東北医科薬科大学 東北薬科大学

★★★東北医科薬科大学病院薬剤部/病院薬剤学教室【Facebook】★★★

病院薬剤学教室
Division of Clinical Pharmaceutics and Pharmacy Practice
イメージ

〒983-8512
宮城県仙台市宮城野区福室1丁目12-1
東北医科薬科大学 病院薬剤学教室
TEL 022-259-1221
(内線 1283)
FAX 022-259-2188
メンバー
准教授
岡田 浩司 (東北医科薬科大学病院薬剤部長)
講 師
薄井 健介
助 教
大内 竜介   渡邊 卓嗣
客員教授
渡邊 善照 


研究内容

1)薬物治療の有効性、安全性評価に関する研究
 医薬品が適正に使用されるためには、医療現場での有効性、安全性評価が重要です。診療記録やデータベースを利用した医薬品の効果、副作用情報の解析、新規治療薬のLC-MS(液体クロマトグラフィー質量分析計)を用いた薬物血中濃度測定による個別化医療の検討を行っています。また、臨床現場で経験した薬物療法に関連する問題点や、薬物療法の最適化を実践した例などについて、科学的な考察を加えてケースレポートとして積極的に発表を行っています。さらに、培養細胞を用いた抗悪性腫瘍薬の耐性化メカニズム解明のための基礎的研究にも取り組んでいます。

2)医薬品安定性の科学的解析と投与設計
 医療現場においては、輸液製剤に他の治療薬を混合したり、薬を服用する際に飲食物と混合されることがありますが、その際、医薬品の安定性が損なわれることがあるため、その評価が必要です。透析液に対して抗菌薬を混合した際の抗菌薬の安定性、抗悪性腫瘍薬希釈後の光化学的安定性、飲料に抗精神病薬を混合した際の安定性などをHPLC(液体高速クロマトグラフィー)にて測定し、有効性に問題がないかを評価しています。

3)薬学生、薬剤師に対する新規教育手法の構築に関する研究
 医療系学生の教育に対して積極的に支援するために、新規教育手法の構築を目指しています。2017年からの薬学部学生実習では他大学看護学部および本大学病院と協同して、薬学生および看護学生に対する医療現場での多職種連携教育(IPE:Inter Professional Education)に取り組んでいます。さらに、高度多様化する薬剤師業務の変化に対応できる薬剤師育成のために、科学的視野に立ち臨床現場で薬物療法をリードできる薬剤師の教育方法を研究しています。

【受賞】渡邊善照 客員教授(当時特任教授)が2019年度日本薬剤学会功績賞を受賞 リンク


 
発表論文(2000〜)
薬剤部業績含む

2023年  2022年  2021年  2020年  2019年  2018年  2017年

2023年

【著書等】
がん化学療法レジメン管理マニュアル 第4版
濱敏弘(監), 岡田浩司(共著)
医学書院, 2023年2月

【論文等】
Impact of sodium-glucose coransporter-2 inhibitors on urolithiasis
Go Anan, Daisuke Kikuchi, Takuo Hirose, Hiroki Ito, Shingo Nakayama, Takefumi Mori
Kidney International Reports, in press

【学会・研究会発表・講演等】
リアルワールドデータから読み解くがん治療における支持療法の現状と課題
岡田浩司
令和4年度第10回東北大学病院がんセミナー, 2023年1月

2022年

【著書等】
地域医療の実践に向けた処方解析 ―ある家族を例に, 地域におけるケアと治療を考える― 村井ユリ子(編著), 岡田浩司(共著), 薄井健介(共著), 大内竜介(共著)
京都廣川, 2022年3月

【論文等】
Pazopanib-Induced Liver Injury in Patients With Metastatic Renal Cell Carcinoma: A Report of Two Cases
Ryusuke Ouchi, Shota Kashiwagura, Takashi Watanabe, Kensuke Usui, Jun Ito, Yasuhiro Kaiho, Makoto Sato, Kouji Okada
Cureus, 14, e32474, Dec. 2022

Inhibition of sodium-glucose cotransporter 2 suppresses renal stone formation
Go Anan, Takuo Hirose, Daisuke Kikuchi, Chika Takahashi, Akari Endo, Hiroki Ito, Shigemitsu Sato, Shingo Nakayama, Hideaki Hashimoto, Katsuya Ishiyama, Tomoyoshi Kimura, Kazuhiro Takahashi, Makoto Sato, Takefumi Mori
Pharmacological Research, 186, 106524, Dec. 2022

Actual status of patient information sharing among healthcare delivery facilities: a survey by the third subcommittee, committee on academic research, the Japanese society of hospital pharmacists
Daisuke Kikuchi, Masami Tsuchiya, Shiro Hatakeyama, Yuichi Tasaka, Takeshi Uchikura, Ryohkan Funakoshi, Taku Obara
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, 8, 30, Nov. 2022

Low-dose benzodiazepine receptor agonists may be completely replaced by lemborexant at about the same dose
Kensuke Usui, Yu Fujii Kouji Okada, Eiji Suzuki
Psychiatry and Clinical Neurosciences Reports, 1, e32, Aug. 2022

Response to “Scaling up monitoring of risk minimization measures in women of childbearing age with anti-seizure medicines”
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Ryosuke Miura, Naoto Suzuki, Risa Josaka, Misaki Tokunaga, Ryusuke Ouch, Kensuke Usui, Kouji Okada
Seizure, 100, 117-118, Aug. 2022

Antihypertensive Drug Prescription Trends for Pregnant Women with Hypertension in Acute Hospitals in Japan
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Ryosuke Miura, Naoto Suzuki, Hiroyuki Hirakawa, Risa Josaka, Misato Ito, Misaki Tokunaga, Kensuke Usui, Kouji Okada
Hypertension Research, 45, 1441-1446, Jun. 2022

Trends in the prescription of anti-seizure medicines for pregnant women outpatients with epilepsy during 2016-2020 in Japan
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Ryosuke Miura, Naoto Suzuki, Risa Josaka, Misaki Tokunaga, Ryusuke Ouch, Kensuke Usui, Kouji Okada
Seizure, 98, 101-104, May. 2022

Assessment of Information Sharing on Adverse Drug Reactions by Community Pharmacies with Other Medical Institutions
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Aoi Noda, Gen Oyanagi, Mami Ishikuro, Kouji Okada, Nariyasu Mano
Pharmacy, 10, Feb. 2022

薬にまつわる疑問に答える 5.市販薬 分類法を含め、医師はどの程度OTC医薬品の知識を持つべきでしょうか?
岡田浩司
JOHNS, 38, 1009-1012, 2022年9月

よく目にする向精神薬の副作用への対処法 リチウムによる腎障害
山田和男, 薄井健介, 鈴木映二
月刊精神科, 41, 419-423, 2022年9月

低ナトリウム血症から甲状腺機能低下症の悪化を疑いレボチロキシンナトリウム水和物錠とポリスチレンスルホン酸カルシウムの相互作用を解消した腎細胞癌の1例
有馬遥太朗, 薄井健介, 徳永みさき, 平川寛之, 伊藤淳, 岡田浩司
医薬品相互作用研究, 46, 25-29, 2022年9月

人口膝関節置換術および人工股関節置換術施行患者における術後せん妄発現に対するポリファーマシーの影響およびリスク因子を検討した研究
袰岩靖子, 渡邊卓嗣,大月沢雄, 石本昌裕, 松村直樹
日本病院薬剤師会雑誌, 58, 621-626, 2022年6月

医薬品副作用被害救済制度の現状と課題
山田和男, 薄井健介, 鈴木映二
医学のあゆみ, 281, 914-915, 2022年5月

ダプトマイシンが原因と考えられた好酸球性肺炎に対して薬剤師主導のAntimicrobial Stewardshipにより迅速に対応できた1例
星野祐太, 渡邊卓嗣, 伊東亮太, 菊地未由, 中嶋丈晴, 三浦元彦, 石本昌裕
日本病院薬剤師会雑誌, 58, 551-555, 2022年5月

薬学部学生の病院実習期間中に実症例を通して実施した看護学部学生との専門職連携教育の効果
薄井健介, 岡田浩司, 紫桃裕造, 上岡泰弘, 渡辺善照, 日野弥栄子, 鈴木まゆみ, 瀬戸初江, 大塚眞理子, 高橋知子, 柴田信之
医療薬学, 48, 121-128, 2022年3月

【Evidence Update 2022 最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する】エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート! 降圧薬
菊池大輔, 三浦良祐, 小原拓
薬局, 72, 18-22, 2022年1月

【学会・研究会発表・講演等】
リアルワールドデータから振り返るがん薬物療法における支持療法
岡田浩司
第36回東北臨床腫瘍セミナー, Web開催, 2022年12月

皮膚障害対策としての適切な保湿指導と薬剤師の役割 〜ヘパリン類似物質含有製剤適正使用の観点〜
岡田浩司
宮城県病院薬剤師会 〜分子標的薬皮膚障害対策研修セミナー〜, 仙台, 2022年12月

内服Hazardous Drug調剤に関する職業性曝露防止対策マニュアルの作成と薬剤師の意識調査
齋藤裕子, 平川寛之, 太田潤一, 岡田浩司
第32回日本医療薬学会年会, 高崎, 2022年9月

病院実習中にWEB 会議システムを利用して実施した専門職連携教育
薄井健介, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 成澤健, 大塚眞理子, 岡田浩司
第32日本医療薬学会年会, 高崎, 2022年9月

宮城県における薬学部学生に対する病院実務実習前後の緩和ケア領域の知識習熟度、理解度の調査
大内竜介, 薄井健介, 渡邊卓嗣, 岡田浩司
第32回日本医療薬学会年会, 高崎, 2022年9月

薬剤師を対象としたSGLT2阻害薬の術前休薬に関するアンケート調査
渡辺昌子, 小野寺裕二, 坂部美紗子, 鈴木さとみ, 佐藤伸輔, 小原拓, 松本健司
第10回日本くすりと糖尿病学会学術集会, Web開催, 2022年9月

医薬品副作用被害救済制度の公開情報を基にしたチアマゾール不適正使用の調査
渡邊卓嗣, 薄井健介, 竹森弘哲, 大内竜介, 山田和男, 岡田浩司, 鈴木映二
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

ミダゾラムによる覚醒遅延および呼吸抑制に及ぼすCYP3A阻害薬の影響
藤井優, 薄井健介, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 岡田浩司
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

ベンゾジアゼピン受容体作動薬を使用していな い患者に対するレンボレキサントの処方継続率
薄井健介, 藤井優, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 岡田浩司, 鈴木映二
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

令和3年度医薬品副作用被害救済制度救済症例からみた漢方薬による重篤な副作用
山田和男, 薄井健介, 鈴木映二
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

非VEGF阻害性抗腫瘍薬によるネフローゼ症候群のリスク:日本の有害事象報告の観点から
岡田浩司, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 薄井健介
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

病棟常備睡眠薬の変更に伴う睡眠薬の処方動態と有害事象発現の変化
薄井健介, 今宮若奈, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 岡田浩司, 鈴木映二
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

精神科併設回復期病棟での薬剤師による向精神薬適正化の取り組み 植松拓也, 小原竜, 多田文人, 郷内琢也, 服部弘之, 鈴木映二, 富田隆, 石井洋, 薄井健介, 石澤文章
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, , 2022年8月

気分安定薬の副作用のために多職種連携にて入院リハビリテーション治療を行った自閉スペクトラム症のケース
桐生幸歩,, 植松拓也, 薄井健介, 青沼孝徳, 山内祐一, 石井洋, 小原竜, 磯谷悠子, 鈴木映二
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, , 2022年8月

肝機能障害によりPazopanib投与継続が困難 となった腎細胞がんの症例
大内竜介, 柏倉正太, 渡邊卓嗣, 薄井健介,岡田浩司
第8回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2022年8月

レボチロキシンとポリスチレンスルホン酸カルシウムの相互作用症例から学んだこと
有馬遥太朗, 岡田浩司
第8回日本医薬品安全性学会学術大会 シンポジウム1, Web開催, 2022年8月

多角的視点から考える薬物相互作用マネジメント 〜イントロダクションおよび企画趣旨説明〜
岡田浩司
第8回日本医薬品安全性学会学術大会 シンポジウム1, Web開催, 2022年8月

大規模データベースを用いた2013年から2021年における睡眠薬の経時的な処方状況
薄井健介, 菊池大輔, 大塚ノア, 宮城康太, 大内竜介, 渡邊卓嗣, 岡田浩司, 鈴木映二
第19回日本うつ病学会総会, 大分, 2022年7月

保険薬局における他施設との副作用情報連携に関する調査
菊池大輔, 小原拓, 野田あおい, 大柳元, 石黒真美, 岡田浩司, 眞野成康
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会, Web開催,2022年7月

QRコードを用いた医薬品情報の掲示に伴う業務効率化の検討
鈴木直人, 三浦良祐, 渡辺昌子, 菊池大輔, 紫桃裕造, 岡田浩司
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会, Web開催,2022年7月

リスパダール内用液との配合変化における茶葉の種類の影響
齋藤蓮, 鈴木裕之, 山田真生, 薄井健介, 金野太亮, 中村仁, 村井ユリ子
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会,仙台,2022年7月

ダプトマイシンが原因と考えられた好酸球性肺炎に対して薬剤師主導のAntimicrobial Stewardshipにより迅速に対応できた一例
星野祐太, 渡邊卓嗣, 伊藤亮太, 菊地未由, 中嶋丈晴, 石本昌裕
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会,仙台,2022年7月

オセルタミビルに対する処方制限と処方動向や副作用報告との関連調査
徳永みさき, 菊池大輔, 野田あおい, 及川幸子, 塩澤誠, 日野洋明, 三浦良祐, 薄井健介, 小原拓, 岡田浩司
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会, Web開催,2022年7月

COVID-19とレニン-アンジオテンシン系阻害薬に関する情報発出による処方選択への影響
三浦良祐, 岡田浩司
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会, Web開催,2022年7月

トレーシングレポートを用いた薬物療法支援に関する調査
及川幸子, 菊池大輔, 伊藤しのぶ, 橋本紫織 櫻井佳奈, 岡田浩司, 佐々木貴彦
第24回日本医薬品情報学会総会・学術大会, Web開催,2022年7月

病院薬剤師のキャリアアップを考える 〜キャリアをデザインしビジネススキルを磨けば病院薬剤師はもっと輝く!!〜
岡田 浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会 シンポジウム2, 山形, 2022年6月

医師と薬剤師の共同作成による情報提供書を用いたかかりつけ医に対する薬剤情報のフィードバック −腎臓摘出患者を対象に−
有馬遥太朗, 菊池大輔, 齋藤裕子, 伊藤淳, 岡田 浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会 シンポジウム6, 山形, 2022年6月

大学病院における連携充実加算算定と医療薬学会地域薬学ケア専門薬剤師研修基幹施設の取り組み
齋藤裕子, 菊池大輔, 薄井健介, 岡田 浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会 シンポジウム11, 山形, 2022年6月

非小細胞肺癌に対するカルボプラチン併用化学療法におけるGrade3以上の好中球減少発現と投与量算出に血清クレアチニン値が与える影響
倉田奈央子, 齋藤裕子, 山内雅仁, 森由佳里, 橋将典, 野上佳奈子, 平川寛之, 布施克浩, 岡田浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会, 山形, 2022年6月

非小細胞肺がんに対するカルボプラチン併用1次化学療法施行患者における重篤な好中球発現に関する危険因子の検討
山内雅仁, 齋藤裕子, 倉田奈央子, 森由佳里, 橋将典, 野上佳奈子, 平川寛之, 布施克浩, 岡田浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会, 山形, 2022年6月

ニコペリックR腹膜透析液中のダプトマイシン濃度変化
鈴木裕之, 工藤香澄, 宇野尭, 向井唯, 金野太亮, 岡田浩司, 我妻恭行, 中村仁, 村井ユリ子
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会, 山形, 2022年6月

妊婦てんかん外来患者における抗てんかん薬処方の経時的変化(2016年-2020年)
菊池大輔, 小原拓, 三浦良祐, 鈴木直人, 城坂理紗, 徳永みさき, 大内竜介, 薄井健介, 岡田浩司
日本病院薬剤師会東北ブロック第11回学術大会, 山形, 2022年6月

患者アンケートに基づくポリファーマシーと服薬意識調査
有馬遥太朗, 紫桃裕造, 佐々木詩織, 住友和弘, 岡田浩司
第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, Web開催, 2022年6月

東北医科薬科大学病院における「アナモレリン塩酸塩」による治療の現状と課題
野上佳奈子, 太田潤, 日野洋明, 有馬遥太朗, 早坂朋恵, 児山香
第37回日本臨床栄養代謝学会学術集会, 横浜, 2022年5月

外来化学療法室における、がん化学療法に関する疑義照会事例の内容分析
平川寛之, 斎藤裕子, 倉田奈央子, 山内雅仁, 橋将典, 森由佳里, 塩澤誠, 岡田浩司
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2022,仙台, 2022年3月

低Na血症から甲状腺機能低下症の悪化を疑いレボチロキシンナトリウム水和物錠とポリスチレンスルホン酸カルシウムの相互作用を解消した腎細胞癌の1 例
有馬遥太朗, 薄井健介, 徳永みさき, 平川寛之, 岡田浩司
第152回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2022年3月

腎機能正常者におけるバンコマイシントラフ濃度低下の危険因子の検討
柏倉正太, 上岡泰弘, 小鹿哲, 関雅文, 岡田浩司
第152回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2022年3月

小児てんかん外来患者における抗てんかん薬処方の経時的変化(2013年-2019年)
菊池大輔, 小原拓, 柏倉正太, 有馬遥太朗, 三浦良祐, 日野洋明, 早川幸子, 岡田浩司
第43回日本病院薬剤師会近畿学術大会, Web開催,2022年2月


2021年

【著書等】
医薬品副作用・安全性ガイドブック 第1版
日本医薬品安全性学会(監), 薄井健介(共著)
南山堂, 2021年11月

婦人科がん薬物療法パーフェクトガイド
渡部洋(編), 齋藤裕子(共著), 渡辺善照(共著)
診断と治療社, 2021年8月

精神疾患を合併した、或いは合併の可能性のある妊産婦の診療ガイド:各論編
鈴木利人(編), 薄井健介(共著)
日本精神神経学会・日本産科婦人科学会, 2021年4月

【論文等】
Fibronectin plays a major role in hypoxia-induced Lenvatinib resistance in hepatocellular carcinoma PLC/PRF/5 cells
Masanori Takahashi, Kouji Okada, Ryusuke Ouchi, Taisuke Konno, Kensuke Usui, Hiroyuki Suzuki, Mari Satoh, Takayuki Kogure, Kennichi Satoh, Yoshiteru Watanabe, Hitoshi Nakamura, Yuriko Murai
Pharmazie, 76, 594-601, Dec. 2021

Analysis of Risk Factors Associated with Reduced Trough Concentrations of Vancomycin in Relation to Renal Function in a Tertiary Hospital in Japan
Shota Kashiwagura, Yasuhiro Kamioka, Masafumi Seki, Satoshi Koshika, Kouji Okada
Infection and Drug Resistance, 14, 4207-4214, Oct. 2021

Prescription status of diuretics for essential hypertension in a Japanese population
Daisuke Kikuchi, Misato Ito, Misaki Tokunaga, Kota Sasaki, Ryosuke Miura, Hiroyuki Hirakawa, Yuko Saito, Taku Obara, Yoshiteru Watanabe
Hypertens Res,44, 1359-1361, Oct. 2021

Trends in prescription of anti-seizure medicines for Japanese pediatric outpatients during 2013-2019
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Shota Kashiwagura, Youtaro Arima, Hiroaki Hino, Ryosuke Miura, Sachiko Hayakawa, Yoshiteru Watanabe
Epilepsy Behav Rep, 16, 100474, Aug. 2021

Intestinal Perforation in a Patient with Colon Cancer during Treatment with Regorafenib: A Case Report and Review of the Literature
Ryusuke Ouchi, Kouji Okada, Kensuke Usui, Naoko Kurata, Shinju Suzuki, Munenori Nagao, Yoshiteru Watanabe, Kaori Koyama
Tohoku J Exp Med, 254, 207-211, Jul. 2021

The infectivity of progeny adenovirus in the presence of neutralizing antibody
Takamasa Hirai, Anna Sato, Naoya Koizumi, Yoh Kurioka, Yui Suzuki, Junpei Kano, Makie Yamakawa, Tetsuya Nomura, Makiko Fujii, Fuminori Sakurai, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiteru Watanabe, Naoki Utoguchi
J Gen Virol, 102, 001590, Apr. 2021

Drug Prescription for Attention Deficit Hyperactivity Disorder Drugs in Pediatric Outpatients: A Retrospective Survey of Japanese Administrative Data (2012-2018)
Daisuke Kikuchi, Taku Obara, Misaki Tokunaga, Makoto Shiozawa, Ai Takahashi, Misato Ito, Hiroaki Hino, Ryosuke Miura, Sachiko Hayakawa, Yoshiteru Watanabe
Asian Journal of Psychiatry, 57, 102512, Mar. 2021

Changes in ratio of ineligible use of lamotrigine in Japan based on data from the relief system of the Pharmaceuticals and Medical Devices Agency
Kensuke Usui, Kazuo Yamada, Kouji Okada, Ryusuke Ouchi, Masashi Nibuya, Ai Takahashi, Yuzo Shito, Yoshiteru Watanabe, Hidehisa Saeki, Eiji Suzuki
Psychiatry Clin Neurosci, 75, 27-28, Jan. 2021

The risk of nephrotic syndrome with non-VEGF inhibitory antineoplastic drugs: from viewpoint of the adverse event reports in Japan
Kouji Okada, Kensuke Usui, Daisuke Kikuchi, Masanori Takahashi, Yoshiteru Watanabe
Clinical and Experimental Nephrology, 25, 97-98, Jan. 2021

先行オピオイドを考慮しラパチニブ誘発性下痢をコントロールした一例
池瑛莉奈, 大内竜介, 薄井健介, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 高橋知子, 岡田浩司
東北医科薬科大学研究誌, 68, 9-16, 2021年12月

疾患における水・電解質異常 7.薬剤と水・電解質異常
渡辺善照
看護技術, 67, 1315-1320, 2021年10月

複数組織の協働による専門職連携教育の経緯と展望−宮城IPEプロジェクトの活動から−
大塚眞理子, 志田淳子, 瀬戸初江, 薄井健介, 菅原よしえ, 木村三香, 成澤健, 菅原亜希, 高橋和子, 鈴木まゆみ, 日野弥栄子, 岡田浩司, 渡邊善照, 吉村祐一, 高橋知子, 佐藤厚子, 諸根美恵子, 鈴木裕之, 工藤香澄, 小嶋文良, 西川陽介, 柴田信之
宮城大学研究ジャーナル, 1, 172-182, 2021年9月

人工股関節置換術の周術期貧血に対する経口鉄剤併用により自律神経症状が悪化したレボドパ製剤服用パーキンソン病の1例
千葉紗耶花, 岡田浩司, 高橋優花, 大内竜介, 薄井健介, 石塚正人, 渡辺善照
医薬品相互作用研究, 45, 36-41, 2021年3月

メサドンからオキシコドン注へ変更し,再度メサドンへの切り替えが可能であった1例
大内竜介, 薄井健介, 岡田浩司, 倉田奈央子, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 渡辺善照
日本緩和医療薬学雑誌, 14, 15-18, 2021年3月

ビスホスホネート製剤を対象とした院内フォーミュラリー導入と診療科別の処方選択の関係
三浦良祐, 菊池大輔, 渡辺善照
日本病院薬剤師会雑誌, 57, 220-225, 2021年1月

薬剤学による持続可能な医療・研究・教育の発展を目指して〜ポストコロナ/これからあるべき姿〜(2)
千堂年昭, 林昌洋, 渡辺善照
薬剤学, 81, 9-20, 2021年1月


【学会・研究会発表・講演等】
MicroRNA-491-5p is involved in the resistance to lenvatinib induced under hypoxia in hepatocelluar carcinoma
Mari Satoh, Takayuki Kogure, Takehito Ito, Masanori Takahashi, Ryusuke Ouchi, Kensuke Usui, Kouji Okada, Kenichi Satoh
AASLD The Liver Meeting 2021,Web,Nov. 2021

緩和ケア領域における諸問題に対する薬学的介入
大内竜介
令和3年度日本薬学会東北支部第20回医療薬学若手研究者セミナー, Web開催(仙台), 2021年11月

医学部新設にともなう大学病院におけるフォーミュラリー構築と運用−導入・実施にあたっての留意点−
渡辺善照
第75回国立病院総合医学会 シンポジウム10, Web開催(仙台), 2021年10月

薬剤およびPTPシートの単純X線撮影およびCT撮影による描出の違い
宇野尭, 橋庄太, 田浦将明, 米田瑞輝, 薄井健介, 千葉浩生, 大原貴裕, 岡田 浩司
第31回日本医療薬学会年会, Web開催, 2021年10月

ブプレノルフィン貼付剤からオキシコドン 持続注射への切り替えを行った胃癌患者の1例
大内竜介, 薄井健介, 倉田奈央子, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 岡田浩司
第31回日本医療薬学会年会, Web開催, 2021年10月

低酸素環境におけるヒト肝細胞癌細胞株に対するLenvatinib抵抗性機序の解明
橋将典, 岡田浩司, 大内竜介, 金野太亮, 薄井健介, 鈴木裕之, 小暮高之, 佐藤麻理, 中村仁, 佐藤賢一, 村井ユリ子
第72回日本薬理学会北部会,Web開催,2021年9月

薬剤師外来における術前休薬に関するPBPMの導入とその評価〜循環器内科CAG/PCIクリニカルパスを例に〜
菊池大輔, 上岡泰弘, 紫桃裕造, 岡田浩司
第4回日本病院薬剤師会 Future Pharmacist Forum シンポジウム6, 2021年7月

レンボレキサントはベンゾジアゼピン受容体作動薬の代替薬となり得るか
藤井優, 薄井健介, 大内竜介, 有馬遼太朗, 佐々木詩織, 岡田浩司, 鈴木映二
第7回日本医薬品安全性学会学術大会, Web開催, 2021年7月

レンボレキサント開始1カ月後における処方継続率の調査
薄井健介, 藤井優, 高橋龍司, 岡田浩司, 大内竜介, 櫻田久美, 丹生谷正史, 吉村淳, 中川誠秀, 山田和男, 鈴木映二
第18回日本うつ病学会総会, 横浜(ハイブリッド開催), 2021年7月

メサドンの入院下の導入から外来での継続までを円滑に実施するための薬剤師の活動報告
大内竜介, 倉田奈央子, 薄井健介, 岡田浩司, 綱木美由紀, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 渡辺善照
第26回日本緩和医療学会学術大会, 横浜(ハイブリッド開催), 2021年6月

メサドン導入の際に薬剤師による携帯型心電計を用いた副作用モニタリングを実施した1例
倉田奈央子, 大内竜介, 薄井健介, 岡田浩司, 綱木美由紀, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 渡辺善照
第26回日本緩和医療学会学術大会, 横浜(ハイブリッド開催), 2021年6月

ポリファーマシー解消に向けた服薬意識に関するアンケート調査の中間報告
有馬遥太朗, 紫桃裕造, 徳永みさき, 佐々木詩織, 住友和弘, 渡辺善照
第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会, Web開催, 2021年5月

新型コロナウイルス感染症流行拡大下におけるオンラインシステムを利用した遠隔病院実務実習の評価
日本薬学会第141回年会, Web開催, 2021年3月
岡田浩司, 薄井健介, 大内竜介, 金野太亮, 鈴木裕之, 西川陽介, 渡辺善照

ヒト肝細胞癌細胞株PLC/PRF/5に対する低酸素環境におけるLenvatinib抵抗性にはFAK及びERK1/2の活性化が関与する
日本薬学会第141回年会, Web開催, 2021年3月
高橋将典, 岡田浩司, 薄井健介, 大内竜介, 鈴木裕之, 金野太亮, 中村仁, 小暮高之, 佐藤麻理, 佐藤賢一, 渡辺善照, 村井 ユリ子

当院における COVID 19 患者のレムデシビル使用実績
橋庄太,上岡泰弘, 水野友貴, 今井悠, 遠藤史郎, 渡辺善照
第151回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2021年3月

ビスホスホネート製剤におけるフォーミュラリーの導入と診療科別の処方選択との関係
菊池大輔, 三浦良祐, 渡辺善照
第151回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2021年3月

小児外来患者における注意欠陥多動障害治療薬の経時的な処方状況
徳永みさき, 菊池大輔, 塩澤誠, 高橋愛, 伊東美里, 日野洋明, 三浦良祐, 早川幸子, 小原拓, 渡辺善照
第151回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2021年3月

レンボレキサント開始1カ月後における処方継続率の調査
藤井優, 薄井健介, 岡田浩司, 大内竜介, 紫桃裕造, 有馬遥太朗, 佐々木詩織, 高橋龍司, 鈴木映二, 渡辺善照
第151回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, Web開催,2021年3月

医薬品副作用被害救済制度の公開情報を基にした炭酸リチウムの不適正使用の割合
薄井健介, 岡田浩司, 高橋愛, 紫桃裕造, 山田和男, 鈴木映二, 渡辺善照
第17回日本うつ病学会総会, Web開催, 2021年1月

安全性速報(ブルーレター)と啓発活動によるラモトリギンの不適正使用事例の変化
山田和男, 鈴木映二, 薄井健介, 中川誠秀, 吉村淳, 丹生谷正史, 櫻田久美, 岡田浩司, 宇野尭, 渡辺善照
第17回日本うつ病学会総会, Web開催, 2021年1月

2020年

【著書等】
がん薬物療法のひきだし〜腫瘍薬学の基本から応用まで〜
松尾宏一(編), 緒方憲太郎(編), 林稔展(編), 岡田浩司(共著)
医学書院, 2020年4月

新人薬剤師・薬学生のための医療安全学入門〔改訂版〕−調剤過誤の防止から副作用回避に向けた処方提案まで−
小茂田昌代(編), 岡田浩司(共著)
学校法人医学アカデミー, 2020年3月

衛生薬学(改訂第3版)−基礎・予防・臨床−
今井浩孝(編), 小椋康光(編), 薄井健介(共著)
南江堂, 2020年3月

【論文等】
Characteristics of an Emulsion Obtained Using Hydrophobic Hydroxypropyl Methylcellulose as an Emulsifier and a High-Pressure Homogenizer
Makiko Fujii, Fuyuko Wada, Natsumi Honda, Keiko Miura, Kaname Hashizaki, Hiroyuki Taguchi, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe
Chem Pharm Bull, 68, 1178-1183, Dec. 2020

Inadequate Therapeutic Drug Monitoring in Patients with Lithium Toxicity in Japan
Kouji Okada, Kazuo Yamada, Kensuke Usui, Ryusuke Ouchi, Masashi Nibuya, Ai Takahashi, Yuzo Shito, Yoshiteru Watanabe, Eiji Suzuki
Psychiatry Clin Neurosci,74, 629-631, Nov. 2020

Amantadine intoxication despite moderate renal dysfunction: A case of combined use with donepezil
Kouji Okada, Takashi Uno, Miho Utsumi, Kensuke Usui, Masashi Nakamura, Ichiro Nakashima, Eiji Suzuki, Yoshiteru Watanabe
Clinical Case Reports, 8, 1053-1056, Mar. 2020

薬剤師の介入により入院でのメサドン導入から外来での継続までを安全に実施できた1例
大内竜介, 今野了, 薄井健介, 岡田浩司, 綱木美由紀, 鈴木清寿, 長尾宗紀, 児山香, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 67, 2020年12月

医薬品リスク管理計画に関する医薬情報担当者の認識と活用の実態
三浦良祐, 菊池大輔, 小原拓, 渡辺善照
医薬品相互作用, 44, 43-48, 2020年12月

新型コロナウイルス感染症流行拡大下におけるオンラインシステムを利用した遠隔病院実務実習生のアンケート結果
岡田浩司, 薄井健介, 大内竜介, 金野太亮, 鈴木裕之, 西川陽介, 紫桃裕造, 布施克浩, 齋藤裕子, 星野淳, 渡辺善照
医療薬学, 46, 739-746, 2020年12月

急性期診断群分類包括評価対象病院における小児外来患者の急性気道感染症に対する経口抗菌薬の処方状況(2013年〜2018年)
菊池大輔, 早川幸子, 徳永みさき, 塩澤誠, 高橋愛, 日野洋明, 三浦良祐, 小原拓, 渡辺善照
医療薬学, 46, 428-435, 2020年8月

睡眠薬・抗不安薬の禁忌と相互作用,安全に使用するための留意点(特集 睡眠薬・抗不安薬を安全に使いこなす,効果的に減薬する)
薄井健介, 高橋愛, 鈴木映二
睡眠医療, 14, 167-175, 2020年6月

感染性心内膜炎に対するリファンピシンの使用によりカルバマゼピンの血中濃度が低下してんかん発作を引き起こした1例
岡田浩司, 岩井智美, 宇野尭, 薄井健介, 佐藤和彦, 中島一郎, 渡辺善照
医薬品安全性学, 6, 35-40, 2020年6月

二大学が連携し既存の実習に組み込んで行ったクリニカルIPEがもたらす学習経験 ―薬学部生と看護学部生のインタビューに基づく質的記述的研究― 佐藤可奈, 大塚眞理子, 志田淳子, 井村紀子, 薄井健介, 菅原よしえ, 岡田浩司, 高橋知子, 渡辺善照
保健医療福祉連携, 13, 2-10, 2020年3月

【学会・研究会発表・講演等】
総合病院に入院中の患者に睡眠薬・抗不安薬を用いるときの注意点(シンポジウム12 総合病院に入院中の患者に向精神薬を使うときの注意)
薄井健介
第33回日本総合病院精神医学会総会, Web開催, 2020年12月

大学病院薬剤部と地域病院薬剤師との連携による院内フォーミュラリーの構築と運用
渡辺善照, 菊池大輔, 三浦良祐, 栃窪克行, 佐竹成一, 遠藤武弘, 佐藤真由美
第30回日本医療薬学会年会, Web開催, 2020年10月

免疫チェックポイント阻害薬による尿細管間質性腎炎の発現状況:Japanese Adverse Drug Event Report databaseを用いた解析
岡田浩司, 薄井健介, 大内竜介, 宇野尭, 高橋将典, 菊池大輔, 渡辺善照
第30回日本医療薬学会年会, Web開催, 2020年10月

ドネペジルはアマンタジンの副作用リスクを上昇させるか
薄井健介, 岡田浩司, 宇野尭, 小塚脩平, 高瀬照人, 大内竜介, 鈴木映二, 渡辺善照
第30回日本医療薬学会年会, Web開催, 2020年10月

連携充実加算算定に向けた情報提供ツールの作成・運用の取り組み
森由佳里, 齋藤裕子, 高橋庄太, 倉田奈央子, 山内雅仁, 塩澤誠, 岡田浩司, 渡辺善照
第30回日本医療薬学会年会, Web開催, 2020年10月

持参薬の入院処方切り替え時の疑義照会の現状と今後の課題
平川寛之, 有馬遥太朗, 柏倉正太, 高橋将典, 紫桃裕造, 渡辺善照
第30回日本医療薬学会年会, Web開催, 2020年10月

整形外科病棟常備薬の変更に伴うベンゾジアゼピン系薬削除前後の睡眠薬使用状況の変化
千葉紗耶花, 宇野尭, 有馬遥太朗, 高橋愛, 薄井健介, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

感染性心内膜炎に対するリファンピシンの使用によりカルバマゼピンの血中濃度が低下してんかん発作を引き起こした1例
岩井智美, 宇野尭, 岡田浩司, 薄井健介, 佐藤和彦, 中島一郎, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

膀胱直腸障害による難治性便秘に対して良好な排便コントロールを維持し得た症例
宇野尭, 薄井健介, 岡田浩司, 半田彩華, 佐藤和彦, 中島一郎, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

ドキソルビシン塩酸塩製剤調製後の光安定性試験
鈴木裕之, 岡田浩司, 木村将綺, 佐藤匠, 薄井健介, 渡辺善照, 中村仁, 村井ユリ子
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

緩和医療に対する薬学生の意識・理解度調査
大内竜介, 倉田奈央子, 薄井健介, 岡田浩司, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

SGLT2阻害薬使用中の成人1型糖尿病患者におけるケトアシドーシスの実態
三浦良祐, 菊池大輔, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

小児外来患者における注意欠陥多動障害治療薬の処方状況(2012年-2018年)
高橋愛, 菊池大輔, 徳永みさき, 塩澤誠, 日野洋明, 三浦良祐, 小原拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

診療データに基づく小児外来患者におけるインフルエンザ治療薬の経時的な処方状況
徳永みさき, 菊池大輔, 塩澤誠, 橋愛, 日野洋明, 三浦良祐, 早川幸子, 小原拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

小児外来患者の気道感染症に対する経口抗菌薬の処方状況(2013年-2018年)
菊池大輔, 早川幸子, 徳永みさき, 塩澤誠, 高橋愛, 日野洋明, 三浦良祐, 小原拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

E.faecium感染症に使用したバンコマイシンのトラフ値が低値を示した肝内胆管癌の一例
有馬遥太朗, 菊池大輔, 柏倉正太, 宇野尭, 上岡泰弘, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第10回学術大会, 仙台(誌上開催), 2020年6月

低酸素下に誘導される肝細胞癌のレンバチニブ耐性獲得機序の解析
高橋将典, 岡田浩司, 小暮高之, 薄井健介, 鈴木裕之, 中村仁, 佐藤賢一, 渡辺善照, 村井ユリ子
日本薬学会第140年会, 京都(誌上開催), 2020年3月

薬剤師のためのフィジカルアセスメント実技研修会の教育効果の調査
渡部俊彦, 薄井健介, 河野資, 西川陽介, 岡田浩司, 鈴木裕之, 林貴史, 諸根美恵子, 伊藤邦郎, 小嶋文良, 高橋知子, 大河原雄一, 佐藤厚子, 米澤章彦
日本薬学会第140年会, 京都(誌上開催), 2020年3月

医療現場では小児用製剤をどう捉えているか−Compoundingと院内製剤の課題 (シンポジウム23 我が国における小児用製剤開発促進に向けて−医療現場における課題ならびに国際調和への対応−)
渡辺善照, 日野洋明, 齋藤裕子, 串田一樹
日本薬学会第140年会, 京都(誌上開催), 2020年3月

診療データに基づく小児におけるインフルエンザ治療薬の経時的な処方状況
徳永みさき, 菊池大輔, 早川幸子, 三浦良祐, 塩澤誠, 高橋愛, 日野洋明, 小原拓, 渡辺善照
第150回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2020年3月

2019年

【論文等】
非代償性肝硬変患者に対してリファキシミンと複数の瀉下薬使用により肝性脳症の回避を試みた一例 〜薬剤師による継続的なフィジカルアセスメントを通した排便コントロール〜
関根僚也, 高橋将典, 薄井健介, 岡田浩司, 小暮高之, 佐藤賢一, 久下周佐, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 66, 75-82, 2019年12月

薬剤師の介入が経静脈的免疫グロブリン療法における汗疱様症状の軽減に有用であった慢性炎症性脱髄性多発神経炎の一例
八木茉莉子, 宇野尭, 薄井健介, 岡田浩司, 佐藤和彦, 中島一郎, 藤村茂, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 66, 83-88, 2019年12月

薬剤師のためのフィジカルアセスメント実技講習会の教育効果の調査
渡部俊彦, 薄井健介, 河野資, 西川陽介, 岡田浩司, 鈴木裕之, 林貴史, 諸根美恵子, 伊藤邦郎, 小嶋文良, 高橋知子, 大河原雄一, 佐藤厚子, 米澤章彦
東北医科薬科大学研究誌, 66, 67-74, 2019年12月

総合病院における睡眠薬に対する院内フォーミュラリーの取り組み
渡辺善照,菊池大輔,三浦良祐
総合病院精神医学,31, 414-421, 2019年12月

【高血圧 地域包括ケアで薬立つ血圧管理の勘所】降圧薬で注意すべき副作用とそのチェックポイント
菊池大輔,三浦良祐,渡辺善照
薬局,70, 1963-1968, 2019年9月

Lenalidomide使用中の多発性骨髄腫患者におけるacetylsalicylic acidの使用状況−MDV analyzerを用いた診療データに基づく実態調査−
菊池大輔, 小原拓, 三浦良祐, 高橋庄太, 柏倉正太, 岡田浩司, 渡辺善照
医薬品情報学, 21, 79-86, 2019年8月

精神科医が気をつけるべきインシデント−その対策と予防− 飲み合わせ
鈴木映二, 薄井健介
精神科, 35, 81-92, 2019年7月

禁忌に触れないために,向精神薬の処方前に注意すべきこと(特集−気づきにくい向精神薬の副作用)
薄井健介, 山田和男, 鈴木映二
精神科治療学, 34, 477-482, 2019年5月

Situational Leadership(SL)理論を応用し立案したフィジカルアセスメント研修会の教育効果
渡部俊彦, 薄井健介, 河野資, 鈴木裕之, 林貴史, 諸根美恵子, 小嶋文良, 伊藤邦郎, 高橋知子, 大河原雄一, 佐藤厚子, 米澤章彦
薬学教育, 3, 1-8, 2019年5月

ミコナゾール経口用ゲルと竜胆瀉肝湯の併用が複合的な原因となりワルファリン服用中に著しいPT-INR延長と出血症状を来たした可能性のある1症例
岡田浩司, 金子侑未, 鈴木千絵, 菊地英行, 薄井健介, 渡辺善照
医薬品相互作用研究, 43, 33-38, 2019年3月

【学会・研究会発表・講演等】
Amantadine develops drug toxic symptom in a patient with late effects of cerebral infraction
Yoshiteru Watanabe,Takashi Uno, Miho Utsumi, Masashi Nakamura, Kensuke Usui, Kouji Okada, Eiji Suzuki, Ichiro Nakashima
79th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Abu dhabi, UAE, Sep 2019

重篤な肝機能障害を発現し高いパゾパニブ血中濃度を維持していた腎細胞癌の1例
柏倉正太,鈴木裕之,大内竜介,薄井健介岡田浩司,佐藤信,海法康裕,伊藤淳,阿南剛,岩村大径,村井ユリ子,中村仁,渡辺善照
第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019年11月

診療データに基づく妊婦における抗てんかん薬の処方推移に関する調査
塩澤誠,菊池大輔,千葉紗耶花,城坂理紗,三浦良祐,小原拓,渡辺善照
第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019年11月

メポリズマブからベンラリズマブ投与へ変更により喘息コントロールの改善と経口ステロイドからの離脱が可能となった 1症例
渡辺昌子,設楽芙月,狭間翔平,櫻井淳二,佐藤伸輔,高橋知子,石澤文章,渡辺善照,高橋識至
第29回日本医療薬学会年会,福岡,2019年11月

中等度腎機能障害にも関わらずアマンタジン中毒を起こした症例
内海美穂、宇野堯、中村正史、薄井健介岡田浩司、鈴木映二、中島一郎、渡辺善照
第5回日本医薬品安全性学会学術大会, 東京, 2019年7月

電子カルテを用いた院内副作用報告の一元管理に関する実態調査 〜副作用情報の収集からPMDAへの報告まで〜
三浦良祐, 菊池大輔, 紫桃裕造, 岡田浩司, 薄井健介, 鈴木映二, 渡辺善照
第5回日本医薬品安全性学会学術大会, 東京, 2019年7月

安全性に関連した不適切な情報提供事例の検討 〜医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書の解析〜
薄井健介, 高橋将典, 岡田浩司, 菊池大輔, 三浦良祐, 鈴木映二, 渡辺善照
第5回日本医薬品安全性学会学術大会, 東京, 2019年7月

フォーミュラリーを導入した3薬剤群における処方薬剤への影響と経済性の評価
三浦良祐, 菊池大輔, 山田尚之, 布施克浩, 石井隆, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 秋田, 2019年6月

MDV analyzerに基づく妊婦における抗てんかん薬の使用に関する実態調査
菊池大輔, 塩澤誠, 千葉紗耶花, 城坂理紗, 三浦良祐, 小原拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 秋田, 2019年6月

レナリドミド使用患者における血栓塞栓症に対する抗血栓薬の予防投与の実態 (シンポジウム13 ベストポスター賞受賞者講演会)
菊池大輔, 小原拓, 三浦良祐, 高橋庄太, 柏倉正太, 岡田浩司, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 秋田, 2019年6月

院内および院外における副作用報告の一括管理 −eXChartおよびトレーシングレポートを用いた取り組み− (シンポジウム9 院内における副作用の収集・管理・報告の実践)
菊池大輔, 三浦良祐, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 秋田, 2019年6月

当院の薬剤師外来の現状と今後の展望 (シンポジウム1 薬剤師外来における薬物療法の展望)
宇野尭, 紫桃裕造, 菊池大輔, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第9回学術大会, 秋田, 2019年6月

臨床製剤開発:アカデミアからベッドサイドへ、ベッドサイドからアカデミアへ (一般シンポジウムS47 臨床製剤と薬学教育をめぐる現状と課題)
渡辺善照
日本薬学会第139年会, 千葉, 2019年3月

診療データに基づく妊婦における抗てんかん薬使用に関する実態調査
塩澤誠, 菊池大輔, 千葉紗耶花, 城坂理紗, 三浦良祐, 小原拓, 渡辺善照
第149回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2019年3月

高齢者における睡眠薬の現状把握-ポリファーマシー解消に向けて-
森由佳里, 柏倉正太, 高橋愛, 岩井智美, 内海美穂, 有馬遥太朗, 菊池大輔, 紫桃裕造, 渡辺善照
第149回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2019年3月

診療データを用いたビスホスホネート製剤に対するフォーミュラリー導入の経済性評価
三浦良祐, 菊池大輔, 渡辺善照
第149回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2019年3月

健診・レセプトデータに基づく腎機能低下者に対する酸化マグネシウム処方量の実際
高橋愛, 佐藤倫広, 薄井健介, 岡田浩司, 村上任尚, 目時弘仁, 渡辺善照
第149回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2019年3月

2018年

【著書等】
衛生薬学(改訂第2版)−基礎・予防・臨床−
今井浩孝(編), 小椋康光(編), 薄井健介(共著)
南江堂, 2018年9月

【論文等】
Comparison of measured trough values after deriving the initial dose setting of vancomycin with a conventional computer software and a nomogram based on the revised Japanese 2016 Therapeutic Drug Monitoring Guidelines for antimicrobial agents
Yasuhiro Kamioka, Hitoshi Suzuki, Masafumi Seki, Ryusuke Ouchi, Shota Kashiwagura, Satoshi Koshika, Yoshiteru Watanabe
Pharmacology & Pharmacy, 9, 481-487, Jan. 2018

Differential sensitization of two human colon cancer cell lines to the antitumor effects of irinotecan combined with 5-aza-2'-deoxycytidine
Shuko Hakata, Jun Terashima, Yu Shimoyama, Kouji Okada, Shiho Fujioka, Erika Ito, Wataru Habano, Shogo Ozawa
Oncology Letter,15, 4641-4648, Apr. 2018

Antiproteinuric effects of renin-angiotensin inhibitors in lung cancer patients receiving bevacizumab
Satoru Nihei, Junya Sato, Toshiyuki Harada, Shoichi Kuyama, Toshiro Suzuki, Nobutsugu Waga, Yoshitaka Saito, Shigeki Kisara, Atsuko Yokota, Kouji Okada, Masami Tsuchiya, Kazufumi Terui, Yumiko Tadokoro, Takeshi Chib, Kenzo Kudo, Satoshi Oizumi, Akira Inoue, Naoto Morikawa
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 81, 1051-1059, Apr. 2018

レンバチニブ治療開始後に血栓性微小血管障害をきたした肝細胞癌の1例
高橋将典, 薄井健介, 岡田浩司, 小暮高之, 佐藤賢一, 中村仁, 村井ユリ子, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 65, 55-61, 2018年12月

院内副作用事例の一元管理方法の構築−電子カルテシステムのeXChart機能の活用−
菊池大輔, 小原 拓, 三浦良祐, 渡辺善照
医薬品相互作用研究, 42, 192-197, 2018年10月

薬剤師外来−期待される新しい業務(23) 当院の薬剤師外来について PBPMを導入した薬剤師外来を中心に
菊池大輔, 星野淳, 渡辺善照
薬事新報, 3042号, 7-13, 2018年4月

医薬品情報の薬薬連携を指向した病院ならびに薬局対象のアンケート調査と研修会開催の成果 平成28年度課題研究班成果報告
橋本貴尚, 菊池大輔, 新沼佑美, 小原拓, 村井ユリ子, 畑中貞雄, 栃窪克行, 渡辺善照
医薬品情報学, 19, 158-171, 2018年2月

ベバシズマブの残薬廃棄による経済的損失は容量規格追加により削減される可能性がある
岡田浩司, 本庄伸輔, 菊池昌之, 高橋典哉, 菊池亮大, 小笠原信敬, 及川淳, 村上正美, 熊谷範之, 宮本亜希, 大村雅之, 及川尚子, 薄井健介, 渡辺 善照
医薬品相互作用研究, 42, 11-15, 2018年2月

【学会・研究会発表・講演等】
Antibiotics stability in neutralized icodextrin peritoneal dialysis fluid with a two-compartment bag
Yoshiteru Watanabe, Takashi Uno, Hiroyuki Suzuki, Kasumi Kudo, Hitoshi, Nakamura, Tsuneyoshi Suzuki, Takefumi Mori
78th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Glasgow, UK, Sep. 2018

当院における脂肪乳剤投与の実態調査
有馬遥太朗, 宇野 尭, 塩澤誠, 菊池大輔, 渡辺善照
第33回 東北静脈経腸栄養研究会, 仙台, 2018年12月

レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)オープンデータを用いたパロノセトロン塩酸塩の国内使用状況に関する疫学研究
岡田浩司, 薄井健介, 菊池大輔, 高橋将典, 渡辺善照
第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月

薬学部病院実習期間中に実症例を通して実施した看護学部学生との専門職連携教育
薄井健介, 岡田浩司, 紫桃裕造, 上岡泰弘, 渡辺善照, 瀬戸初江, 大塚眞理子, 高橋知子, 小嶋文良, 吉村祐一, 柴田信之
第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月

診療データに基づく妊娠可能年齢の女性における抗てんかん薬使用に関する実態調査
菊池大輔, 小原 拓, 三浦良祐, 宍戸可成子, 城坂理紗, 渡辺善照
第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月

健診・レセプトデータに基づく腎機能低下者に対する酸化マグネシウム処方量の実際
高橋 愛, 佐藤倫広, 薄井健介, 岡田浩司, 村上任尚, 目時弘仁, 渡辺善照
第28回日本医療薬学会年会, 神戸, 2018年11月

抗菌薬TDMガイドラインに基づく腹膜透析患者への腹腔内VCM投与法の検討
小鹿 哲, 上岡泰弘, 柏倉正太, 大内竜介, 鈴木仁志, 渡辺善照
第2回日本臨床薬理学会北海道・東北地方会, 仙台, 2018年11月

高度腎機能障害患者における遺伝子組み換えトロンボモデュリンαの使用実態調査
柏倉正太, 宇野 尭, 有馬遥太朗, 高橋庄太, 菊池大輔, 渡辺善照
第12回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, 浜松, 2018年10月

レンバチニブ治療開始後に血栓性微小血管障害をきたした肝細胞癌の1例
高橋将典, 薄井健介, 岡田浩司, 小暮高之, 佐藤賢一, 渡辺善照
第57回日本薬学会東北支部大会, 仙台, 2018年10月

実習生へのアンケート調査からみた病院実務実習の評価と課題
薄井健介, 岡田浩司, 鈴木仁志, 渡辺善照
第57回日本薬学会東北支部大会, 仙台, 2018年10月

JADERを用いたVEGF阻害作用を有する抗悪性腫瘍薬による蛋白尿発現に関する解析
岡田浩司, 薄井健介, 菊池大輔, 高橋将典, 渡辺善照
第57回日本薬学会東北支部大会, 仙台, 2018年10月

ショートハイドレーションを用いたシスプラチン婦人科外来化学療法の安全性の検討
平川寛之, 喜多川亮, 齋藤裕子, 大友千秋, 佐藤みほ, 佐藤美里, 山内雅仁, 中西透, 深谷孝夫, 鈴木清美, 渡部 洋, 渡辺善照
第56回日本癌治療学会学術集会, 横浜, 2018年10月

アモキシシリン・クラブラン酸カリウム配合錠により発症した抗菌薬関連出血性大腸炎の1例
高橋将典, 薄井健介, 岡田浩司, 佐藤倫紀, 佐藤賢一, 渡辺善照
第4回日本医薬品安全性学会学術大会2018, 倉敷, 2018年8月

医薬品の配合変化に関する医療従事者からのニーズ及びエビデンスの創出
菊池大輔, 三浦良祐, 宇野 尭, 渡辺善照
第73回第73回医薬品相互作用研究会シンポジウム, 盛岡, 2018年5月

MDV analyzerを用いた本態性高血圧患者に対する利尿薬の処方状況に関する実態調査
菊池大輔, 佐藤美里, 小原 拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会, 盛岡, 2018年5月

診療データに基づくレナリドミド使用患者における血栓塞栓症に対する抗血栓薬の予防投与の実態
菊池大輔, 小原 拓, 三浦良祐, 高橋庄太, 柏倉正太, 岡田浩司, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会, 盛岡, 2018年5月

院内フォーミュラリーにおける医薬品選定手順の構築 〜ビスホスホネート製剤を例に〜
渡辺善照, 菊池大輔, 三浦良祐, 石井 隆
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会, 盛岡, 2018年5月

医薬品情報担当者(MR)を対象とした医薬品リスク管理計画(RMP)の認識に関する実態調査
三浦良祐, 菊池大輔, 小原 拓, 渡辺善照
日本病院薬剤師会東北ブロック第8回学術大会, 盛岡, 2018年5月

医薬品リスク管理計画(RMP)に関する医薬情報担当者(MR)の認識
三浦良祐, 菊池大輔, 小原 拓, 渡辺善照
第148回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2018年3月

レナリドミド使用患者における血栓塞栓症に対する抗血栓薬の予防投与の実態
菊池大輔, 小原拓, 三浦良祐, 高橋庄太, 柏倉正太, 岡田浩司, 渡辺善照
第148回宮城県病院薬剤師会学術研究発表会, 仙台,2018年3月

Oncology Pharmacist育成のための大学教育(シンポジウム4 原点回帰!Oncology Pharmacist 未来へのmission〜次世代を担う薬剤師へ〜)
岡田浩司
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 横浜, 2018年3月

一般地域住民におけるサプリメント摂取状況及び関連要因の検討:掛川コホート研究
菊池大輔, 小原 拓, 石黒真美, 永井雅人, 山中千鶴, 水野聖士, 松原博子, 宮下真子, 立花宏文, 山本(前田)万理, 目時弘仁, 菊谷昌浩, 渡辺善照, 栗山進
第28回日本疫学会学術総会, 福島, 2018年2月

2017年

【著書等】
標準薬剤学(改訂第4版) 医療の担い手としての薬剤師をめざして
渡辺善照 (編), 芳賀 信 (編), 外山 聡 (編)
南江堂, 2017年4月

【論文等】
Nedapalatin as a Single-Agent Chemotherapy May Support Palliative Therapy for Patients with Adenoid Cystic Carcinoma: A Case Report
Hiroyuki Hirakawaa, Takayoshi Kibab, Yuko Saitoa, Yoshiteru Watanabe, Takahiro Suzukic, Nobuo Ota
Case Reports in Oncology, 10, 783-789, Aug. 2017

Effect of Alcohol on in Permeation and Metabolism of an Ester-Type Prodrug in Yucatan Micropig Skin
Makiko Fujii, Reiko Ohara, Azusa Matsumi, Kayoko Ohura, Naoya Koizumi, Teruko Imai, Yoshiteru Watanabe
Eur. J. Pharm. Sci., 109, 280-287, Aug. 2017

Influence of Characteristics of Oily Vehicle on Skin Penetration
Hayato Iino, Makiko Fujii, Manami Fujino, Shizuka Kohara, Kaname Hashizaki, Hitomi Kira, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe, Naoki Utoguchi
Biol. Pharm. Bull., 40, 220-226, Feb. 2017
 
Identification of Adenovirus-Derived Cell-Penetrating Peptide
Takamasa Hirai, Yoshiaki Yamagishi, Naoya Koizumi, Miwa Nonaka, Rina Mochida, Kenta Shida, Tetsuya Nomura, Makiko Fujii, Fuminori Sakurai, Hiroyuki Mizoguchi, Yoshiteru Watanabe, Naoki Utoguchi
Biol. Pharm. Bull., 40, 195-204, Feb. 2017
 
Strategic Perspectives on Improved Anti-Tumor Drug Effects in Combination with Clinically Equivalent or Lower Concentrations of Epigenetic Modifiers, DNA Methyltransferase Inhibitors, and Histone Deacetylase Inhibitors
Shuko Hakata,Kouji Okada ,Jun Terashima,Toshie Gamou,Wataru Habano,Shogo Ozawa
J. Cancer Sci. Ther., 9, 541-544, Jan. 2017

薬剤師による総合的な骨・ミネラル代謝異常の管理により高リン血症治療薬の副作用が回避できた一例
宇野尭, 矢花郁子, 森建文, 内海由也, 伊藤修, 藤村茂, 薄井健介, 岡田浩司, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 64, 115-12, 2017年12月

薬剤師の介入が薬物療法に有効であった多疾患合併症例
川上佳織, 倉田奈央子, 薄井健介, 大河原雄一, 岡田浩司, 福士大介, 佐藤賢一, 高橋知子, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 64, 99-104, 2017年12月

重症レビー小体型認知症においてメマンチンの短期間投与で有効性が示唆された1例 〜適切な認知機能検査選択の重要性と薬剤師における今後の課題〜
佐久間若菜, 宇野尭, 岡田浩司, 藤盛寿一, 薄井健介, 大河原雄一, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 64, 83-90, 2017年12月

フラッシュグルコースモニタリング (FGM) システムを用いた糖尿病薬物治療の適正化
山縣涼太, 丹治泰裕, 内海さやか, 赤井裕輝, 薄井健介, 岡田浩司, 渡辺善照
東北医科薬科大学研究誌, 64, 91-98, 2017年12月

Merkel細胞癌術後のCarboplatin/Etoposide併用療法中に著明な血小板減少を来し治療に難渋した1例
齋藤裕子, 木場崇剛, 高橋透, 平川寛之, 齊藤美帆, 大友千秋, 佐藤みほ, 渡辺善照, 坂口正展, 角田梨紗子, 野口直哉, 鈴木貴博, 粟田口敏一, 東海林史, 太田伸男
癌と化学療法, 44, 685-687, 2017年8月

アカデミア(基礎)から医療の場(臨床)に移って
渡辺善照
薬剤学, 77, 220-222, 2017年7月

バイオ医薬品の生体膜透過効率の向上を目指したTight Junctionの機能制御
渡辺善照
薬学雑誌, 137, 719-732, 2017年6月
 
薬剤師による処方設計 薬剤師外来における術前休薬指示に関するプロトコルに基づく薬物治療管理(PBPM)の導入と評価
菊池大輔, 大内竜介, 渡辺善照
医薬ジャーナル, 53, 1301-1307, 2017年5月

アプレピタント投与患者の吃逆の発現状況と対応策に関する調査
岡村悠子, 大村雅之, 岡田浩司, 菊池亮大, 菊池昌之, 本庄伸輔
全国自治体病院協議会雑誌, 56, 724-727, 2017年5月

【学会・研究会発表・講演等】
一般地域住民におけるサプリメント摂取:掛川コホート研究
菊池大輔, 小原 拓, 永井雅人, 石黒真美, 松原博子, 水野聖士, 山中千鶴, 菊谷昌浩, 渡辺善照, 栗山進一
第27回日本医療薬学会年会, 千葉, 2017年11月

国内有害事象自発報告データベース(JADER)を用いたニボルマブによる心臓障害の評価
岡田浩司, 薄井健介, 渡辺善照
第27回日本医療薬学会年会, 千葉, 2017年11月

医学部1年次の「チーム医療体験学習」における薬剤師業務体験学習とその効果
鈴木仁志, 紫桃祐造, 柴田 近, 大野 薫, 薄井健介, 岡田浩司, 渡辺善照
第27回日本医療薬学会年会, 千葉, 2017年11月

レボフロキサシン錠が原因と考えられるアキレス腱炎により、歩行困難となった1例
橋将典, 大内竜介, 薄井健介, 岩指 元, 渡辺善照
第3回日本医薬品安全性学会学術大会, 熊本, 2017年7月

院内製剤から新たな臨床製剤開発に向けて−現状と課題−(学術シンポジウム6 「院内製剤から臨床製剤への進化」−効果的な薬物治療を実践するために−)
渡辺善照
日本薬剤学会第32年会, 大宮, 2017年5月

転倒・転落予防に繋がった非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の使用と病棟薬剤師による睡眠薬の適正使用推進活動の一例
山澤 望, 岡田浩司, 津軽石玲於, 齋藤源太, 野中保宏, 佐々木照明, 斉藤るり子, 本庄伸輔
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会, 弘前, 2017年5月

カルフィルゾミブにより前腕部の腫脹を伴う投与部位反応を経験した1例
淺沼優美, 岡田浩司, 大村雅之, 菊池亮大, 菊池昌之, 本庄伸輔
日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会, 弘前, 2017年5月


Copyright(C) Tohoku Medical and Pharmaceutical University All Rights Reserved