大学院

大学院 薬科学専攻 博士課程前期課程 外国人留学生特別選抜試験 募集要項

募集人員 若干名
創薬科学コース 創薬化学、分子薬化学、医薬合成化学、天然物化学、 薬品物理化学、
※臨床分析化学、※薬理学、※環境衛生学、※生薬学、※医薬情報科学、※薬物動態学
以上 11 研究室 (※印は協力研究室)
生命科学コース 分子認識学、機能病態分子学、生体膜情報学、細胞制御学、 生化学、感染生体防御学、
※微生物学、※放射薬品学 ※機能形態学、※病態生理学
以上 10 研究室(※印は協力研究室)
出願資格 博士課程前期課程外国人特別選抜試験に出願できる者は、日本国籍を有しない者で次のいずれかに
該当する者
(1)外国の大学を卒業した者またはこれに準ずる者
(2)本学研究科において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
出願書類 (1)入学志願票(本学研究科所定の用紙)
(2)健康診断書
(3)誓約書(留学生署名)兼身元保証書(保証人署名)
(4)学部・大学院の卒業(見込)、修了(見込)証明書
(5)学部・大学院の成績証明書
   ※修士課程を修了している者は学部・大学院どちらも提出のこと
(6)日本語能力認定書もしくは財団法人日本国際教育支援協会が実施する
   日本語能力試験のうちの日本語試験の成績証明書
(7)住民票の写し(現に日本国内に在住している者)
(8)外務省在外公館又は外国政府が発行する留学資格証明書
(9)本学研究科が選考に必要と判断した書類(提出が必要な場合、出願者に別途指示する)
出願期間 平成30年1月15日(月)~ 平成30年1月19日(金)
試験日 平成30年1月30日(火)
合格発表日 平成30年2月7日(水)
入学手続締切日 平成30年2月23日(金)
試験場 東北医科薬科大学 小松島キャンパス(〒981-8558 仙台市青葉区小松島4-4-1)
選考方法 小論文(日本語または英語で解答)、薬学専門科目筆記試験および面接を総合判断する
(詳細は選考方法(日程)の通り)
受験料 35,000円
(出願書類提出時に納めること。なお、既納の検定料はいかなる事情があっても返付しない)

 

■出願手続

(1)志願者は前項の書類を取り揃え出願受付期間中に教務課へ提出のこと。
(2)出願関係書類を郵送する場合は、必ず書留郵便とし「願書在中」と朱書すること。

■選考方法(日程)

試験実施日 時 間 科 目
平成30年1月30日(火) 9:00 ~ 10:00 小論文(日本語または英語で解答)
10:30 ~ 12:00 専門科目 (出題数)

有機化学   2 問  生化学  2 問
物理化学   1 問  薬理学  2 問
天然物化学  1 問  衛生化学 1 問
分析化学   1 問
             計 10 問

志願者は10問中3問を解答すること。

13:00 ~  面接

■その他

(1)出願書類の請求は東北医科薬科大学教務課宛に返信用として140円分の切手を同封のうえ、申込むこと。
(2)出願書類を郵送する場合は受験票を本人宛に郵送するので、返信用として82円分の切手を同封すること。
(3)志願者は、希望研究室責任者と必ず事前に相談すること。
(4)志願票の志望教室記入欄は、第1、第2希望の研究室まで記入すること。
(5)出願資格(2)に該当する場合には入学資格審査を行うので、本学教務課に問い合わせのうえ、
   必要書類を平成29年12月8日(金)迄提出すること。
(6)募集要項の詳細については東北医科薬科大学教務課まで問い合わせること。

デジタルパンフレット

  • 大学案内

    大学案内

  • 【薬学部】薬学部的未来探し

    【薬学部】薬学部的未来探し

  • 【医学部】修学資金制度

    【医学部】修学資金制度

資料請求について

東北医科薬科大学のパンフレットや入試関連の資料をご希望の場合は資料請求フォームにご記入いただきお申し込みください。大学案内等の資料はお申し込みから約3日程で届きます。(無料)

資料請求フォーム テレメール

進学相談会

進学相談会では、担当者が個別に入試相談を実施しています。
入試のことはもちろんキャンパスライフなど、皆さんの疑問・質問に答えます。

インターネット出願

【薬学部】の一般入試、センター試験利用入試及び、
【医学部】の一般入試において、インターネットを利用した出願となります。

問い合わせ先

東北医科薬科大学 入試課
TEL:022-234-4181(代)、FAX:022-234-1785

平日 9:00~17:00(土日及び祝祭日、年末年始を除く)

▲ ページTOPへ