研究室案内

センター・総合科目系

実験動物センター

安藤 隆一郎 教授

STAFF

  • 小島 修樹 主任

[研究テーマ]

動物の痛みモデルおよび脳活動に関連した各種生体信号の時系列分析による不快感尺度の開発

[研究概要]

「痛み」は痛いという感覚と不快感を引き起こすことをわたしたちは経験的に知っています。このことから「痛み」は、生体にとって有害な感覚であり、身の危険を教えてくれるシグナルとして他のすべての感覚より最優先される重要な感覚でもあります。わたしたちはラットを用いて痛み感覚と不快感の尺度、すなわち“質”と“量”を運動系反射や脳の活動とつよくリンクしている心電図、血圧などの生体信号を計測ならびに分析できるシステムを研究しています。現在この方法の一部を用いて、くすりが起こす副作用の「痛み」をあらかじめ調べることができるようになっています。また、当センターの最適な生物学的環境維持のための研究も管理業務と併行して実施しています。

[発表論文(2000~)]

2000
Characterization of p-chloroamphetamine-induced penile erection and ejaculation in anesthetized rats. A. Yonezawa, C. Watanabe, R. Ando, S. Furuta, S. Sakurada, H. Yoshimura, T. Iwanaga, Y. Kimura. Life Sci., 67(5), 3031-3039
 
2001
Involvement of spinal NK2 and NMDA receptors in aversive behavior induced by intra-arterial injection of capsaicin. R. Ando, C. Watanabe, S. Kawamura, A. Yonezawa, T. Sakurada, Pharmacol. Biochem. Behav., 68(1), 105-113
 
Alpha 2-adrenoceptor antagonists: effects on ejaculation, penile erection and pelvic thrusting behavior in dogs. A. Yonezawa, R. Ando, C. Watanabe, S. Furuta, M. Kutsuwa, S. Sakurada, Y. Kimura, Pharmacol. Biochem. Behav., 70(1), 141-147
 
高用量モルヒネをラット脊髄クモ膜下腔内へ投与した際のVocalization反応について 渡辺千寿子、櫻田司、安藤隆一郎、櫻田忍, 東北薬科大学研究誌48, 149-154
 
2003
Evidence that nitric oxide-glutamate cascade modulates spinal antinociceptive effect of morphine: a behavioural and microdialysis study in rats. C. Watanabe, K. Okuda, C. Sakurada, R. Ando, T. Sakurada, S. Sakurada, Brain Res., 990(1), 77-86
 
The role of spinal nitric oxide and glutamate in nociceptive behaviour evoked by high-dose intrathecal morphine in rats. C. Watanabe, T.Sakurada, K.Okuda, C. Sakurada, R. Ando, S.Sakurada, Pain, 106(3), 269-283
 
2004
Differential effects of yohimbine, naloxone and 8-OH-DPAT on ejaculatory response in male dogs. Yonezawa A, Ando R, Imai M, Watanabe C, Furuta S, Kutsuwa M, Kimura Y, Sakurada S. Methods. Find. Exp. Clin. Pharmacol., 26(1), 47-51
 
An assessment of vascular pain using the flexor reflex in anesthetized rats. Ando R, Yonezawa A, Watanabe C, Kawamura S. Methods. Find. Exp. Clin. Pharmacol., 26(2), 109-115
 
2005
Characteristics of propofol-evoked vascular pain in anaesthetized rats. Ando R, Watanabe C. Br. J. Anaesth., 95(3), 284-292
 
2006
ラット血管痛モデルにおける循環器パラメーター変動のパワースペクトル解析. 安藤隆一郎, 渡辺千寿子, 小島修樹 東北薬科大学研究誌53, 117-124
 
2010
総説:痛みの動物モデル -血管痛モデルについて-. 安藤隆一郎, 東北薬科大学研究誌 57, 33-40

一覧へ戻る

▲ ページTOPへ