薬学部

研究室案内

医療薬学系

放射薬品学

山本 文彦 教授

STAFF

  • 齋藤 陽平 助教
  • 山本 由美 助教

[研究テーマ]

インビボ核医学診断のための分子イメージングプローブ開発研究

[研究概要]

 分子イメージングとは、生体内で起こっている様々な生命現象を外部から細胞/分子レベルで捉えて画像化し、病気の早期診断や治療、創薬に役立てる新しい方法論のことです。
 当教室では、有機合成化学をベースとした新しい核医学分子イメージングプローブの創製研究を展開しています。特に癌や脳機能、中枢神経疾患などを標的として、高分子ミセルや低分子化合物をリード化合物とする効率的な放射能標識合成や機能評価、生体内挙動の解析、安定性、標的部位送達能向上の改良などを行っています。
 また内用放射線治療剤開発の可能性や、癌の放射線治療で問題となる放射線耐性細胞や正常細胞への放射線照射の影響に関する研究にも取り組んでいます。

一覧へ戻る

ページトップへ