【ニュース】

【プレスリリース】遺伝性感音難聴が発生する仕組みを発見-感音難聴原因遺伝子の内耳特異的発現制御メカニズムの解明-

【発表のポイント】
● 遺伝性感音難聴で変異がみつかった遺伝子が、正常な三半規管と蝸牛の形成に必須であることを
明らかにしました。
● 遺伝性感音難聴のモデルマウス樹立に成功しました。
 
【概要】
東北医科薬科大学医学部の森口 尚(もりぐち たかし)教授(医化学教室)、中村 保宏(なかむら やすひろ)教授(病理学教室)らの研究グループは、東北大学医学系研究科、ミシガン大学医学部との共同研究により、遺伝性感音難聴の発症の仕組みを明らかにしました。本研究の成果が感音難聴の病態理解や新しい治療法の開発に役立つことが期待されます。本研究成果は2018年8月20日付けで国際専門誌 Molecular and Cellular Biology誌(doi: 10.1128/MCB.00302-18)のオンライン版に掲載されました。本研究は、JSPS科研費(16H05147, 18H05041), 武田科学振興財団、小林がん学術振興会の助成を受けて行われました。
 
fig3

 

プレスリリース本文

 

■問い合わせ先■

(研究に関すること)
東北医科薬科大学 医学部
医化学教室 教授 森口 尚
TEL: 022-290-8850 (福室)
E-mail:moriguchi*tohoku-mpu.ac.jp
(*を@に置き換えてください)
(報道に関すること)
学校法人東北医科薬科大学 広報室
担当:皆原(みなはら)、関根(せきね)
TEL:022-727-0186(直通)
FAX:022-727-2383

本学剣道部の学生が、全日本薬学生剣道大会において男子個人優勝と男子団体で準優勝しました

8月19日に開催された、第37回全日本薬学生剣道大会(明治薬科大学)において、本学剣道部は男子個人戦で圡田貴明選手が優勝、男子団体戦(圡田貴明選手、田中杜和選手、鈴木拓人選手、前田有輝選手、大石陽平選手)で準優勝しました。

 

平成30年度東北地区大学準硬式野球野球春季リーグ(2部リーグ)において、最優秀新人賞を受賞しました

この度、平成30年度東北地区大学準硬式野球野球春季リーグ(2部リーグ)において髙橋佑真君(投手)が最優秀新人賞を受賞いたしました。

shinjinsho

【8/9 放送予定】NHKラジオ第一「マイあさラジオ東北」に医学部整形外科学の小澤浩司教授が出演します

8月9日(木)あさ7:40からNHKラジオ第1「マイあさラジオ東北」にて、医学部整形外科学の小澤浩司教授が出演します。テーマは「腰椎変性すべり症」です。ぜひお聞き下さい。
 
番組名:「マイあさラジオ東北」
放送日:8月9日(木)7:40〜
放送局:NHKラジオ第1(仙台)
 
番組の予定は変更になる場合がございます。
変更の場合、原則翌週の木曜日に放送予定日になります。
 
NHKラジオのWEBサイトらじる★らじるもご利用ください。

【プレスリリース】過食・肥満による糖尿病発症を抑制する方法を発見~糖脂質ガングリオシドが摂食シグナルを調節する~

東北医科薬科大学 分子生体膜研究所 機能病態分子学教室の井ノ口 仁一教授、稲森 啓一郎准教授らの研究グループは、東北大学大学院医学系研究科、日本ベーリンガーインゲルハイムとの共同研究により、過食・肥満モデルマウスから糖脂質ガングリオシドを無くすことで、肥満・糖尿病発症が抑制されることを発見しました(図1)。本研究の成果が新しい抗肥満薬や治療戦略の開発に役立つことが期待されます。
本研究成果は2018年6月7日付けで国際専門誌(Journal of Lipid Research誌 doi:10.1194/jlr.M085753)のオンライン版で掲載されました。
なお、本研究は、JSPS科研費 16H04767, 26440061,上原記念生命科学財団研究助成金,加藤記念バイオサイエンス振興財団研究助成,鈴木謙三記念医科学応用財団調査研究助成,ノバルティス研究奨励金の助成を受けて行われました。


図1.過食・肥満モデルマウスから糖脂質ガングリオシドを無くすことで、肥満・糖尿病発症を抑制

プレスリリース本文

 

■問い合わせ先■

(研究に関すること)
東北医科薬科大学 分子生体膜研究所
機能病態分子学教室 教授 井ノ口 仁一
TEL:022-234-4181(小松島)
E-mail:jin*tohoku-mpu.ac.jp
(*を@に置き換えてください)
(報道に関すること)
学校法人東北医科薬科大学 広報室
担当:皆原(みなはら)、関根(せきね)
TEL:022-727-0186(直通)
FAX:022-727-2383

本学陸上部の学生が第30回北日本医科学生陸上競技大会で入賞しました

平成30年6月9日(土)、10日(日)に北海道札幌市で行われた第30回北日本医科学生陸上競技大会において、本学の学生が入賞しました。
入賞した佐藤聖也選手(薬学部1年)。男子200メートル種目では第3位、男子100メートル種目では第4位でした。
 
ID11087_2

 

本学剣道部が北医体において第3位に入賞しました

第51回北日本医科歯科学生剣道大会新人戦(参加11大学・6月10日岩手県営武道館)において、本学剣道部は医学部薬学部混成チームで3年連続の第3位に入賞しました。
 
ID10992-2

東日本薬学生ソフトテニス春季大会が開催されました

平成30年5月26日~27日千葉県長生郡白子町で行われた東日本薬学生ソフトテニス春季大会の成績は以下のとおりです。
 
■団体戦
  男子:優 勝(小林慧,及川達也,安倍侑弥,岩崎佑大,藤田昂哉,長谷山聖恋)
  第3位(中川匠,丸和弘,菅野充玖,石堂聖,高橋優太朗,水沼俊輔)
  女子:準優勝(上野美玲,木村美穂,相庭芹菜,生駒由奈,大村美夏子,菅原里紗)
■個人戦
  男子:第2位(小林慧,安倍侑弥)
  女子:第3位(上野美玲,生駒由奈)
  女子:第4位(木村美穂,相庭芹菜)
 
20180611softtennis

 

第43回東北地区医科歯科学生スキー大会 成績

第43回東北地区医科歯科学生スキー大会(参加7大学・1月5日~7日青森スプリング・スキーリゾート)SL部門において、本学スキー部所属 医学科1年 中根幸太郎君が、出場人数61人中、優勝しました。

 

第43回東北地区医科歯科学生スキー大会

スキー部集合写真(2列目中央 中根幸太郎君)

【プレスリリース】長期腹膜透析の合併症である腹膜線維化を抑制する仕組みを発見(医学部内科学第三 森 建文 教授)


-線維化を制御する細胞内タンパク質 輸送機構の解明-

 

 東北医科薬科大学医学部の森 建文(もり たけふみ)教授(内科学第三(腎臓内分泌内科)教室)、矢花 郁子(やばな いくこ)助教、廣瀬 卓男(ひろせ たくお)研究員らの研究グループは、腹膜透析の合併症である腹膜線維化を抑制する仕組みを発見しました。本研究の新たな線維化機序の解明により腹膜透析線維化に対する治療法の開発も期待されます。
 本研究成果は2018年2月8日付けで英国科学誌(Scientific Reports誌 doi : 10.1038/s41598-018-20940-x)で掲載されました。

 

詳細はこちらから 

▲ ページTOPへ