薬学部

研究室案内

臨床薬剤学系

薬物動態学

富田 幹雄 教授

STAFF

  • 森本 かおり 講師
  • 石井 敬 助教

[研究テーマ]

薬物トランスポーターを利用したドラッグデリバリーシステムの開発、トランスポーター遺伝子多型と薬物の感受性に関する研究、生体内酸化還元酵素の異物代謝へのかかわりに関する研究

[研究概要]

薬物トランスポーターとドラッグデリバリーシステム
合理的なドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発には、薬物動態を決定する因子を明確にし、その中で影響力の大きなメカニズムを利用するのが効果的です。薬物動態は投与部位からの吸収、標的組織を含む種々組織への移行と、肝・腎の消失過程を経ます。いずれも細胞膜透過過程を含み、その過程が全体の律速となります。従って、薬物分子の細胞膜透過をコントロールすることはDDSの開発に繫がります。我々はトランスポーターが生体膜輸送に関わる寄与率、そのメカニズムを利用したDDSを開発しています。
 
トランスポーターの遺伝子多型と薬物の感受性
薬物トランスポーター群は、小腸、肝臓、腎臓、脳など種々の組織細胞膜上に発現し、生体膜透過に重要です。トランスポーターの分子機構を明らかにすることは、トランスポーター遺伝子の多型による薬物の体内動態感受性を理解することに繫がります。また、トランスポーターを介した薬物間相互作用の予測にも役立ち、新規医薬品開発における分子標的としての重要性を示すことを可能です。我々はトランスポーターの遺伝的多型と薬物の生体膜透過および疾患との関連について明らかにするとこを目的としています。
 
代謝酵素に関する研究
アルデヒド酸化酵素は、含窒素複素環化合物の代謝を行う酵素で、顕著な動物種差や個人差が知られています。この酵素で代謝される薬のより良い薬物治療法の確立、さらには本酵素が本来果たしている生体内での役割を知ることは大変有用であり、それらの機構を分子生物学的に解明する研究を進めています。 近年、肥満、高血圧、糖尿病、アルツハイマー病等との関連が報告されている11?-hydroxysteroid dehydrogenase についても、異物代謝との関わりから病態モデル動物を用い種々の検討を行っています。

一覧へ戻る

ページトップへ