お知らせ

フィッシングメール送信に関する調査報告について

東北医科薬科大学
情報科学センター長

 

本学学生のメールアドレスを騙ったフィッシングメール送信(令和2年9月29日)に関する調査結果についてご報告致します。

 

【原因】
ボットによるスパムメール一斉送信。
※スパムメールの起因となった端末は1台、アカウントは1つ。

【調査・処置】
・一斉送信の起点となった端末の特定、端末初期化
・該当メールアカウントのパスワード変更
※調査結果により、今回フィッシングメールの発信元となった端末以外に
 同様の挙動をしているアカウント、端末はございませんでした。

【今後の方針】
・アドレス及びパスワードの適切な管理
・サーバー、ネットワーク機器のセキュリティ設定見直し
・学生、教職員へのITリテラシー教育の再実施

 

今後このような事態が発生しないよう努めていく所存です。
重ねてこの度はご迷惑お掛けし、大変申し訳ございませんでした。

 

【本件問い合わせ先】
情報システム課 johomaster★tohoku-mpu.ac.jp(★を@に変えて送信してください)

ページトップへ