研究室案内

創薬化学系

分子薬化学

吉村 祐一 教授

STAFF

  • 若松 秀章 講師
  • 名取 良浩 助教
  • 斎藤 有香子 助教

[研究テーマ]

新規生理活性物質並びに新規機能性分子の創製を目指したヌクレオシド誘導体の分子設計と合成研究

[研究概要]

 ヌクレオシド誘導体は、医薬品化学やバイオ関連分野で幅広く利用されており、新規機能性分子の開発を目的として多くの化合物が合成されています。このうち、医薬分野において、ヌクレオシド系代謝拮抗剤は,抗癌剤に加え,ヘルペスウィルスやエイズの原因ウィルスであるHIVに対する化学療法薬などが臨床で使用されています。さらに,修飾ヌクレオシドはアンチセンス等の核酸医薬の構成素子としての機能も期待されています。当研究室では,新規生理活性物質の探索と核酸医薬への応用を念頭においたヌクレオシド誘導体の合成研究を行っています。研究の中心はヌクレオシド誘導体の医薬品化学とケミカルバイオロジーですが,新規機能性分子のデザインと合成を通じ,反応開発や触媒開発といった新しい合成手法の開拓についても積極的に取り組んでいます。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ