研究室案内

臨床薬剤学系

薬品物理化学

高橋 央宜 准教授

STAFF

  • 真鍋 法義 講師
  • 大野 詩歩 助手

[研究テーマ]

計算化学の薬学研究への応用/コンピュータによる創薬

[研究概要]

計算化学の手法を用いると、分子構造や化学反応のメカニズムについて、実験では知り得ない知見を得たり、薬の分子をコンピュータの中でタンパク質にドッキングさせたりすることができます。計算化学の手法は多岐にわたりますが、当教室ではスタッフの豊富な専門的知識と経験を活かし、研究内容に応じて上手に使い分けています。
研究テーマとしては、コンピュータによる創薬を目的として、生体高分子と低分子化合物(医薬候補化合物)との間に起こる相互作用の予測に特に力を入れています。また、現代的な量子化学計算により、創薬に関連した有機反応や医薬品光分解反応のメカニズムを研究しています。
この他、興味深い骨格をもった天然有機化合物の構造や性質についても研究しています。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ