建学の精神・教育理念 目指す大学像

創立以来、薬学教育・研究の先導的な役割を担って。
学都仙台に息づく、東北医科薬科大学の歴史と伝統、
そして新たなる使命。

東北医科薬科大学の建学の精神と沿革

本学は、昭和14年(1939年)東北・北海道地区唯一の薬学教育機関である東北薬学専門学校として創立され、ついで昭和24年(1949年)に東北薬科大学として開学した。
創立について特に誇りとするところは、国が廃止した薬学教育機関を、確固たる教育の理想のもと私学として民間の力で再興したことである。明治時代、政府は仙台に「仙台医学専門学校(東北大学医学部の前身)」を設立し医学科、薬学科を置いたが、大正6年(1917年)医学科だけを残し、薬学科を廃止した。以後約20年間、北日本には薬学教育機関が全く無くなり、この間、北日本の薬学の進歩、薬業界の発展は停滞するばかりであった。ことに薬学を志す者は、東京に出て学ばなければならず、経済的にも負担が大きく、その道に進むことが大変困難な時代が続いていた。そのような事態を憂い、また社会の熱い要請を受けて高柳義一先生をはじめとする民間の先覚者達の努力により、ついに昭和14年、東北薬学専門学校として創立された。
しかし、本学の歴史を顧みると、薬学専門学校の創立、そして大学の揺籃から発展へと至る道のりは決して平坦ではありませんでした。創立当時、長期化していた戦争はしだいに厳しさを加え、ひきつづいて第2次世界大戦、そして敗戦という有史以来の激動の時代となり、学生をはじめ法人役員、教職員の苦難は想像を絶するものがあった。戦後、廃校の岐路に立ったこともあったが、昭和24年ついに幾多の困難を乗り越え東北薬科大学の昇格設置にこぎつけ、本学の基を確立した。
創立にあたり、創設者たちは地域社会に貢献できる薬剤師の養成を最大の目標としつつ、薬学の教育・研究を通じ、広く人類の健康と福祉に貢献することを願い、真理の探求に邁進するという高い志を掲げました。この精神は、大学創設者高柳義一先生の残された「われら真理の扉をひらかむ」という言葉に凝縮され、本学の建学の精神として碑に刻まれ(開真の碑)、今に伝えられている。
そして、平成28年、本学は医学部を設置し、東北医科薬科大学と生まれ変わった。日本で37年ぶりとなる医学の新設は東日本大震災からの復興、東北の医療を支える総合診療医の育成という大きな使命をもっている。高柳義一先生の建学の精神は医学部にも引き継がれ、被災地の大学として、地域医療への貢献をめざす。
真理の探求は、まさに大学の使命である教育・研究の原点であり、この建学の精神は今後も我々に医学、薬学の教育と研究において真摯に取組む姿勢と努力を求め続けるものといえる。

教育理念

本学は自然・人文社会科学分野における真理の探究を原点に、より高度で専門的な知識と能力を培うことを教育・研究の柱としています。医学・薬学は、人間とその生命にかかわる学問であり、広い視野と豊かな人間性が求められます。
本学は「われら真理の扉をひらかむ」という建学の精神のもと、医学・薬学の教育研究を通じて、広く人類の健康と福祉に貢献することを願い、次の3つを教育理念に掲げています。

一. 思いやりの心と高い倫理観をもち、専門的な知識と能力を兼ね備えた、
社会に貢献できる人材を育成します。
一. 真理の探究を志し、自ら課題を求め
自分の力で解決できる人材を育成します。
一. 友情を育み、人間形成に努めるとともに、国際的視野に立って
活躍できる人材を育成します。

東北医科薬科大学が目指す大学像

 近年、医療の現場では医薬分業の進展、医療技術の高度化や複雑化により、薬剤師を巡る環境が大きく変化し、医療の担い手である薬剤師の質の向上が一段と要求されるようになり、また薬学研究では医学、分子生物学等隣接する諸分野と融合して、学際的な広がりを持つに至っている。こうした背景のもと、本学では21世紀にふさわしい大学のあり方を検討し、平成18(2006)年の薬学教育制度改革を機に、それまでの薬剤師養成と薬学の基礎研究における実績を踏まえ、薬学の幅広い可能性を追究すべく、薬剤師を養成する6年制の薬学科と、基礎薬学を土台に医学と薬学の2つの領域にまたがる生命科学の分野で活躍できる人材養成をめざす4年制の生命薬科学科を併置した。また、薬学部各学科を基礎にした大学院薬学研究科を設置し、一段と高度なレベルで教育と研究の両立を目指していくことを薬学部、大学院薬学研究科の使命・目的としている。
 平成25年11月、震災からの復興、今後の超高齢化社会と東北地方における医師不足、原子力事故からの再生といった要請を踏まえ、文部科学省より「東北地方における医学部設置認可に関する基本方針」が発表された。これを受けて、東北地方において、長年の医療人養成の実績を持つ本学にとって、また被災地における大学として、果たさなければならない重要な使命であるとの認識のもと、平成26年5月、本学医学部の「構想応募書」を文部科学省『東北地方における医学部設置に係る構想審査会』に提出した。平成26年9月、同委員会より本学の構想が選定され、その後関係機関との協議、同委員会による検証を経て、平成27年3月、医学部の設置認可申請書を文部科学省に提出し、平成27年8月、文部科学大臣より医学部設置を認可された。このような背景から、平成28年4月1日に開設された医学部医学科は、医師の養成、特に幅広い臨床能力を持つ総合診療医の養成、を通して東北地方の医療を支えていくことを使命としている。

教育

[薬学部]

 6年制の薬学科では、近年の医療技術の高度化に対応できる質の高い薬剤師の養成を主たる目的としており、まず医療人として高い倫理観や深い教養に裏付けられた、心豊かな人間性のある人材育成に努める。専門教育では医療薬学系の教育や実務実習の充実を図る目的で、臨床薬剤学実習センター、模擬薬局などを新しい教育研究棟に配置し、実践に即した専門的な知識と技術の修得ができるようにした。また、医療の現場において自ら課題を見つけ解決していく能力を身に付けさせるため、PBL教育の導入など高学年のカリキュラム内容を十分に工夫した。
 また、21世紀が「生命の世紀」といわれる今日、社会の人々が、人間の健康と生命に関わる薬学、生命科学の進歩に期待するところは益々大きくなっており、この分野で活躍する人材の育成も本学にとって大きな使命の一つである。このような使命を遂行するため、本学は4年制の生命薬科学科を設置した。本学科は、東北・北海道の私立薬系大学では唯一の学科であり、薬学・産業界のみならずこの地域にとっても大きな存在意義を持つものと期待される。本学科は、従来の基礎薬学を土台にして、ポストゲノム時代における医学と薬学の二つの領域にまたがる基礎専門知識を教授し、大学院への進学を前提に、製薬会社・各種研究機関での研究・開発、医薬品情報提供、販売業など多様な分野で活躍できる人材育成を目的としている。

[大学院薬学研究科]

 本学は、昭和37(1962)年、私立薬科大学では初めての大学院を開設し、50年の実績を積み重ねている。
 従来の旧課程薬学部(薬学科、衛生薬学科、製薬学科)を基礎とする大学院(薬学研究科薬学専攻博士課程前期)については、平成21(2009)年度入学生を以て募集を停止した。大学院(薬学研究科薬学専攻博士課程後期)については、平成23(2011)年度入学生を以て募集を停止した。これら旧課程学部(学科)を基礎とする大学院に代わって、平成22(2010)年度から新たに生命薬科学科(4年制)を基礎とした薬学研究科薬科学専攻(修士課程)の2年制課程を設置した。本専攻は、「創薬科学などの生命科学を中心とする専門分野の研究の遂行に必要な基本知識と技術を修得させ、研究者などの多様な人材を養成する」ことを主たる目的としている。
 また、平成24(2012)年度から、薬科学専攻(博士課程)の3年制後期課程及び薬学科(6年制)を基礎とした薬学専攻(博士課程)の4年制課程を設置し、大学院教育の整備を進めた。薬科学専攻後期課程は、平成22(2010)年4月に設置された薬科学専攻修士課程(平成24(2012)年度から博士前期課程に変更)の学年進行に伴い、3年間の新後期課程として設置した。前期課程では、薬学分野の研究に必要な基本的な知識・技術の修得を目的とするのに対して、後期課程においては、より高度な専門知識と技術を修得し、自らの判断で研究開発を遂行できる研究者及び技術者の養成を目的にしている。また、薬学専攻の博士課程は、『臨床』をキーワードとし、医療現場で高度な専門的知識技術を活かす臨床能力と様々な臨床的課題を薬学的な観点から解決できる研究能力を兼ね備えた薬剤師、研究者の養成を目指している。

[医学部]

 地域の医療現場では、地域の医療ニーズを理解し、疾病の予防から各種疾患の複合状態にも適切に対応でき、病める人を全人的に支えることができる幅広い臨床能力を持つ総合診療医、そして、地域医療に意欲を持って貢献できる医師が求められている。
 さらに、東北地方では、医師不足による医療過疎や医療崩壊の危機、そして今後の超高齢化社会を踏まえた、震災からの復興、災害で崩壊した地域医療の再生が喫緊の課題となっている。
 こうした現状を見据え、私たちは、次のことを医学部の基本構想として掲げ、東北地方の復興と医療環境の発展に貢献することを目指す。
 ○ 地域医療に使命感と熱意を持って貢献する医師を養成する。
 ○ 災害医療など、あらゆる医療現場に対応できる総合診療医を養成する。
 ○ 卒業生の地域定着を促す教育と卒後のキャリアアップが可能となる仕組みを構築していく。
 ○ これまでの薬学部の教育研究の実績を生かし、チーム医療や災害医療に欠かせない、薬の副作用や安全性、有効性など薬物に関する基礎知識を併せ持つ医師を養成する。
 ○ 地域住民の医療ニーズを理解し、地域住民の健康維持・増進に貢献できる医師を養成し、併せて災害に関連した病気や人体に対する放射線の影響などについて、一般市民(地域住民)に対して定期的な健康相談や健康管理を行っていく。

研究

[薬学部・大学院薬学研究科]

 これまでの研究実績を基盤として、一段と研究の高度化を推進している。昭和34(1959)年に開設された癌研究所を発展的に解消し、ポストゲノム時代の大きな課題の一つである糖鎖生物学を主な研究テーマとする「分子生体膜研究所」を平成18(2006)年度に設置した。平成18(2006)年度から5年間、文部科学省私立大学学術研究高度化推進事業(学術フロンティア推進事業)に選定され、糖鎖情報解析の基盤技術の確立と、疾患に関連している糖鎖機能の解析を推進し、わが国の糖鎖生物学研究の拠点としての研究実績を築いてきた。
 この研究成果の発展を期して、後継事業「生体膜糖鎖異常に起因する生活習慣病発症機序の解明と臨床への応用」(文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業として、平成24(2012)年度から5年間)を実施している。
 また、創薬科学系・医療薬学系の教室が共同でプロジェクト研究を行うハイテク・リサーチ・センター整備事業「生体内分子標的理論に基づく創薬とその臨床治療への応用(平成17年度~平成21年度)」および文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「癌および加齢性疾患の制御とQOL向上(平成22年度~平成26年度)」を実施し、独創的で先駆的な基礎研究成果をあげてきた。
 さらに平成27年度から文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「アンメット・メディカル・ニーズに応える創薬基盤研究の推進および臨床応用への展開(平成27年度~平成31年度)」が採択され、社会的要請の強い研究課題に取り組んでいる。

[医学部]

 医学部開設に伴い設置される基礎、社会および臨床医学の各教室において、今後、学内に新たに整備される医学部教育研究棟の研究施設を中心に、薬学部および大学院薬学研究科との共同研究を含めて、病態解析や高度医療・治療薬の開発、医療政策への提言に向けた研究を進めていく。また、完成年度までに学部の学年進行に合わせて、大学院博士課程設置の準備を進める。

地域との関連

 大学の地域社会との関わりや貢献も本学にとって重要な課題である。本学は、一般薬剤師を対象とした生涯教育やワークショップ、一般市民を対象とした定期的な講座・講演会、また高校生対象の高大連携事業など、地域社会と結びついた様々な事業を行ってきた。また、実地医家と薬剤師との勉強会、医薬連携も積極的に行っている。さらに、仙台圏を中心とした大学等の高等教育機関により組織された学都仙台コンソーシアムの事業等にも参画している。こうした地域に貢献できる活動をさらに充実させ、社会に対する知の還元に努める。
 地域医療への貢献として、附属病院(東北医科薬科大学病院および若林病院)による地域医療機関と連携した医療の提供を行っている。また、医師不足に悩む地域の診療体制を支援するために、地域医療総合支援センターを窓口として、地域性や診療科を考慮しながら本学の医師を派遣し、地域医療機関からの要請に応えている。登米市および石巻市に設置されている地域医療教育サテライトセンターには、医学部教育のために教員医師が常駐している。この教員医師は、教育ばかりでなく、当該地域の医療にも参加し、本学地域貢献の一翼を担っている。

国際交流

 本学では、ワシントン大学(アメリカ)、中国天津第二医学院(現在 中国天津医科大学)、カラブリア大学(イタリア)、ウプサラ大学(スウェーデン)、マーニャ・グレーチャ大学(イタリア)、サムラトランギ大学(インドネシア)、南通大学(中国)、モンゴル国立大学(モンゴル)、嘉南薬理大学(台湾)、及びミラノ大学(イタリア)と学術及び教育協力に関する交流協定を締結している。今後さらに最先端の薬学・生命科学研究を通じて国内外の大学との交流、国際シンポジウムや国外研究者による講演会を開催するなど、薬学・生命科学研究における拠点研究機関として、その成果を継続して国内外へ向けて発信していくことを目指している。また、留学生の積極的な受け入れも進めている。

▲ ページTOPへ