医学部

医学科Medicine

特色ある教育カリキュラムで地域で活躍する医師を育成

教育目標

 本学の教育理念を基本に、本学医学部の使命である『地域医療を支える医師の育成』を達成する為に、3つのポリシー*に則って、養成する人材像を明確にした6年制の一貫教育を実施します。 *3つのポリシー

入学者受け入れ方針[アドミッション・ポリシー]

  1. 本学の教育理念および本学医学部の使命に共感し、将来、東北地方の地域医療・災害医療に従事して、地域住民の健康を支える使命感に燃えた学生を求めます。
  2. 高度で専門的な知識と技能を兼ね備えながら、病める人とその家族の思いに共感できる強い意志と柔らかな心をもった医師を志す学生を求めます。
  3. 高等学校等で理科、数学、英語を十分に習得し、論理的に考える姿勢と着実な学習習慣を身につけている学生を求めます。

教育課程の編成・実施方針[カリキュラム・ポリシー]

       本学医学部の使命を果たすために、地域の医療ニーズを理解し、多職種および行政と連携しながら医療を提供することにより、地域住民の保健・福祉の向上に貢献できる幅広い臨床能力を有する医師の養成を可能にする教育課程を、

医学教育モデル・コア・カリキュラム

      および

医学教育分野別評価基準

    に準拠しつつ本学独自のカリキュラムを加えて、編成・実施します。

  1. 心豊かな人間性を備え、生命の尊厳について深い理解を持つ医師を育むために、人文科学から臨床医学へ連続性ある倫理教育を実施する。
  2. 病める人を生活者として全人的に捉える広い視野を育むために、講義と地域での体験学習を効果的に連動させる。
  3. 地域医療に対する理解を深め使命感を醸成するために、同じ地域を繰り返し訪問しながら学ぶ、地域滞在型教育を行う。
  4. 総合診療医を目指すために、地域医療の理解から総合診療力の養成へと段階的に学習する実践的な教育課程とする。
  5. 救急・災害医療(放射線災害を含む)に対応できる医師を養成するために、特色ある体験学習や演習科目を編成する。
  6. 問題発見能力、問題解決能力、自己研鑽能力を育むために、問題基盤型学習や双方向教育、グループ討論・発表などの主体的・能動的学習を取り入れる。
  7. 効果的な修得のために、関連科目間の横断的および縦断的統合を図った教育課程とする。
  8. アウトカム基盤型教育と適切な学習評価を実施する。
  9. 多様な参加型臨床実習など医学教育の国際化に対応した教育を実施する。

学位授与の方針[ディプロマ・ポリシー]

     本学医学部の教育課程を履修して、所定の単位を修得した下記の学生に学位(学士(医学))を授与します。

  1. 医療人としての自覚と医師として総合的な臨床能力を身につけていること。
  2. 地域医療、災害医療に貢献する強い意志を持っていること。

 

東北医科薬科大学 アセスメント・ポリシー

東北医科薬科大学では、内部質保証の一環として、ディプロマ・ポリシーを始めとした、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシーの3ポリシーを踏まえ、学生の学修成果を評価・測定するアセスメント・ポリシーを定めています。本ポリシーに基づく評価・測定を、学生の入学時から卒業時にかけて、機関レベル(大学)、教育課程レベル(学部・学科)、科目レベルの3段階に分けて行い、教育の改善につなげます。

1.機関レベル(大学)

学生の卒業率、就職率等から学修成果の達成状況を評価します。

2.教育課程レベル(学部・学科)

学部・学科の所定の教育課程におけるGPA、国家試験合格率等から学修成果の達成状況を評価します。

3.科目レベル

シラバスで提示された学修目標に対する評価、授業アンケート等の結果から学修成果の達成状況を評価します。

4.具体的な評価指標

 

入学時

在学中

卒業時

機関レベル

(大学)

 

・入学試験

 

・退学率
・休学率

 

 

・卒業率
・就職率
・学位授与数
・国家試験合格率
・大学院進学率
・卒業時アンケート

教育課程レベル

(学部・学科)

・入学試験

・退学率
・休学率
・GPA[]
・進級率(留年率)
・共用試験成績
・学修ポートフォリオ[]
・成績分布
・ⅮPに関するルーブリック評価[]

・卒業率
・就職率[]
・GPA[]
・学位授与数
・国家試験合格率
・大学院進学率[]

 

科目レベル

 

・成績評価
・授業アンケート
・ⅮPに関するルーブリック評価[]

 

[]=薬学部における評価指標

カリキュラム

 本学医学部学生が卒業時に修得しておくべき学修成果[アウトカム]とそれを達成するために身につけるべき能力[コンピテンシー]を明確にし、卒業までにその能力が段階的に獲得されるように、様々な科目群を関連付けながら教授していく学修成果基盤型教育[outcome-based education: OBE]を実施します。   卒業時に修得しておくべき学修成果[アウトカム]

  1. 1.高い倫理観と責任感を持ち、多職種連携のもと、患者中心の医療を実践できる。
  2. 2.幅広い医学的知識・技能を持ち、生涯にわたり自己研鑚できる。
  3. 3.へき地・被災地の特色を踏まえた包括的な医療を実践でき、地域社会の発展に貢献することができる。

  身につけるべき能力[コンピテンシー]

  1. Ⅰ.倫理観と社会的使命:豊かな人間性と高い倫理観を有し、社会的使命を果たす確固たる意志をもって、患者中心の医療を実践できる。
  2. Ⅱ.人間関係の構築:他者を理解し、お互いの立場を尊重した人間関係を構築し、医療の現場で適切なコミュニケーションを実践することができる。
  3. Ⅲ.チーム医療の実践:多種多様な医療チームのメンバーを理解・尊重し、協同作業の中で、医師としての役割を果たすことができる。
  4. Ⅳ.医学および関連領域の基本的知識:基本的医学知識および薬学、生命科学などの関連領域の知識を示すことができる。
  5. Ⅴ.診療の実践:診療技能に加え、患者背景および医療安全への配慮を含めた全人的な診療を実践できる。
  6. Ⅵ.社会制度の活用と予防医学の実践:保健・医療・福祉の社会制度を理解し、その活用により疾病の予防や健康増進を実践することができる。
  7. Ⅶ.科学的探究と生涯学習:豊かな感性と批判的精神で真理を求め、自分の意見を的確に発信し、自らの能力の継続的な向上を図ることができる。
  8. Ⅷ.地域における医療とヘルスケア:地域における医療のニーズと現状を理解し、地域社会の医療資源を活用した包括的医療を実践できる。

  igakubu1-1   igakubu2    特徴として、低学年での地域の医療体験学習から高学年での滞在型臨床実習に至る地域医療教育では、幅広い医学知識を身に付けるだけでなく、多職種連携による医療や地域・患者に根ざした医療を学び、総合的な診療能力を養っていきます。同時に、高度医療を学ぶ環境を整えています。 災害医療教育に関しては、放射線事故の対応シミュレーションや被ばく医療を含む災害時における医療を学びます。 また、専門医研修や専門分野の向上など卒業後の生涯学習は、本学の卒後研修支援センターが支援します。 医学教育

※1 医学教育のグローバルスタンダードについて
2023年よりすべての国の医学部生に対して、アメリカが決めたグローバルスタンダード教育規定に沿った医学教育を修了した者のみがアメリカで医師として働くことを許可されるようになります。このため我が国でも「世界医学教育連盟(WFME)グローバルスタンダード準拠 医学教育分野別評価基準日本版」が作成されました。現在、日本の医学部全体が教育改革に向けて動き出しています。本学で新設する医学部はこの基準に沿ったカリキュラムで基礎と臨床を両輪としたグローバルな医師の養成を目指します。

  <カリキュラムツリー> カリキュラムツリー ■1年次 「地域」の文化・生活を理解する 1年次には医師となる前に人としての素養である知的好奇心・行動力および倫理観を培うとともに、「地域」の文化・生活を理解することを学びます。また、医療現場や患者に接する第一歩を踏み出します。 必修科目以外にも個人の知的興味に応える選択必修科目を設定。また今後も重要性が増す英語を重視し3年次まで継続して学習します。

前期(4月~8月) ●現代社会と人間 ●倫理学 ●大学基礎論 ●心の科学 ●数学Ⅰ ●スポーツ科学 (体育実技) ●情報科学 ●基礎物理学 ●基礎化学 ●基礎生物学 ●行動心理学 ●医学概論 ●外国語Ⅰ ●医学英語Ⅰ [実 技] ●情報科学実習 ●基礎物理学実習 ●基礎化学実習 ●基礎生物学実習 ●早期医療 体験学習

後期(9月~3月) ●数学Ⅱ ●医療安全学 ●医療コミュニケーション学 ●衛生学 ●細胞生物学 ●発生学 ●医化学 ●放射線基礎医学 ●外国語Ⅱ ●医学英語Ⅱ [選択必修] 4科目以上選択 (哲学、経済学、法学、科学と歴史、人と文化、文章論、からだと健康 ) [実 技] ●医化学実習 ●放射線基礎 医学体験学習 ●チーム医療 体験学習 ●衛生学 体験学習

 

■2年次 基礎を深め、体験学習により現場を知る 1年次から引き続き学ぶ基礎医学で知識を深めます。また、各県の地域医療ネットワーク病院関連施設に滞在し、僻地や被災地医療の体験学習や介護、在宅医療の現場を見学することにより、地域医療の現状と課題を知ることができます。

前期(4月~8月) ●地域医療学 ●解剖学 ●神経解剖学 ●組織学 ●遺伝学 ●微生物学Ⅰ ●微生物学Ⅱ ●医学英語Ⅲ [実 技] ●解剖学実習 ●微生物学実習 ●組織学実習 ●僻地・被災地医療体験学習Ⅰ

後期(9月~3月) ●介護・在宅医療学 ●公衆衛生学 ●生理学 ●神経生理学 ●薬理学 ●免疫学 ●呼吸器学 (内科・外科) ●腎・泌尿器学 ●循環器学 (内科・外科) ●消化器学 (内科・外科) ●医学英語Ⅳ [実 技] ●薬理学実習 ●介護・在宅医療 体験学習 ●生理学実習 ●免疫学実習

 

■3年次 臨床科目により専門性を深める 3年次からは大学附属病院のある福室キャンパスでの学習が始まり、講義形式の臨床科目や高齢者医療、災害医療、放射線被ばく医療を学んでいきます。救急・災害医療の体験学習を通じて、救急医療だけでなく、災害時の慢性疾患や複合疾患に対しての知識も身に付けていきます。また、個々の課題研究により、研究マインドを養います。

前期(4月~8月) ●医事法学 ●病理学 ●神経学 (内科・外科) ●精神科学 ●内分泌学・ 代謝学 ●産科学・ 婦人科学 ●小児科学 ●整形外科学 ●全身管理学 ●麻酔学 ●救急医療学 ●医療薬学概論 ●医学英語Ⅴ [実 技] ●病理学実習 ●僻地・被災地 医療体験学習Ⅱ ●課題研究

後期(9月~3月) ●法医学 ●医療管理学 ●臨床免疫・ アレルギー学 ●血液学 ●皮膚科学 ●眼科学 ●耳鼻咽喉科学 ●放射線医学 ●災害医療学 ●環境疾病学 ●乳房外科学 ●臨床検査学 ●感染症学 ●被ばく医療演習 ●医学英語Ⅵ [実 技] ●救急・災害医療 体験学習 ●課題研究

 

■4〜5年次 参加型の臨床実習で地域に触れる 共用試験は4年次前期末に実施され、4年次後期から6年次前期まで参加型臨床実習教育が行われます。附属病院や関連教育病院での「診療科臨床実習」や地域医療ネットワーク病院での滞在型「地域総合診療実習」、サテライトセンターでの滞在型「地域包括医療実習」が行われます。地域に滞在して患者に触れることで、より地域医療への貢献と使命感を持つ医師へと育てます。

4年次前期(4月~8月) ●患者安全・ 医療倫理学 ●臨床薬理学 ●腫瘍学 ●高齢者医学 ●症候学 ●基礎ー臨床 統合演習 ●共用試験 [選択必修] 1科目以上選択 (臨床分子遺伝学、移植医療学) [実 技] ●基本的診療技能

4年次後期(9月~3月)
~5年次
[臨床実習] 診察の基本・診察法・基本的臨床手技・診療科臨床実習 (附属病院29診療科・部+関連教育病院(2病院))

 

■6年次 総合診療力を身に付ける 6年次前期には総合診療の技能を身に付けるための集大成として、症例を総合的に解析する「総合診療学演習」を行います。後期には基礎・臨床科目ごとに6年間の統括として「統括講義」を行い、学士(医学)にふさわしい学力と資質を身に付けたことを確認し、万全の準備で卒業試験、医師国家試験に臨みます。

前期(4月~8月) ●総合診療学演習 (PBL) [臨床実習] ●地域総合診療実習 (地域医療ネットワーク病院) ●地域包括医療実習 (地域医療教育 サテライトセンター)

後期(9月~3月) ●統括講義 ●内科学 ●外科学 ●総合診療、災害救急 ●社会医学 ●卒業試験

<地域医療教育> 低学年から高学年にかけて、東北各県の同一地域の地域医療ネットワーク病院および地域医療教育サテライトセンターを繰り返し訪問する滞在型学習により、地域に対する理解と愛着を持ち、地域医療のニーズに対応できる医師を養成します。 大学基礎論(1年次前期)…………………………地域の自然・社会環境と生活の理解 へき地・被災地医療体験学習Ⅰ(2年次前期)…地域医療のニーズと病院機能の理解 介護・在宅医療体験学習(2年次後期)…………地域における介護・在宅医療の理解 へき地・被災地医療体験学習Ⅱ(3年次前期)…地域における在宅医療の理解 地域総合診療実習(5年次後期)…………………地域病院での診療参加型臨床実習 地域包括医療実習(6年次前期)…………………地域包括ケアの診療参加型臨床実習

シラバス

2020年度シラバス 実務経験のある教員等による授業科目の授業計画(シラバス) 成績評価における客観的な指標について(GPAの活用状況含む)

学生便覧(医学部)

2020年度学生便覧(医学部)

医学教育モデルコア・カリキュラム

平成22年度改訂版(文部科学省ホームページ) 平成28年度改訂版(文部科学省ホームページ)

医学教育分野別評価基準

Ver2.32(2019年11月18日) ※日本医学教育評価機構ホームページからPDFがダウンロードされます。

ページトップへ