研究室案内

臨床薬剤学系

薬物治療学

原 明義 教授

STAFF

  • 菅野 秀一 准教授
  • 蓬田 伸 准教授
  • 冨澤 亜也子 助手

[研究テーマ]

がんおよび心疾患に対する新しい薬物療法の開発、薬物の毒性発現機構の解明

[研究概要]

わが国では、がんと心疾患が死因別死亡率の各々1位と2位を占めており、これらの疾患に対する薬物療法は極めて重要な治療戦略の一つです。私たちの教室では、以下の研究を中心に研究活動を進めています。
 
1)抗がん剤による細胞毒性の発現に関与する感受性因子と抑制因子の探索:がん細胞を撲滅するために使用される抗がん剤は、殆どが毒薬または劇薬であり、がん細胞のみならず正常細胞にも影響をおよぼす。ヒト培養細胞株を用いて、抗がん剤が効きやすい標的(感受性因子)と効きにくい標的(抑制因子)を探索し、有効かつ安全ながん化学療法の施行を目的とした基礎研究を行う。
 
2)がんの予後を左右する因子として、転移性と薬剤耐性があげられる。それらに対するメカニズムの解明が検討されているが、十分に臨床応用されていないのが実情である。薬剤耐性に関わるP-糖タンパク質の発現には、同じ抗がん剤を処置しても、発現の時期と量に違いがあることを見つけた。そこで、P-糖タンパク質の発現には、速さと量を規定する因子の存在が考えられることから、これら因子を生化学的手法や免疫学的手法を用いて同定し、そのメカニズムを解明し、臨床応用に繋げられるよう研究を行っている。
 
3)抗がん剤による細胞内シグナル伝達機構の解明:抗がん剤の作用機序において、アポトーシス(プログラム細胞死)やオートファジー(自食作用)などの発現に伴い、細胞内のシグナル伝達が関与するため、抗がん剤や細胞毒性誘発化合物による細胞内シグナル伝達機構の影響に着目し研究している。
 
4)新しい心筋保護薬の開発:心疾患による死亡率を減少させ、患者の予後を改善するには、心筋梗塞などにおける心筋細胞死を効果的に抑制する治療薬が必要である。また、抗がん薬による心毒性を軽減する薬物も、がん治療にとって極めて重要である。こうした臨床上の問題を踏まえ、動物個体や摘出灌流心臓、培養心筋細胞を用いて、有効性・安全性の高い心筋保護薬の開発に取り組んでいる。

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ