大学案内

中央機器センター(小松島キャンパス・教育研究棟B1F)

本学の教育・研究を推進するために共同利用を目的として、最新の測定機器が設置されています。

オペレーターの管理・運営の下に、生命科学から創薬科学にわたる最先端の研究を支援しています。

生物系機器

ハイコンテントアナリシスシステム

細胞のイメージングから画像データの定量的解析、解析結果の提示まで一貫して行うことが可能です。接着細胞、三次元構造体をそのまま解析ができます。
薬剤の評価スクリーニング、作用機序解析、各種細胞の機能解析を行います。

超高感度等温滴定カロリメーター

一定温度下で滴定に伴う熱量変化を検出する装置で、主に分子間相互作用解析に用いられます。
分子同士が結合する時に発生する微小な熱量変化を計測し、相互作用様式、結合定数、エントロピー、エンタルピーなどを算出することができます。

フローサイトメーター

流路系、光学系、電気系の3つの系により構成され、細胞の散乱光と蛍光を検出します。
細胞の表面抗原、細胞内抗原、細胞機能等の解析に使用します。

透過型電子顕微鏡

観察対象に電子線をあて、それを透過して電子を拡大し、微生物や医薬品の結晶などの微細な物質内部の組織・構造の内部情報を観察します。

その他

自動細胞解析分離装置(FACSAriaII)、共焦点顕微鏡画像解析装置 等

化学系機器

飛行時間型質量分析装置(TOF-MS)

ターゲットプレート上に塗布した試料とマトリックスの混合物にレーザーを照射することによって脱離、イオン化させ質量を測定します。
タンパク質、ペプチド、糖質等の生体高分子の質量を測定することにより、同定、構造解析を行います。

     

超伝導核磁気共鳴装置(NMR)

均一磁場におかれた試料に共鳴周波数の電磁波を照射して、得られたシグナルにより化合物の同定や確認・分子構造・混合物の推定等を行います。

ページトップへ