研究室案内

生命科学系

分子認識学(分子生体膜研究所)

細野 雅祐 教授

STAFF

  • 菅原 栄紀 講師
  • 立田 岳生 助教

[研究テーマ]

抗腫瘍作用を持つレクチンの細胞増殖抑制機構についての研究

[研究概要]

私たち分子認識学教室では、糖鎖の構造を見分けることのできる「レクチン」と呼ばれるタンパク質についての研究を進めています。カエルの卵の中に、抗腫瘍作用を持つレクチン(SBL)が存在することを見いだして、このSBLがどのようにがんの増殖を抑制するのかを解明しようとしています。
何故、SBLには抗腫瘍作用があるのでしょうか。これまでの研究で、がん細胞にSBLに対する受容体(糖鎖)があれば、SBLはそれに結合して細胞内に取り込まれ、リボ核酸(RNA)を分解し、細胞を死滅させることが分かっています。
つまり、がん細胞にSBL受容体があれば、SBLを治療に応用できる可能性があります。
私たちは、SBLの臨床応用を可能にするため、SBL受容体に関連する分子の解析を行っています。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ