【お知らせ】

薬剤師国家試験についてのページを更新しました!

学生相談室だよりを掲載しました、ぜひご覧ください

台風24号の影響による10月1日(月)の講義等について

現在台風24号が東北地方に近づいておりますが、10月1日(月)の講義は薬学部(5年次PBL含)、医学部小松島キャンパス・福室キャンパス(試験含)とも通常通り実施いたします。
ただし、各自が利用する公共交通機関が台風の影響により遅れまたは運行していない場合には、遅延(運休)証明書等証明となるものを添え、後日欠席届とともに講義担当者に提出して下さい。この場合は公欠となります。
また、薬学部薬学科5年次実務実習についても公共交通機関等の乱れや暴風雨により施設に向かうのが難しい場合、各自で施設に連絡を入れて下さい。欠席の場合は公欠として取り扱います。

薬学部長
医学部長

北海道胆振地方で起きた地震において被災された方々へ(お見舞い)

この度の北海道胆振地方を震源とする地震により被災されたすべての方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだ、予断を許さない状況かと存じますので、今後の余震や二次災害にご注意いただき、身の安全を第一にお努めください。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

                          東北医科薬科大学
理事長・学長 高柳 元明

大学案内等のデジタルパンフレットを公開しました、是非ご利用ください

平成30年度 「楽学プロジェクト」へ参加しました

 去る7月27日(金)午後、仙台市木町通市民センターにおいて、仙台市教育委員会による職業体験講座「楽学プロジェクト」が行われました。 この事業は、「自分づくり教育」の一環として、仙台市内の小中学生を対象に夏休みに様々な職業の講師から話を聞き、将来の職業について考える機会を提供するものです。
 当日は「薬剤師の仕事」の講座に22名の生徒が参加し、東北医科薬科大学病院薬剤部の渡邊善照薬剤部長ほか2名の薬剤師の先生から、薬剤師の仕事(どのような仕事をしているのか、薬剤師になるためには、医療における薬剤師の役割など)についてお話ししました。また、講義だけで無く、簡単な実技を行いましたので、更に興味を引いたようです。
 なお、先生方には楽学プロジェクト委員会および仙台市教育委員会から感謝状が授与されました。

 

 
 

関連リンク

楽学(がくがく)プロジェクト

平成31年度の学生募集要項を公開いたしました

2018年版 医学部・薬学部 学生メッセージと座談会のページを公開しました!

2018年7月2日(月)日本経済新聞朝刊第15面に本学医学部についての記事が掲載されています。

2018年7月2日(月)の日本経済新聞朝刊15面(医療・健康)に、本学医学部についての記事が掲載されました!
新設医学部の特集が組まれ、本学の紹介では、東北地方の医師不足と修学資金制度について、
及び地域医療教育についてフォーカスされています、是非ご覧ください。

 

記事の一部はこちらからご覧いただくことができます。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32415730Z20C18A6TCC000/

 

【取材当日の様子】

奨学生に対し高柳理事長から特別奨学金採用決定証を交付しました

6月28日(木)、今年度の特別奨学金採用証の交付式が行われました。
特別奨学金は、学業成績の向上と学業奨励を目的として、薬学部の特に成績が優秀な学生を対象として給付している本学独自の奨学金です。
今年度は117名が対象となり、各学年の代表者に対して高柳理事長・学長から採用証が手渡されました。その後、高柳理事長・学長より講話があり、「学業だけでなく様々な経験を積み、社会で活躍できる人間になってほしい」と学生にメッセージが送られました。

▲ ページTOPへ