アーカイブ

【お知らせ】

11月2日に第38回 東北医科薬科大学生涯教育講演会を開催します

10/13(日)、14(月・祝)に大学祭を開催します

10/13(日)、14(月・祝)に本学小松島キャンパスで大学祭を開催します。
どなたでも参加出来ますので、皆さまお誘いあわせの上、是非お越し下さい。

 

場所

東北医科薬科大学 小松島キャンパス

日時・内容

10月13日(日)   9:45~

■ステージ企画
09:45~10:00 開会式
10:15 ~11:45 吹奏楽部演奏会
12:30 ~14:00 部活動対抗戦
14:15 ~15:45 THE BEST COMBI
16:00 ~18:00 ダンス部発表 吹奏楽部 演奏

■学生ホールスタジオ
軽音Live

 ■市民の薬と健康相談会
 
・測定会
  体組成、血液年齢、骨密度、ストレスチェック
 ・お薬相談会
  詳しくはこちらをご覧ください。
この他、ホームカミングデイも同日開催されます。

10月14日(月・祝) 10:00~

■ステージ企画
10:00~13:00 軽音Live
13:45~14:30 アンサンブル部演奏会
14:45~17:00 ゲーム大会
17:30~19:30 ビンゴ大会&閉会式

■学生ホールスタジオ
アンサンブル部演奏会

 

 

 

 

 

 

【 学術発表・展示等 】
・有機化学部   講義棟2F  ・明朋部茶道班  中央棟1Fロビー
・衛生化学部   講義棟3F  ・明朋部華道班  中央棟2Fロビー
・薬用植物部   講義棟4F  ・手話部     2A(13日)、カフェテリア(14日)
・薬物部     講義棟5F  ・合唱団     2B
・医科学研究会  講義棟6F  ・美術部     2C
・環境科学部   自習室3  ・映画研究部   3A
・写真部     レストラン ・ワンダーフォーゲル部 3C
・現代文化研究会 売店前(学生ホール1階)

【 模擬店等 】
・薬用植物部  ・衛生化学部  ・薬物部    ・有機化学部  ・軽音楽部
・手話部    ・写真部    ・明朋部茶道班
・1年1組   ・1年4組    ・1年6組   ・大学祭OB・OG

 

%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%80190909%e5%8f%97%e9%a0%983

 

東北医科薬科大学病院にてサマーコンサート開催!

720日土曜日 午後2時から、東北医科薬科大学病院 環境改善委員会の準備の元、東北医科薬科大病院1階ホールにて、東北医科薬科大学医学部の学生と指導教員によるサマーコンサートが開催されました。「明日があるさ」、「上を向いて歩こう」などの坂本九メドレーを中心に、「川の流れのように」、「アベマリア」などの御馴染みの曲目で構成されました。入院患者さんやその御家族・関係の方々を中心に、多数の聴衆に集まって頂きました。そして、会場は和やかな雰囲気に包まれ、終了後は、自然とアンコールの御声援が起こるなど、盛会のうちに終了しました。次回は、1221日土曜日 午後1時からクリスマスコンサートを予定しておりますので、皆さまご参加の程、お願い申し上げます。

 

img_2019

 

薬学教育センターのページをリニューアルしました、是非ご覧ください!

学生による社会・地域貢献ページを公開しました、是非ご覧ください!

分子生体膜研究所のページをリニューアルしました!

「令和2年度 学生募集要項(薬学部・医学部)」および「インターネット出願の手引き」等を掲載しました

「令和2年度 学生募集要項 (薬学部・医学部)」は、こちらのページをご覧ください。

「インターネット出願の手引き」は、こちらのページをご覧ください。

8/3(土)・4(日) オープンキャンパスの予告プログラムを追加掲載しました

2019%e5%b9%b4%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc2-2

 

〈第2回 オープンキャンパス〉

※盛況のうちに終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

 

「本学の学生生活を体験してみよう」

開催日時:2019年8月3日(土)・4日(日) 10:00~15:00(受付開始 9:30)
場所:東北医科薬科大学小松島キャンパス

プログラム 

タイムスケジュール

 

 

〈第1回 オープンキャンパス〉

※盛況のうちに終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

 

「本学進学により開かれる未来をのぞいてみませんか」

開催日時:2019年6月16日(日) 13:00~16:00(受付開始 12:45)
場所:東北医科薬科大学小松島キャンパス
詳細プログラム

 

2019年度 第1回、第2回オープンキャンパスの様子をFacebook公式アカウントで紹介しました。

https://www.facebook.com/tohoku.mpu/

 

オープンキャンパス2018の様子はこちら。

http://www.tohoku-mpu.ac.jp/opencampus2018/

 

%e5%a4%96%e8%a6%b3%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3%e6%a8%a1%e6%93%ac%e6%8e%88%e6%a5%ad

 

 

教養教育センターのページを公開しました、是非ご覧ください!

令和元年 第1回分子生体膜研究所セミナー開催のお知らせ

分子生体膜研究所では、来る7月19日(金)に第1回分子生体膜研究所セミナーを開催いたします。
皆さま奮ってご参加ください。

 

詳細

日時:7月19日(金)16:00-17:00;
場所:中央棟2F 20講義室
講師:孔 徳新 (Kong, Dexin) 教授 (天津医科大学・薬学部)
演題:Targeting PI3K/Akt pathway for cancer therapy
抄録:Phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)/Akt pathway is frequently activated in human cancers. Class I PI3Ks are lipid kinases that phosphorylate phosphatidylinositol 4, 5-bisphosphate (PIP2) at the 3-OH of the inositol ring to generate phosphatidylinositol 3, 4, 5-trisphosphate (PIP3), which in turn activates Akt and the downstream effectors like mammalian target of rapamycin (mTOR) to play key roles in carcinogenesis. Since frequent overactivation of the upstream RTK (receptor tyrosine kinase), gain-of-function mutations of PI3Ks and loss-of-function mutations of PTEN are found in human cancers, inhibitors targeting PI3K/Akt pathway have been expected as promising anticancer drug candidates. Some PI3K inhibitors like Idelalisib and mTOR inhibitors like Everolimus have been approved, many more inhibitors targeting this pathway are in clinical trials. ZSTK474 is a pan class I PI3K inhibitor we identified. Favorable in vitro and in vivo antitumor efficacy of ZSTK474 led to its proceeding to clinical trial. Stellettin B (STELB) is a triterpene we isolated from marine sponge. Potent antiproliferative activities of STELB were shown on various tumor cell lines while no obvious cytotoxicity was indicated on several normal cell lines. Inhibition of PI3K/Akt pathway by STELB was demonstrated. Potent in vitro and in vivo anti-glioblastoma actitivities of STELB alone or in combination with Temozolomide were shown. In this presentation, the discovery of ZSTK474 and STELB as well as their pharmacological study will be reported after a brief introduction of PI3K/Akt pathway.
略歴:孔教授は、2005年大阪大学薬学部博士課程修了、2005-2006年香港中文大学研究員、2006-2010年日本がん研究会研究員を経て、2011年—現在至る天津医科大学薬学部教授、2012年天津市特別招聘教授となっています。

 

PDFはこちら

seminar2019-7-2

ページトップへ