単位)

臨床分子遺伝学 (4年次前期 選択必修 1単位)

症候学 (4年次前期 必修 3単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

一覧へ戻る

ページトップへ