薬学部

薬学部は、6年制の「薬学科」と4年制の「生命薬科学科」からなります。
広がり続ける薬学や生命科学の領域で活躍するため、
高い専門性はもちろん思いやりの心を兼ね備えた人材を育成します。

学部長メッセージ

柴田 信之

薬学と生命科学を学ぶことで
広がる活躍の世界
薬学部長
柴田 信之 教授
Prof. Nobuyuki Shibata

 皆さんは「薬を飲むことで病気の症状が消えたり治ったりするのはなぜだろう?」と思ったことはありませんか。興味があれば自然と疑問が湧き出てきますが、主体的にその答えを探るのが大学での学びです。大学では病気と薬に関する様々な疑問を掘り下げて学んでいきます。薬の起源は毒草などの天然物がもとになっていますが、科学の発達とともに近年ではコンピューターで医薬品を設計できるようになってきました。さらに生物の力を借りて作る抗体医薬など、これまでとは全く異なる薬も次々と開発されています。薬学は科学の最先端を応用し人類に貢献する学問です。薬について学ぶということは病気についても学ぶということですので健康な体の仕組みについても学習していきます。病気を治療し患者さんの苦しみを取り除くために欠かせないのが薬ですが、「教育理念」に掲げられているとおり医療に関わる人としての心の成長も育んでいきます。

 本学における薬学の教育と研究は東北・北海道地区の私立大学で最も歴史があり、80年以上という実績の上に医学部と連携して進めています。新薬の合成や開発、病気の原因の解明、薬の作用機構の解析などの研究を行う探究心を持った学生が集まっています。AIが本格的に導入される社会になればますます新しい活躍の場が広がっていきます。薬学の知識を活用して国民の健康と福祉に貢献したいという熱意のある仲間と一緒に学んでいきましょう。

ページトップへ