薬学部

研究室案内

生命科学系

生化学

関 政幸 教授

STAFF

  • 安保 明博 准教授
  • 吉村 明 講師
  • 中林 悠 助手

[研究テーマ]

生理活性ペプチドの構造と機能の相関研究

[研究概要]

ヒト遺伝子(ゲノム)の解析につづいて、現在はゲノム情報の利用やゲノム産物であるタンパク質やペプチドの構造と機能を調べて病気の治療に生かす、ポストゲノム時代といわれています。
生体内ではタンパク質のほか多くのペプチドが様々な生理機能に関っています。また構造がわかっても生理的な機能がわからないペプチドが沢山あり ます。
私たちは、生理活性ペプチドの構造と機能の相関関係や受容体との関わりを調 べることにより、高活性物質(アゴニスト)や拮抗物質(アンタゴニスト)の探索および薬物運搬キャリアーとして有用と考えられる細胞透過性ペプチドの研究を行っています。これらは病気の診断薬や治療薬になる可能性があるからです。

一覧へ戻る

ページトップへ