薬学部

東北医科薬科大学大学院 学位論文評価基準

【薬科学専攻博士課程】

1)薬科学専攻博士前期課程(修士課程)学位審査

審査体制

修士学位審査は学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、審査委員(主査1名、副査1名)が論文の内容について以下の項目を評価し審査報告書を作成する。さらに最終試験(公開による口頭発表)の評価結果も含め、学位審査の最終的な合否判定は、審査報告書に基づいて研究科委員会において決定する。

 

評価項目

  • 研究テーマの立て方

    薬学関連領域での学術的重要性を有するテーマ設定がなされている。

  • 先行する研究の理解

    先行研究の論文内容が研究テーマと関連づけて適切に引用されている。

  • 研究方法の妥当性

    研究の進め方、実験手法、データの収集法は目的とテーマに相応しい方法が用いられており、他の研究者が再現できるように記載されている。

  • 研究結果の適切な扱い

    実験や調査で得られたデータは適切な方法で整理・記述し、解析がなされている。

  • 考察と結論

    研究結果について独自の考察を展開し、論理的に記述されている。

  • 論文の形式

    当該分野の標準的な様式に従って整備され、語句の表記や文章表現は適切であり、研究倫理を遵守している。

 

最終試験(口頭発表)

  • 学位論文の口頭発表で研究内容とその意義を効果的に説明できた。
  • 質問やコメントに対し適切に回答できた。
  • 発表態度は適切で、発表時間を遵守していた。

 

2)薬科学専攻博士後期課程(博士課程)学位審査

学位論文審査を受ける基準

研究成果は査読のある学術雑誌に原著論文2報以上(1報は筆頭著者であり、少なくとも1報は英文のRegular Articleに相当するもの)を掲載(掲載予定を含む)している。外国人特別選抜入学者にあっては査読のある学術雑誌に原著論文1報以上(1報は英文のRegular Articleに相当するもの)を掲載(掲載予定を含む)している。

 

審査体制

博士学位審査は学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、審査委員(主査1名、副査2名)が論文の内容について以下の項目を評価し審査報告書を作成する。さらに最終試験(公開による口頭発表)の評価結果も含め、学位審査の最終的な合否判定は、審査報告書に基づいて研究科委員会において決定する。

 

評価項目

  • 研究テーマの立て方

    薬学関連領域での学術的重要性を有し独創的で明確なテーマ設定がなされ、それに関する仮説や調査項目が整理されている。

  • 先行する研究の理解

    先行研究の論文内容を正確に理解し、その知見を整理して研究テーマと関連づけて適切に引用されている。

  • 研究方法の妥当性

    研究の進め方、実験手法、データの収集法は目的とテーマに相応しい方法が用いられており、他の研究者が再現できるように記載されている。

  • 研究結果の適切な扱い

    実験や調査で得られたデータを図や表など適切な方法で客観的かつ正確に整理・記述され、十分な解析がなされている。

  • 考察と結論

    研究結果について専門的知識を用いて独自の考察を展開し、立てた仮説の説明が論理的に記述されており、その論旨や結論に新規性や独創性が含まれている。

  • 論文の形式

    当該分野の標準的な様式に従って整備され、語句の表記や文章表現は適切であり、研究倫理を遵守している。

  • 自立した研究者としての能力

    研究計画を立案し遂行する能力を身につけており、自己研鑽に励む姿勢およびリーダーシップを発揮する資質を身に付けている。

 

最終試験(口頭発表)

  • 学位論文の口頭発表で研究内容とその意義を効果的に説明できた。
  • 質問やコメントに対し適切に回答できた。
  • 発表態度は適切で、発表時間を遵守していた。

 

薬学専攻博士課程

) 薬学専攻博士課程学位審査

学位論文審査を受ける基準

研究成果は査読のある学術雑誌に原著論文1報以上(1報は筆頭著者であり、英文のRegular Articleに相当するもの)を掲載(掲載予定を含む)している。

 

審査体制

博士学位審査は学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、審査委員(主査1名、副査2名)が論文の内容について以下の項目を評価し審査報告書を作成する。さらに最終試験(公開による口頭発表)の評価結果も含め、学位審査の最終的な合否判定は、審査報告書に基づいて研究科委員会において決定する。

 

評価項目

  • 研究テーマの立て方

    薬学関連領域での学術的重要性を有し独創的で明確なテーマ設定がなされ、それに関する仮説や調査項目が整理されている。

  • 先行する研究の理解

    先行研究の論文内容を正確に理解し、その知見を整理して研究テーマと関連づけて適切に引用されている。

  • 研究方法の妥当性

    研究の進め方、実験手法、データの収集法は目的とテーマに相応しい方法が用いられており、他の研究者が再現できるように記載されている。

  • 研究結果の適切な扱い

    実験や調査で得られたデータを図や表など適切な方法で客観的かつ正確に整理・記述され、十分な解析がなされている。

  • 考察と結論

    研究結果について専門的知識を用いて独自の考察を展開し、立てた仮説の説明が論理的に記述されており、その論旨や結論に新規性や独創性が含まれている。

  • 論文の形式

    当該分野の標準的な様式に従って整備され、語句の表記や文章表現は適切であり、研究倫理を遵守している。

  • 自立した研究者としての能力

    研究計画を立案し遂行する能力を身につけており、自己研鑽に励む姿勢およびリーダーシップを発揮する資質を身に付けている。

  • 臨床上の問題との関連

    臨床上の問題との関連について考察が行われている。

 

最終試験(口頭発表)

  • 学位論文の口頭発表で研究内容とその意義を効果的に説明できた。
  • 質問やコメントに対し適切に回答できた。
  • 発表態度は適切で、発表時間を遵守していた。

 

ページトップへ