研究室案内

創薬化学系

医薬合成化学

STAFF

  • (兼)吉村 祐一 教授
  • 渡邉 一弘 講師
  • 成田 紘一 助教
  • 丸田 梢恵 助手

[研究テーマ]

創薬を目指した生物活性天然物の合成化学的研究/生体機能分子の設計・合成、活性評価等の研究

[研究概要]

有機合成化学をベースとして、「新しい、よりすぐれた医薬品」を開発することが、私たちの研究の大きな目標です。
研究対象は、がん、エイズ、インフルエンザ、免疫抑制、高脂血症、過・拒食症など、決定的な医薬品が開発されていない病気に関する領域に広がっています。なかでも最近の抗がん剤開発研究では、『がん分子標的治療薬』がトピックスとなっており、私たちの研究室でもスピルコスタチンA、テロメスタチン、TAN-1813など、がん細胞増殖のシグナル伝達系を遮断する抗がん剤の合成研究を進めています。
私たちが化学合成した化合物は、製薬企業の研究者や生物系研究者とのコラボレーションにより、その有効性や安全性が評価されています。
「画期的新薬」を開発すること、それは私たちの限りなき可能性への挑戦です。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ