薬学部大学院生 加藤慎と豊島かおるが 第89回日本生化学会大会で若手優秀発表賞を受賞しました

toyosima
第89回日本生化学会大会 若手優秀発表賞

 

「ヒトがん細胞ピルビン酸キナーゼ (PKM2) のレドックス制御機構の解析」
加藤 慎 (微生物学教室 薬学部 薬科学専攻博士課程前期2年生)

 
 

関連するウェブサイト:
http://www.aeplan.co.jp/jbs2016/pdf/youngaward2016.pdf

 
 

toyosima

「スフィンゴミエリンは胸腺における自己反応性T細胞の除去に関与するか?」
豊島かおる (機能病態分子学教室 薬学部 薬科学専攻博士課程後期1年生)

 
 
 
 
 

▲ ページTOPへ