薬学教育センター

論文・活動実績

発表論文(2002年~)

■2014年
・Yasunori Yaoita, Masao Kikuchi, Koichi Machida

Terpenoids and Sterols from Some Japanese Mushrooms,  Nat. Prod. Commun., 9, 419-426(2014)

・Toshihiko Watanabe, Hayato Irokawa, Ayako Ogasawara, Kenta Iwai, Shusuke Kuge

Requirement of peroxiredoxin on the stationary phase of yeast cell growth,J. Toxicol. Sci., 39, 51-58(2014)

・Hiroto Nakano, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon

Chiral Oxazolidine Catalyst for Asymmetric Synthesis,  Heterocycles, 89, 1-26(2014)

・Yoshihito Kohari, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Taniyuki Furuyama, Nagao Kobayashi, Teppei Otuki, Jun Kumagai, Chigusa Seki, Koji Uwai, Gang Dai, Tatsuo Iwasa, Hiroto Nakano

Enantioselective Diels-Alder Reaction of 1,2-Dihydropyridines with Aldehydes using β-Amino Alcohol Organocatalyst,J. Org. Chem., 79, 9500-9511(2014)

・渡部俊彦、古澤 忍、川村俊介、佐藤厚子、八百板康範、諸根美恵子、奥山祐子、町田浩一、米澤章彦

教授錯覚発生率の調査と講義内容の評価,東北薬科大学研究誌, 61, 55-63 (2014)

■2013年
・古澤 忍,渡部 俊彦

薬害と薬剤師の役割 薬害教育から学ぶ命の大切さと薬剤師の使命感,薬学図書館,58,133-137(2013)

■2012年
・Syota Aoki, Yurika Honda, Tomoyuki Kikuchi, Takumi Miura, Ryo Sugawara, Yasunori Yaoita, Masao Kikuchi, Koichi Machida

Six New Secoiridoids from the Dried Fruits of Ligustrum lucidum, Chem. Pharm. Bull., 60, 251-256(2012)

・M. Hirama, C. Suttibut, N. D. M. Romauli Hutabarat, C. Seki, N. Sakuta T. Tsuchiya, Y. Kohari, H. Nakano, K. Uwai, N. Takano, M. Yasui, Y. Okuyama, K. Osone, M. Takeshita, H. Matsuyama

Asymmetric synthesis of isoquinuclidine by Diels-Alder reaction of 1,2-dihydropyridine and chiral dienophile utilizing achiral Lewis acid, Heterocycles, 84, 377-384(2012)

・Yuko Okuyama, Kenichi Osone, Hiroto Nakano, Mitsuhiro Takeshita

New hydrazine-based organocatalyst for asymmetric Diels-Alder reaction of 1,2-dihydropyridines, Heterocycles, 84, 1209-1216(2012)

・中野 博人,奥山 祐子,竹下 光弘,權 垠相,小針 良仁,松山 春男

キラルオキサゾリジン類を用いた触媒的不斉合成反応の開発, 有機合成化学協会誌,70,142-153(2012)

・Yasunori Yaoita, Shiori Yonezawa, Masao Kikuchi, Koichi Machida

A New Geranylated Aromatic Compound from the Mushroom Hericium erinaceum, Nat. Prod. Commun., 7, 527-528(2012)

・Yasunori Yaoita, Masao Kikuchi, Koichi Machida

Terpenoids and Related Compounds from Plants of the Family Compositae(Asteraceae), Nat. Prod. Commun., 7, 533-538(2012)

・中野 博人,權 垠相,奥山 祐子

アミノ酸関連有機化合物の触媒作用を利用した高光学純度タミフル合成中間体の新しい合成法, ファインケミカル,41,45-54(2012)

・Tomoyuki Kikuchi, Yurika Honda, Yasunori Yaoita, Masao Kikuchi, Koichi Machida

6’-O-Acetyl Ligustaloside A from the Leaves of Ligustrum lucidum AIT, 生薬学雑誌,66,93-94(2012)

・八百板康範

キク科植物フキ及びマルバダケブキの新規セスキテルペノイド, Yakugaku Zasshi, 132, 887-893(2012)

・Yasunori Yaoita, Moe Hirao, Masao Kikuchi, Koichi Machida

Three New Lactarane Sesquiterpenoids from the Mushroom Russula sanguinea, Nat. Prod. Commun., 7, 1133-1135(2012)

・Yuki Sakuta, Yoshihito Kohari, N. D. M. Romauli Hutabarat, Koji Uwai, Eunsang Kwon, Yuko Okuyama, Chigusa Seki, Haruo Matsuyama, Nobuhiro Takano, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano

Chiral primary amino silyl ether prganocatalyst for the enantioselective Diels-Alder reaction of 1,2-dihydripyridin with aldehydes, Heterocycles, 86, 1379-1389(2012)

■2011年
・佐藤厚子,諸根美恵子,東 裕

薬学部5年生へのProblem-based Learning チュートリアル導入による効果と今後の課題,  Yakugaku Zasshi, 131(9), 1369-1382 (2011).

■2010年
・佐藤厚子,諸根美恵子,東 裕

新入生の化学の基礎学力向上を目的とした追跡調査,  Yakugaku Zasshi, 130(8), 1041-1052 (2010).

・古澤 忍

薬学教育6年制における早期体験学習-生命の尊さと医療の関わり-,  高等教育ジャーナル-高等教育と生涯学習-,17,95-98 (2010).

・K.Tanno, T. Sato, M. Shimoda, O. Nakagawasai, N. Niijima, S. Kawamura, S. Furuta,T. Sato, S. Satoh, J. Siberring, L. Terrenius, T. Tadano

Suppressive effects by cysteine protease inhibitors on naloxone-precipitated withdrawal jumping in morphine-dependent mice,  Neuropeptides, 44, 279-283(2010).

■2009年
・古澤 忍 多発性骨髄腫とサリドマイド 看護科学研究,8,9-13 (2009).
■2007年
・Shinobu Furusawa, Jianghong Wu

The effects of biscoclaurine alkaloid cepharanthine on mammalian cells: Implications for cancer, shock, and inflammatory diseases,  Life Sci., 80, 1073-1079 (2007).

・古澤 忍

新型インフルエンザパンデミックの可能性とその対策,  看護科学研究,  7,  33-37 (2007).

■2005年
・K. Okuyama, M. Yamashita, Y. Kitabatake, S. Kawamura, M. Takayanagi, I. Ohno

Ciglitazone inhibits the antigen-induced leukotrienes production independently of PPARr in RBL-2H3 mast cells,  European J. Pharmacol., 521, 21-28(2005).

■2003年
・Yutaka Azuma, Mieko Morone, Kouki Nagayama, Yurie Kawamata, and Atsuko Sato

Synthesis and Reactions of 4-Chloro-1,2-dihydro-6-methyl-2-oxo-3-pyridinecarbonitrile,  Heterocycles, 60, 1461-1468 (2003).

・Mieko Morone, Atsuko Sato, and Yutaka Azuma

Synthesis of 10-Hydroxy-3-methyl-1H-pyrano[4,3-b]quinoline Derivatives,  Heterocycles, 60, 2241-2249 (2003).

・Yutaka Azuma, Mieko Morone, Atsuko Sato, and Susumu Satoh

Sonogashira Reaction of Acetylenic Hydrogen on 4-Chloro-3-ethynyl-6-methyl-2H-pyran-2-one,  ITE Letters, 4, 813-815 (2003).

・Yutaka Azuma, Mieko Morone, Atsuko Sato, and Susumu Satoh

Cyclization Reaction of 4-Arylamino-1,2-dihydro-6-methyl-2-oxo-3-pyridinecarbonitrile,  ITE Letters, 4, 816-819 (2003).

活動実績(2005年~)

■2015年
・「第40回東北地区調整機構主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の主幹

開催日:平成27年9月5・6日

■2014年
・「第38回東北地区調整機構主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の主幹

開催日:平成26年9月6・7日

■2013年
・「第31回東北地区調整機構主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の主幹

開催日:平成25年8月10・11日

■2012年
・「第29回東北地区調整機構主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の主幹

開催日:平成24年9月8・9日

■2011年
・「第5回東北薬科大学主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の企画運営

開催日:平成23年9月18・19日

■2010年
・「第4回東北薬科大学主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の企画運営

開催日:平成22年9月11・12日

■2009年
・「第3回東北薬科大学主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の企画運営

開催日:平成21年6月13・14日

■2008年
・「第1回東北薬科大学主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の企画運営

開催日:平成20年7月12・13日

・「第2回東北薬科大学主催認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップ」の企画運営

開催日:平成20年8月23・24日

■2006年
・「第2回東北地区薬学教育者ワークショップ」の企画運営

開催日:平成18年8月26・27日

■2005年
・「第1回東北地区薬学教育者ワークショップ」の企画運営

開催日:平成17年8月27・28日

▲ ページTOPへ