医学部

研究室案内

基礎系

衛生学・公衆衛生学Division of Public Health, Hygiene and Epidemiology

[研究テーマ]
生活習慣病・産科婦人科疾患の疫学研究や臨床研究、歯学・薬学研究
[研究概要]

 高血圧や血圧変動に関する疫学研究や臨床研究を行っています(大迫研究、HOMED-BP研究、J-HOME研究など)。母児の健康に関して、児が出生する前から参加を依頼し、その後長期にわたり研究参加をお願いする「出生コホート研究」にも実施ならびに参画しています(BOSHI研究、エコチル調査、三世代コホート調査)。いずれの研究についても変動性や長期経過に着目し、分析を行っています。また、それぞれの調査における歯学・薬学領域についても、深く掘り下げて研究を実施しています。

[主な担当科目]

衛生学  (1年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
1 .健康を維持増進するために必要な環境と、環境変化がもたらす健康影響について理解する。
2 .大気汚染系疾病、重金属や化学物質暴露による健康被害と、その診断、治療、予防について基礎知識を習得する。
3 .大気汚染対策、水質汚染対策、化学物質の環境リスク評価、廃棄物対策について学習する。
在学生へのメッセージ
「衛生学」は1年次後半より開始します。震災の影響もあり我々の生活にも重要な項目です。

衛生学体験学習 (1年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
1 .人をとりまく環境およびその変動が健康におよぼす影響について理解し、その測定方法を習得する。
2 .大気汚染対策、水質汚染対策、化学物質の環境リスク評価、廃棄物対策について実地体験する。
在学生へのメッセージ
震災以前から様々な問題に対して、実際にモニタリングされ、対応されてきましたが、震災によって対応の必要が増加したもの、考慮すべきことが明らかになったものがいくつもあります。1 年次のフレッシュなうちにこれらの現場に接することで、問題意識をもち、今後の学習につなげていければと考えています。

公衆衛生学 (2年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
1 .社会的視点から患者を把握するために、社会と健康・疾病との関係を理解する。
2 .生活習慣に関連した疾病を統計学的に把握するために、保健統計を理解する。
3 .疾病予防と健康増進に関する基礎知識を習得する。
4 .疫学の手法を理解する。
在学生へのメッセージ
医療制度は年々変わるところもありますが、根本の考え方には連続性があります。したがって、丸暗記ばかりではなく、まずは、教科書・参考書を中心に根本の考え方を習得し、卒業までには最新の情報で再度ブラッシュアップするのがよいと考えます。

早期医療体験学習 (1年次前期 必修 1単位)

医療コミュニケーション学 (1年次後期 必修 1単位)

環境疾病学 (3年次後期 必修 1単位)

臨床分子遺伝学 (4年次前期 選択必修 1単位)

一覧へ戻る

ページトップへ