大学院

平成30年度 薬科学専攻 博士課程後期課程の主な研究テーマ

〔研究室名〕教授名 研究テーマ
創薬科学コ|ス 〔創薬化学〕
教授 遠藤 泰之
・医薬への応用を目指した核内受容体制御分子の設計と合成研究
・球状分子の電子的性質と形状を利用した立体分子構築、機能性分子合成研究
・分子認識研究と可視化プローブ設計への応用
・不斉合成法の開発と医薬合成への応用
・化合物ライブラリーの構築と医薬シード化合物の発見
〔分子薬化学〕
教授 吉村 祐一
・新規代謝拮抗剤や核酸医薬構成素子の開発を目指したヌクレオシド誘導体の
デザインと合成
・新規有機分子触媒の開発研究
・有機金属錯体を用いた新規有機化学反応の開発とその応用研究
・立体選択的イミノ糖誘導体の合成とその生物活性評価
〔医薬合成化学〕
教授 吉村 祐一(兼任)
・創薬を指向した生物活性天然物の全合成
・生物活性物質の合成を目指した新反応の開発およびその反応
・新しい分子標的(難治性疾患など)に対する制御物質の設計・合成・活性評価・最適化に関する研究(医薬品候補化合物の開発)
・優れた医薬品(あるいは開発候補化合物)の探索を可能にする革新的な合成法や分子変換法の開発研究
・薬品開発候補化合物の工業的な合成法の開発研究(プロセス開発研究)
〔天然物化学〕
教授 内田 龍児
・創薬を目指した天然資源からの有用生物活性物質の探索
・天然生物活性物質を利用した生物現象・生命現象の解明
・希少天然資源の網羅的解析と天然化合物ライブラリーの構築
〔薬品物理化学〕
准教授 高橋 央宜
・タンパク質中における D- アミノ酸残基の生成と修復に関連する反応の計算化学的研究
生命科学コ|ス 〔分子認識学〕
教授 細野 雅祐
・レクザイム(リボヌクレアーゼ活性を有するシアル酸結合性レクチン)の癌細胞
増殖抑制機構の解析
・ラムノース結合性レクチンの細胞周期制御機構の解析
・レクチンと抗腫瘍薬の併用効果とそのメカニズムに関する研究
〔機能病態分子学〕
教授 井ノ口仁一
・生体膜マイクロドメインの構成原理と情報伝達機構の研究
・2型糖尿病のなどのメタボリックシンドロームにおけるガングリオシドの
関与と新規治療法(マイクロドメイン矯正療法)の開発についての研究
・スフィンゴ糖脂質合成酵素の発現・活性制御機構の研究
・免疫機能におけるスフィンゴ糖脂質の機能研究
・聴覚におけるガングリオシドの機能研究
〔生体膜情報学〕
教授 東  秀好
・GPCR 分子間相互作用と受容体機能
・GPCR 機能の糖鎖による制御
・エネルギー貯蔵シグナルを発する GPCR の機能
〔細胞制御学〕
教授 顧  建国
・細胞接着・細胞間コミュニケーションにおける糖鎖の役割
・がん転移・浸潤に関わる糖タンパク質受容体の糖鎖機能
・糖鎖と疾患への関わり(脳神経異常、肝がん、肝再生など)
・がん細胞の糖鎖とその機能

〔生化学〕
教授 関  政幸
・ヒストンから迫る真核細胞の DNA 介在反応の研究
・真核細胞の DNA 複製・修復・組換えの研究
・オピオイド関連ペプチドの構造・機能相関研究
・生体膜透過性キャリアーペプチドの研究
〔感染生体防御学〕
教授 柴田 信之
・真菌細胞壁多糖の抗原構造解析と生物活性
・真菌細胞壁多糖合成酵素の分子生物学的研究
・自然免疫に関与する分子のメカニズム解析
・小胞体ストレスが細胞壁構築に与える影響の解析

▲ ページTOPへ