研究室案内

医療薬学系

天然物化学

内田 龍児 教授

STAFF

  • 山﨑 寛之 講師
  • 鵜飼 和代 助教

[研究テーマ]

水圏生物から医薬品のリードやシードとなる化合物の探索とその化合物の生産生物にとっての、存在意義の解明

[研究概要]

海洋生物を医薬探索資源に利用する海洋天然物化学は比較的新しい研究領域ですが、SCUBAダイビングの普及と研究機器や技術の革新により、海洋生物から沢山の新規生理活性物質が単離されています。その中には、臨床試験に入ったり、医薬品になったものもあります。
主に無脊椎動物(海綿、ホヤ、サンゴなど)や海藻類が利用されていますが、近年、海洋微生物(細菌、カビ、ラン藻など)や陸水の生物(特に微生物)が注目されています。これらを統合して、水圏天然物化学という言葉が使われるようになってきました。
我々は海洋微生物、海洋無脊椎動物、淡水ラン藻から、生物検定試験(バイオアッセイ)を指標に、新規生理活性物質を単離しています。また、水圏生物の生態に着目し、そこに介在する生理活性物質を明らかにする研究も行っています。生理活性物質の生合成、生理活性発現機構、構造-活性相関などについて、ケミカルバイオロジー的アプローチによる研究も行いたいと考えています。
また、製薬企業と共同して、新規生理活性天然物および合成類縁体の有効性を調べ、医薬品の開発に繋げたいと思っています。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ