【イベント】

平成30年度の進学相談会のスケジュールが決定いたしました!

東北医科薬科大学は、今年も各地の進学相談会に参加します。

進学相談会では、担当者が個別に入試相談を実施しています。

ぜひこの機会に最寄りの会場へご来場ください。

 

なお、詳細は下記、進学相談会ページ
http://www.tohoku-mpu.ac.jp/admission/guidance/

をご参照ください。

 

平成30年度入学宣誓式を挙行しました

   4月4日(水)、仙台市泉区イズミティ21に於いて、平成30年度東北医科薬科大学入学宣誓式が執り行われ、薬学部、医学部と大学院合わせて453名の新入生が学生生活をスタートさせました。

 

   高柳理事長・学長による告辞では、「難関を突破され、晴れて本学に入学された皆さんを心から歓迎する。本学小松島キャンパス内には『瞑想の松』という樹齢約650年の松がある。この銘木は、明治の文豪:高山樗牛(たかやま ちょぎゅう)と本学校歌の作詞家:土井晩翠(どい ばんすい)らの友情の証として知られ、“信頼できる友、尊敬する師を得よ”というメッセージを伝えるものでもある。今日、ここにいる新入生の皆さんは、かけがえのない青春時代を本学で過ごすことになるが、勉学に励むことはもちろん、『瞑想の松』が伝えるように、校友との友情をぜひ育んでいただきたい」とメッセージを送り、引き続き新入生代表の羽根田美優さんが「学則を堅くまもり、人格の陶冶につとめ学業に専心する」と誓いました。

   最後に、土井晩翠作詞による校歌紹介が行われ、会場に集まった新入生と保護者のみなさんは曲に聴き入り、式は滞りなく終了しました。

 

  なお、東北医科薬科大学の新入学生は

      薬学部 薬学科:314名 生命薬科学科:24名

      医学部:100名

      大学院:15名

      合計453名となります。

 

  教職員一同、心からご入学をお祝いするとともに、新入生のキャンパスライフを全力で支援してまいります。

東北文化学園大学の「専門職連携セミナー2017」に薬学部生が参加します

 東北文化学園大学で行われる「専門職連携セミナー2017」に本学薬学部生(4年生)が参加します。患者さんを中心としたよりよい地域医療を行うためには、他職種への理解と協働が不可欠です。今週月曜日からほぼ1週間、薬学部生を含めた医療・福祉系学部の学生達がグループを作り、協力して模擬ケース(症例)に取り組みます。大学・学部を超えて交流し、学びを共有することで、学生達は自身の専門性を自覚し、「チーム医療」の意義を習得することができます。
 写真は、初日に行われたグループ別オリエンテーションの様子です。薬学生もすっかり打ち解けて、明日からのグループワークが大変楽しみです。
 
seminar

2月24日に第34回 東北医科薬科大学生涯教育講演会を開催します

附属病院でクリスマスコンサートが開催されました

12月9日(土)に東北医科薬科大学病院において、本学の吹奏楽部によるクリスマスコンサートが開催されました。吹奏楽部による病院でのコンサートは今年で3年目であり、1年から3年までの部員31名により、「ジングルベル」、「水戸黄門のテーマ」、「学園天国」、「津軽海峡・冬景色」などが演奏されました。多くの患者さんとそのご家族が来場され、曲の間には水戸黄門の演出が入り、患者さんたちは学生の芝居にも声を出して喜んでくれていました。演奏会前に予め手作りのマラカスを患者さんに配っておくことで、音楽に合わせて一緒にリズムを取って参加してもらいました。アンコール曲は「365歩のマーチ」で、学生たちが曲の合間で何回も「ワン、ツウ、ワン、ツウ」と手を振りながら声を出し、聴衆を巻き込みながら笑顔で元気よく演奏してくれました。親しみやすい曲目が多く、患者さんたちも楽しいひと時を過ごすことができたようでした。

本学主催 公開講座「肺がんの最新治療」が平成29年12月9日(土)に行われました

本学主催 公開講座「肺がんの最新治療」が平成29年12月9日(土)に行われました。
 
 大学の持つ専門的な知識を解放し、地域の多くの皆様にわかりやすく学習して頂くことを目的として12月9日(土)に小松島キャンパスにおいて平成29年度公開講座を開催いたしました。
 今年は、医学部 外科学第二(呼吸器外科)教室の田畑俊治教授(東北医科薬科大学病院 副院長)が講師となり「肺がんの最新治療」について、講演を行いました。
 日本人の2人に1人が、がんを経験する時代です。特に我が国においては、肺がん死亡率が男性は第1位、女性は第2位であり、今後20年後まで増え続けると言われております。肺がんに対する外科治療、放射線治療、薬物治療について、それぞれの最新情報とそれらの長所と短所ついてわかりやすく解説し、また、がん治療に携わってきた25年間を振り返り、その前半と後半で治療法が劇的に変化してきた経緯について具体的な事例を紹介しながら行われました。
 
 参加した大勢の皆様は熱心に聴講されておられました。
 

本学主催 公開講座「肺がんの最新治療」を平成29年12月9日(土)に開催いたします


平成29年度 公開講座開催のご案内

 

 専門的な知識を解放し地域の多くの皆様にわかりやすく学習して頂くよう下記のとおり公開講座を開催いたします。ご興味がございましたら是非受講して頂きたくご案内いたします。


「肺がんの最新治療」

 

 日本人の2人に1人が、がんを経験する時代です。特に肺がん死亡率では男性は第1位、女性は第2位であり、今後20年後まで増え続けます。
 肺がんに対する外科治療、放射線治療、薬物治療について、それぞれの最新情報とそれらの功罪についてわかりやすく解説します。また、がん治療に携わってきた25年間を振り返って、その前半と後半でどのように治療法が劇的に変化してきたのかについて具体的な患者さんの経過を紹介しながらお話しします。

 

医学部 外科学第二(呼吸器外科)教室
教授 田 畑 俊 治
(東北医科薬科大学病院 副院長)

 

河北新聞11/19朝刊掲載広告  案内ポスター

 

日  時  平成29年12月9日(土) 13時30分~15時(終了予定)

会  場  東北医科薬科大学 小松島キャンパス
      〒981-8558  仙台市青葉区小松島4-4-1

受 講 料  無 料

申し込み  平成29年11月30日(木)までにお申し込みください。

【申込方法】住所・氏名・電話番号を記入し、郵便はがき、
      FAX、E-mailでお申し込みください。
      ※申込み多数の場合先着順となります。

【申込・問合せ先】
      〒981-8558
      仙台市青葉区小松島4-4-1
      東北医科薬科大学 管理課
      TEL 022-234-4181
      FAX 022-275-2013
      E-mail: shomuka@tohoku-mpu.ac.jp

NHK大学セミナーが行われました

11月4日(土)本学小松島キャンパスにおいて、NHK仙台放送局との共催によるNHK大学セミナーを開催しました。講師に、患者の病と徹底的に付き合い、患者とその家族の人生に寄り添い続けてきた、在宅ホスピス医・川越厚氏をお招きし、「患者とその家族を支援する医療」をテーマにご講演いただきました。当日は、学生195名、教職員50名、計245名が参加し、先生のプロフェッショナルとしての経験豊かな興味深い話に出席者全員が引き込まれました。講演後は学生から活発な質問がなされ、とても有意義なセミナーとなりました。

11月10日に箱守仙一郎糖鎖科学シンポジウムを開催いたします

 米国ワシントン大学名誉教授の箱守仙一郎博士は、本学分子生体膜研究所の顧問を長年務められております。この度、箱守先生が88歳を迎えられたことを記念して箱守仙一郎糖鎖科学シンポジウムを11月10日(金)13時30分より、本学70周年記念講堂で開催いたします。このシンポジウムには、添付のポスターにありますように、箱守先生のご指導を仰いだ多くの国内外の研究者が一同に会します。
 多くの皆様のご参加をお願いします。入場無料です。

 

本学分子生体膜研究所のご案内:http://www.tohoku-mpu.ac.jp/about/a13/

 

シンポジウムポスター

平成29年度大学祭 終了しました

 10月8日(日)、9日(月・祝)の2日間、小松島キャンパスにおいて「才能開花」のテーマのもと、大学祭を開催しました。
 メインステージでは、吹奏楽部や軽音楽部、ダンス部によるパフォーマンスに加え、部活動対抗戦やミス・ミスターコンテストなどが開催され、大いに盛り上がりました。
また、学術部各部による研究発表や、文化部各部による展示・発表も各所で行われ、日頃の活動の成果が披露されました。
 模擬店では伝統の「薬大鍋」を始め、多彩なメニューが並び、医薬大らしい、活気に溢れる大学祭となりました。
 
 2日間、多くの皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
 来年度のご来場もお待ちしております。
 
🌸平成29年度大学祭テーマ「才能開花」🌸
医学部が設立して2年目、去年よりももっと楽しく、新しい大学祭の様を表しています。
また、これからも本学が発展し、学生自らが学業やスポーツなどに励むことで、自分の中に秘められた才能・力を発揮して欲しいという願いが込められています。

▲ ページTOPへ