薬学科Pharmaceutical Sciences

理想的な6年間のカリキュラムで、明日の医療を担う優れた薬剤師を育成。

教育目的

薬学に関する高度の専門知識を修得させ、社会に貢献できる薬剤師の養成を主たる目的とする。

医師や看護師とチームを組んで最も適した服薬指導を行う「病棟薬剤師」としての期待が高まっている現代。新薬などの開発時に臨床試験を管理する「治験コーディネーター」、介護認定を受けた患者さんの服薬指導に「ケアマネージャー」としての立場から参加する者など、薬剤師が活躍する領域はぐんぐん拡大しています。
また、地域住民一人ひとりの体質や体調を管理し、日常の食生活や医薬品の服用などについて適切なアドバイスを提供する「かかりつけ薬剤師」、医師の出す処方箋に基づいて薬を出す調剤薬局も、医薬分業という流れの中で、ますますその果たす役割が大きくなっていることは言うまでもありません。

6年間の流れ

共用試験=CBT・OSCE  詳細ページへ




カリキュラムマップ

カリキュラムのポイント

さまざまなケースに柔軟に対応できる人材を育成。

ますます高度化・細分化が進展する薬剤師のフィールド。医薬分業の流れのなか、さまざまなケースに柔軟に対応できるスキルの高い人材の育成を目指します。1・2年次では、物理や化学、生薬学などの科目を広範に学ぶ一方で、外国語や倫理学などの総合科目を通して豊かな人間性を修得。3・4年次で薬の特性を理解し、5年次からは国家試験受験資格に必要な病院・薬局での合計5ヶ月間の実習に加え、教室・研究室に所属し、2年間を費やして問題探究型の卒業研究に取り組みます。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

  1. くすりの科学に興味を持ち、くすりに関する確かな知識を応用して、医療の現場で社会に貢献しようとする学生を求めています。
  2. 医療の現場において薬剤師として必要とされる知識・技術や態度、さらには医療人としての倫理観などを身につけることができる学生を求めています。
  3. 高等学校で、理科の基礎的な分野、特に化学をしっかり学ぶとともに、英語および数学の素養や自ら考える姿勢、着実な学習習慣を身につけている学生を求めています。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

医療人として心豊かな人間性と高い倫理観を備え、生命の尊厳について深い理解を持って医療現場で活躍できる薬剤師の養成を目的として、以下のように教育課程を編成しています。

  1. <大学教育への接続> 初年次は履修履歴の異なる学生のために高等学校からの接続学修科目を配置し、さらに薬学基礎科目の理解と定着へと導くための演習科目を配置します。
  2. <医療人としての倫理観> 1年次から医療人となるための心構えと共に豊かな人間性を育む教養教育、医療施設訪問等の体験学習を行い、さらに各学年でグループ討議を取り入れた医療倫理関連教育を通じて、医療人としての責任感と態度を醸成するための科目を提供します。
  3. <コミュニケーション能力> 1年次から各学年で医療問題をテーマとし、コミュニケーション能力を醸成するため、調査学習、プレゼンテーション等を多く取り入れ、能動的に学習する科目を配置します。
  4. <基礎的な科学の知識と技能> 医薬品を含む化学物質の性質を科学的に理解し、化学物質の安全な取扱いができるよう、知識と技能を修得するための講義および実習科目を提供します。
  5. <薬物療法> 患者に適切に薬の情報提供を行い、患者から得られる情報を基にその治療効果・副作用の発生等を判断できるよう、薬物治療における専門的な知識を修得するための講義科目、および医薬品情報の活用、フィジカルアセスメント等の技能・態度を修得するための実習科目を提供します。
  6. <チーム医療・地域医療> 薬剤師の専門性を発揮し、多職種と連携して積極的にチーム医療に貢献できる人材を養成するため、低学年から他学部の学生と共に学び合う科目を提供します。また、地域住民の健康と福祉の向上・維持のため、地域医療および予防医療を学ぶ科目を提供します。
  7. <臨床現場重視の学び> 2つの附属病院を含めた医療の現場で活躍している医師、薬剤師、その他の医療従事者に指導を受けることにより、臨床現場重視の実践的な学びを提供します。
  8. <実務実習> 5年次には薬剤師としての実践的な能力を修得する目的で、県内もしくは故郷において薬局および病院で行う5カ月間の実務実習科目を配置します。
  9. <問題の発見と解決および自己研鑽> 問題発見能力、問題解決能力、自己研鑽能力、リーダーとしての資質を育むために、問題基盤型学習、双方向教育、グループ討論・発表等の主体的・能動的に取り組む科目を配置します。さらに1年半にわたる卒業研究により、研究マインドを持ち生涯にわたり自己研鑽できる人材を養成します。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学の教育理念に基づく教育課程を通じて、以下に示す医療人としての自覚と薬剤師として必要な知識・技能・態度を身につけ、所定の単位を修得した学生に学位(学士(薬学))を授与します。

  1. 教養と倫理
    医療人としての豊かな教養と人間性を備え、生命の尊厳について深い認識をもち、命と健康を守る使命感、責任感を身につけている。
  2. コミュニケーション能力
    患者とその家族、医療と社会保障に関わるスタッフ等から適切に情報を収集し提供するためのコミュニケーション能力を有している。
  3. 健康と福祉
    地域住民の健康増進と福祉向上への取り組みに積極的に参画するための知識と意識を備えている。
  4. 薬物療法
    患者の病態に応じた有効で安全な総合的薬物療法を提供するために必要な生命科学、医療、医薬品に関する専門的な知識と技能を身につけ、チーム医療に積極的に参画できる。
  5. 基礎的な科学力
    医薬品・化学物質の生体に対する作用の理解、健康の維持、医療の進歩と改善に資するために問題を発見し、解決するための知識、論理的思考力を有している。
  6. 自己研鑽
    生涯に亘って科学・医療の進歩の恩恵を患者・生活者に提供できるよう、高い学習意欲を持って自己研鑽を続けることができる。

▲ ページTOPへ