アーカイブ

【イベント】

オープンキャンパス2019開催日決定のお知らせ

2019年開催のオープンキャンパスの日程が決まりました。
詳しいプログラムは後日あらためて掲載しますので、まずは開催日時をご確認ください!
皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

 

〈第1回 オープンキャンパス〉

「本学進学により開かれる未来をのぞいてみませんか」

開催日時:2019年6月16日(日) 13:00~16:00(受付開始 12:45)
場所:東北医科薬科大学小松島キャンパス

 

〈第2回 オープンキャンパス〉

「本学の学生生活を体験してみよう」

開催日時:2019年8月3日(土)・4日(日) 10:00~16:00(受付開始 9:30)
場所:東北医科薬科大学小松島キャンパス
※午後からは無料シャトルバスにて、医学部福室キャンパスツアーを予定しています

 

オープンキャンパス2018の様子はこちら

http://www.tohoku-mpu.ac.jp/opencampus2018/

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3%e6%a8%a1%e6%93%ac%e6%8e%88%e6%a5%ad

 

 

平成31年度入学宣誓式を挙行しました

平成31年4月3日(水)、仙台市泉区イズミティ21に於いて、「平成31年度東北医科薬科大学入学宣誓式」が執り行われ、薬学部、医学部と大学院合わせて433名の新入生が学生生活をスタートさせました。

 

高柳理事長・学長による告辞では、「近年、科学技術は驚くべき速さで進歩しており、特にAI(人工知能)の進歩により、医療の世界も今後大きな変革を遂げる可能性がある。しかしながら、人々が医学、薬学に関心や期待を寄せていることに変わりはなく、それを学ぶ皆さんが社会で活躍する範囲は今後益々広がっていくに違いない。私ども全教職員は、入学された皆さんの志、所期の目的を達成できるよう、将来の医療環境を展望しつつ、一丸となって努力していく所存である。
また本学小松島キャンパス内には『瞑想の松』という樹齢約650年の松がある。この銘木は、明治の文豪:高山樗牛(たかやま ちょぎゅう)と本学校歌の作詞家:土井晩翠(どい ばんすい)らの友情の証として知られ、“信頼できる友、尊敬する師を得よ”というメッセージを伝えるものでもある。今日、ここにいる新入生の皆さんは、かけがえのない青春時代を本学で過ごすことになるが、勉学に励むことはもちろん、『瞑想の松』が伝えるように、校友との友情をぜひ育んでいただきたい。」とメッセージを送り、引き続き新入生代表の山方里紗さんが「学則を堅くまもり、人格の陶冶につとめ学業に専心する。」と誓いました。
最後に、土井晩翠作詞による校歌紹介が行われ、会場に集まった新入生と保護者の皆さんは曲に聴き入り、式は滞りなく終了しました。

 

なお、東北医科薬科大学の新入学生は

薬学部 320名
医学部:100名
大学院:13名

合計433名となります。

 

教職員一同、心からご入学をお祝いするとともに、新入生のキャンパスライフを全力で支援してまいります。

 

入学宣誓式の様子は、東日本放送の夕方のニュースでも紹介されました。

東日本放送リンク
http://www.khb-tv.co.jp/news/localNews/201904031903023.html

 

dsc_0645

 

dsc_0668 dsc_0723

 

 

【同窓会】第33回東北医科薬科大学東京支部研修会のお知らせ

第33回東北医科薬科大学東京支部研修会のお知らせ

(薬剤師研修センターより2単位の受講シールが取得できます)

◎この研修会は他の薬科大学卒業の方にも開放しています。お気軽にご参加ください。
日時  :平成31年 6月 9日(日)午後1:50~5:00 1:30より受付
場所  : 「TKP東京駅丸の内会議室」で検索してください。 
      東京都千代田区丸の内3-1-1(有楽町駅から3分)
       帝国劇場地下1階 3号室(ナチュラルローソンの隣)
       (出光美術館入口の地下1階です)
受講料 :2,000円(同窓会)   3,000円(他薬科大学卒)
         ◎薬学生は無料です
定員  : 50名 (定員に達し次第、締め切になります)

●研修会に参加される方は下記アドレスまたはFAXにてお申し込みください。
akio_k@nihondo.co.jp FAX 03-3446-2480
当日研修会資料をお渡しますので必ず事前にお申し込みをしてください。
参加する方は①お名前 ②大学名 ③卒業年度をお書きください。


研修内容
① 「薬剤師に求められる薬膳の知識」      1:50~3:20
  講師 劉梅(リュウ・メイ) 黒龍江中医大学卒
ハルピン医科大学にて内科医として勤務後、薬日本堂にて漢方相談を長く経験。
その後、漢方スクールのカリスマ専任講師として活躍。
貴重な講義です。身近な薬膳について説明いたします。質問時間を多くとります。                      
② 「特別養護老人ホームと薬剤師との関わりについて」
  講師 小山 隆     昭和48年東京医科歯科大学卒
                こやま整形外科院長      
  講師 小山 直子    昭和47年卒  3:30~5:00
       社会福祉法人 厚志会 理事長
  講師 森山 和也    平成23年新潟薬科大学卒
薬剤師として在宅に関わりながら平成11年に社会福祉法人を創立し現在に至る。
その経験からこれからの薬剤師に求められる老健施設との関わりや病院やクリニックとの連携について説明いたします。今回は整形外科クリニック院長であるご主人にも参加いただき、医師から見た医療連携についてもお話しいただきます。
これからの高齢化に伴う介護医療現場の最新情報を取り上げます。

東北医科薬科大学同窓会東京支部
支部長  渡邊 善照    昭和48年卒
事務局長 鈴木 養平    平成 3年卒

5月25日土曜日に「附属薬用植物園見学会」を開催いたします

平成31年度東北医科薬科大学附属薬用植物園見学会のお知らせ
以下の日程で今年度も二回、東北医科薬科大学附属薬用植物園見学会を開催します。
どなたでもご参加いただけます(要予約)。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

・5月25日土曜日午前10時から12時まで
・9月7日土曜日午前10時から12時まで
問合先 022-727-0086

 

カラスビシャク

カラスビシャク


 

関連リンク

附属薬用植物園

3月2日に第36回 東北医科薬科大学生涯教育講演会を開催します

【同窓会】第28回札幌支部瞑想松学術研究会開催のお知らせ

第28回瞑想松学術研究会開催のご案内

謹啓 時下、先生におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、下記要領にて「第 28 回瞑想松学術研究会」を開催させて頂く運びとなりました。
ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
                                     謹白

日 時:平成31年3月6日(水)午後6時30分より
場 所:札幌国際ビル貸会議室
    札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階 TEL 011-241-9020
講 師:高橋 和也 先生 札幌医大薬剤部(母校平成16年卒)

本学主催 公開講座「高血圧と降圧薬を考える」が平成30年12月8日(土)に行われました。

 大学の持つ専門的な知識を解放し、地域の多くの皆さまにわかりやすく学習して頂くことを目的として12月8日(土)に小松島キャンパスにおいて平成30年度公開講座を開催いたしました。

 今年は、薬学部 臨床薬剤学実習センターの小嶋文良教授が講師となり「高血圧と降圧薬を考える」について、講演を行いました。

 高血圧は日本で最も患者が多いと言われており、なぜ年齢とともに血圧が上がってくるのか、高血圧とはどのような状態なのか、体が何を訴えているか、そのままにしておいた時にどのような危険性があるかについて解説がありました。また、脳卒中や心臓の血管障害といった危険性だけでなく、腎臓にも負担がかかると言われていることについて紹介がありました。さらに、血圧を下げる降圧薬はどのように働くのか、なぜ血圧が下がるのか、どうして複数の降圧薬が必要な場合があるのかについて説明がありました。
 参加者の皆さまは、熱心に聴講され、盛会裏に終了しました。

 

「平成30年度実験動物供養祭」が執り行われました

 平成30年12月6日(木)16時から本学講義棟603講義室において「平成30年度実験動物供養祭」が執り行われました。
供養祭には教職員をはじめ、大学院生、学部生など多くの人が参列し、僧侶による読経が行われた後、参列者全員で黙とうを行い、尊い命を捧げた実験動物の御霊を供養し、感謝の念を捧げるとともに冥福を祈りました。最後に実験動物センター長の川村教授から挨拶があり、動物実験により学業を研鑽する者として、真摯に教育・研究に取り組むよう呼びかけ、閉会となりました。

東北労災病院で吹奏楽部演奏会を開催しました

12月4日(火)東北労災病院に入院されている患者さんを対象に、クリスマスコンサートを開催しました。

これは、本学吹奏楽部1年生と2年生を中心とした部員19名によるもので、毎年この時期に一足早くクリスマスの雰囲気を味わって頂くために行っています。今年で12年目となります。

16時45分に院長先生から「音楽は病気に立ち向かう力を与えてくれる」というご挨拶があり、学生の司会で演奏会が始まりました。曲目はジングルベル、冬の演歌コレクション、水戸黄門のテーマ、アイデア(NHKの朝ドラ「半分青い」のタイトル曲)、そりすべり、スタジオジブリのアニメの音楽などです。患者さんには手作りのマラカスを配り、音楽に合わせて振ることで一緒に参加して頂きました。水戸黄門のテーマでは歌詞も配布し、学生とともに患者さんも一緒に歌ってくださいました。

アンコールの声も頂き、約1時間のコンサートを終了しました。患者さんからは「楽しい時間をありがとうございました」と声を掛けて頂きました。演奏会の開催にお力添え頂きました病院職員の皆様にお礼申し上げます。

 

本学主催 公開講座「高血圧と降圧薬を考える。」を平成30年12月8日(土)に開催いたします。

平成30年度 東北医科薬科大学主催 公開講座開催のご案内

多くの皆様にわかりやすく学習して頂くよう下記のとおり公開講座を開催いたします。 ご興味がございましたら是非受講して頂きたくご案内いたします。

「高血圧と降圧薬を考える」

高血圧は日本で最も患者が多いと言われています。なぜ年齢とともに血圧が上がってくるのか、高血圧とはどのような状態なのか、体が何を訴えているか、そのままにしておいた時にどのような危険性があるかを考えてみましょう。脳卒中や心臓の血管障害といった危険性だけでなく、最近では腎臓にも負担がかかると言われています。また、血圧を下げる降圧薬はどのように働くのか、なぜ血圧が下がるのか、どうして複数の降圧薬が必要な場合があるのかも考えてみましょう。
 
東北医科薬科大学
薬学部 臨床薬剤学実習センター
教授 小 嶋 文 良

 

詳細

【日時】 平成30年12月8日(土) 13時00分~14時00分
【会場】 東北医科薬科大学 小松島キャンパス
     〒981-8558  仙台市青葉区小松島4-4-1

【受講料】無料

 

申込

事前の申し込みが必要です。
平成30年11月30日(金)までにお申し込みください。
 
【申込方法】郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入して、郵便はがき、FAX、E-mailでお申し込みください。
※申込み多数の場合先着順となります。
 
【申込・問合せ先】
〒981-8558
仙台市青葉区小松島4-4-1
東北医科薬科大学 庶務課
TEL 022-234-4181
FAX 022-275-2013
E-mail: shomuka@tohoku-mpu.ac.jp
 

案内ポスター

h30koukaikouza_posuta

ページトップへ