東北医科薬科大学皮膚科

教室概要

東北医科薬科大学医学部皮膚科学教室 主任教授 川上 民裕

「東北医科薬科大学皮膚科学教室 教授就任のご挨拶」

東北医科薬科大学医学部皮膚科学教室 主任教授 川上 民裕

2018年10月より、仙台にある東北医科薬科大学医学部に皮膚科学教室の主任教授として赴任しました。宜しくお願い申し上げます。

知り合いの某大学皮膚科主任教授の御推薦から、仙台赴任の話が始まりました。その後、東京市ヶ谷の私学会館で、東北医科薬科大学の理事長先生と会談する機会がもたれました。その席上、是非、仙台へ来てほしい、と懇願され、心を動かされました。請われて行くこと、新設医科大学ではありますが医学部の本院であること、などから、身に余る光栄な有り難いお話しである、と思い、受けました。

赴任した当日に、東北医科薬科大学医学部病院長の先生から、直接、皮膚科診療における要望を聞かされました。紹介の有無を関係なく初診を受け入れること、入院をとること、そして毎日外来を開くこと、でした。そこで、皮膚科学教室を刷新するべく、病院長先生の希望を受け入れ、早速、実行に移しました。久しぶりの臨床にどっぷり浸かった生活となりました。赴任時は、ほぼ“一人医長”の状態でした(講師の女性医師は時短)が、自分の臨床能力がどの程度なのか試したい気持ちもありましたので、結構、前向きでした。幸い、赴任した当初から、外来・入院患者数と稼働額が右肩上がりに上昇してきました。これは、その後の皮膚科外来の新設移転と診療室の増設にも繋がりました。

幸い現在は、皮膚科スタッフも増え、常勤医4名、非常勤医6名、研究補助員1名です。月曜日から金曜日まで毎日、午前・午後の外来業務を行っております。病院全体の方針に従い、初診の患者さんは午前のみの対応ですので御注意ください。御希望があれば、再診からは午後の外来通院の診察が可能となります。午後には専門外来もあります。火曜日に膠原病外来、金曜日に免疫アレルギー外来を設置し、より専門性の高い患者さんの診療を、その分野のエキスパートである担当医師が行っております。皮膚科の入院ベットは5床あり、入院加療が相当となった際は、積極的な入院対応を行っております。手術室を必要とする外科治療は、月曜日の午後に行います。皮膚癌で特に生命を脅かす悪性黒色腫(メラノーマ)を始めとして、基底細胞癌、有棘細胞癌、Bowen癌、Paget癌などを中心に手術による治療をしております。皮膚生検は、診断を確定するために、病変皮膚の一部を採取し、顕微鏡下でその細胞や組織の構築を診断します。皮膚疾患の診断では重要な手技です。さらに、皮膚生検では、蛍光抗体直接法(病変皮膚を採取し、対象の抗体に蛍光色素を標識して反応させ、蛍光顕微鏡で観察する)を取り入れております。対象疾患は、天疱瘡、類天疱瘡、血管炎、膠原病などです。蛍光ティーチング顕微鏡を2台完備しております。乾癬、膠原病、血管炎では、皮膚エコーを使用した関節炎の評価を施行しています。皮膚エコーは皮膚癌や皮膚良性腫瘍の手術前の評価や診断にも役立っております。また炭酸水で、強皮症や血行障害の緩和する治療も試みています。narrow band UVB療法は、311±2 nmの限られたUVBすなわち紫外線を照射します。本治療は乾癬、白斑、皮膚リンパ腫で行っています。

皮膚科診療では、受診した患者さんの改善にいかに貢献できるか、と常に念頭におき、全ての皮膚病に幅広く対応したいと考えております。なかでも患者さんが多いアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、乾癬、血管炎では、通常の大学病院以上に定期的な診察を行い、最先端医療である生物学的製剤も積極的に投与しております。乾癬における生物学的製剤の介入は、当科のような日本皮膚科学会認定 乾癬生物学的製剤使用承認施設でしか対応できません。まず患者支援センターで治療での費用を確認して頂き、肺CTや血液検査で身体的な適正を判断した後、治療を開始します。TNF阻害薬、抗IL12/23p40抗体製剤、抗IL17抗体製剤、抗IL23p19抗体製剤などがあります。それぞれの特徴に合わせて投与します。アトピー性皮膚炎は抗IL4/13抗体製剤、蕁麻疹は抗IgE抗体、血管炎は抗CD20 抗体、抗IL5抗体製剤があり、対象患者さんには積極的に投与しています。アトピー性皮膚炎でのIL4/13製剤投与は仙台で最も施行している施設です。生物学的製剤は治療費がかかる注射ですが、相談支援センターとの連携対応で皆様の身の丈に合った治療を提案して参ります。乾癬では、アプレミラストという内服薬もあります。ホスホジエステラーゼ4(PDE4)阻害で細胞内cAMP上昇し、炎症を調節することで作用します。治療費は少し生物学的製剤より低いです。アプレミラストは、ベーチェット病にも投薬し、発症再発や予防効果が期待できます。

2019年10月からは、アレルギーセンターが開設され、アレルギーセンターの一診療科として、センターで皮膚科関連の診察と判断されれば、当科での診療となります。しかし、例えば、なかなか治らないアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギーなど皮膚科領域のアレルギー疾患と判断された場合は、直接、皮膚科へ紹介して頂いても問題はありません。日本アレルギー学会より、アレルギー専門医教育研修施設に認定されています。検査では、Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー)であれば、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内試験、Ⅳ型アレルギー(遅延型アレルギー)であれば、パッチテスト(貼布試験)、場合によっては内服試験も施行しています。。こうした検査は、蕁麻疹、接触皮膚炎、食物アレルギー、薬疹で施行します。プリックテスト・スクラッチテストは、針で皮膚に傷をつけてから抗原液を滴下し、15分後の反応(膨疹、紅斑)をみます。皮内テストも同様で、抗原液を皮内注射、15分後の反応(膨疹、紅斑)をみます。一方、パッチテストは、抗原を皮膚(背や腕が多い)に直接、貼布し、48時間後に剥がして反応を見、さらに72時間・1週間後の反応も見ます。従って少なくとも数日の日数が必要となります。東北医科薬科大学医学部皮膚科学教室は、重症薬疹診療拠点病院の認定を受けております。

専門である血管炎は難治な疾患ですので、皮膚症状からの早期発見・早期治療が重要です。日本皮膚科学会 血管炎・血管障害ガイドライン委員長として多くの症例を診療・経験して参りました。幸い、東北大学からの紹介はもとより全国から患者さんがはるばる仙台に来て頂いております。また、厚生労働省血管炎研究国際班の一員として、皮膚血管炎国際臨床研究(ARAMIS研究)の実施を計画し、新法である臨床研究法への対応が完了し、2020年6月、晴れて日本症例第一例の登録となりました。ここには、東北医科薬科大学病院の臨床研究推進センターの先生より強力なサポートがありました。当施設は、医学部のある大学病院本院ですので、医療の発展に貢献する使命があります。

他にも蜂窩織炎(蜂巣炎)、丹毒、とびひ(膿痂疹)、にきび(痤瘡)、水虫(白癬)、帯状疱疹、単純疱疹、ベーチェット病、スウイート病、穿孔性皮膚症、脱毛症、血管腫(Sturge-Weber症候群)など、受診された方々の改善にいかに貢献できるかと常に念頭におき、皮膚科の診療を行って参ります。

大学病院皮膚科学教室として、研究にも積極的に取り組んでおります。皮膚の色を産生するメラノサイトは、単独での培養が困難で大量培養もできませんでした。私はヒトiPS細胞からより大量で効率よく完成度の高いメラノサイトへの分化誘導に成功しました(特許取得特願2014-003133・特願2017-006673)。仙台に異動しても、継続できており、ヒトiPS細胞からのメラノサイトの誘導がたった2週間で完成できるまでにすすんできました。このヒトiPS細胞由来メラノサイトを使用して、白斑治療・白皮症遺伝子治療・悪性黒色腫治療・美白化粧品評価へと研究がすすんでおります。 皮膚血管炎(IgA血管炎や皮膚動脈炎)では、自己抗体(抗リン脂質抗体、抗LAMP2抗体、抗モエシン抗体など)の関連の解明を目指しています。動物モデルを使用した皮膚血管炎の発症機序の解明では、北海道大学解剖学教室と共同研究をしております。更に、多施設共同臨床研究であるSturge-Weber症候群のGNAQ蛋白遺伝子の体細胞異常の研究や、厚生労働省の穿孔性皮膚症班の班長として、穿孔性皮膚症の診断基準・重症度分類と診療ガイドラインを作成し、病因を研究しております。

仙台市は、市街の中央部を新幹線が南北に走っており、発展の著しい西部と発展途上の東部に分かれます。既存の東北大学が仙台市西部に位置するのに対して、東北医科薬科大学は新設医科大学として仙台市東部の拠点としての意味合いがあります。皮膚科診療のみならず他診療科との連携を密にし、仙台市東部の近隣の開業の先生方との連携を密にし、臨床に直接役立つ研究、幅広い疾患に対応できる皮膚科医の育成・教育に誠心誠意努力していきたいと思っております。暖かい御支援を賜りますよう、どうか宜しくお願い申し上げます。