研究室案内

臨床薬剤学系

臨床薬剤学

中村 仁 教授
村井 ユリ子 教授

STAFF

  • 鈴木 裕之 助教
  • 八木 朋美 助手

[研究テーマ]

医薬品適正使用を進めるための医薬品評価と情報の構築
薬物療法の薬学的評価指標に関する研究

[研究概要]

 医薬品は元来使い方次第で毒にも薬にもなる「諸刃の剣」としての性質を持っています。近年、身体機能や疾病メカニズムが明らかになるにつれ、より強い薬理効果を持った医薬品が開発され臨床の場で使用されるようになってきました。また、社会の高齢化に伴いひとりで複数の疾病をかかえることになり、多くの医薬品を併用することが増えてきました。そのため、薬の副作用を最小に抑え、主作用を最大に引き出すための適切な使い方が今まで以上に求められるようになってきています。また、医療費抑制の観点から薬の有効性・安全性だけでなく経済性、すなわち費用対効果を考慮した薬剤選択が必要となります。これらの点から当教室では、医療現場で生じる種々の問題に対処し解決するために、医薬品の持つ有効性、安全性、経済性、品質について様々な手法を用いて分析・評価し新たな情報を構築する研究を行っています。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ