薬学部

研究室案内

生命科学系

細胞制御学(分子生体膜研究所)

顧 建国 教授

STAFF

  • 福田 友彦 准教授
  • 伊左治 知弥 講師

[研究テーマ]

がん・神経疾患o生活習慣病などの疾患における糖鎖機能の解明

[研究概要]

ポストゲノム研究で最も重要な分野の一つに糖鎖機能の解明があります。それは糖鎖がタンパク質の機能高度化に重要な役割を果たしていることが揺るぎない事実になっているからです。タンパク質の50%以上には糖鎖が付加され、翻訳後修飾の中で最も多いと言われています。
最近、糖鎖の異常は、がんの浸潤・転移、神経変性疾患、糖尿病・肺気腫などの生活習慣病を含めた疾患に関わることが報告されています。私達は、接着分子、増殖因子受容体とGPCRsのN-結合型糖鎖に注目し、その糖鎖が細胞膜表面の超分子複合体の形成やその複合体を介したシグナル伝達にどのような役割を果たしているのかについて解析を行います。
これらを通じて、様々な疾患に重要な糖鎖エピトープとそれらの糖鎖による機能制御の分子メカニズムを明らかにすると同時に画期的な糖鎖医薬品の開発を目指します。

一覧へ戻る

ページトップへ