附属薬用植物園

TOP > 身近に見られる薬草・薬木

身近に見られる薬草・薬木

  • オオバコ Colchicum autumnale ユリ科

    日本中に広く分布する多年生の草本で、本学敷地内にも自生している。
    医薬品としての名前は、種子が「シャゼンシ」、
    花期の全草が「シャゼンソウ」。
    いずれも鎮咳去痰薬として薬局方に収載されており、民間療法も多い。

  • ドクダミ Houttuynia cordata ドクダミ科

    庭の湿った場所などに見られる、独特の匂いがすることで知られている多年生の草本。 花期の地上部を「ジュウヤク」といい、薬局方収載品である。
    緩下や利尿薬とするが、多くの民間療法がある。
    本学構内にも自生している。

  • ヒナタイノコズチ Achyranthes fauriei ヒユ科

    道端の雑草として本学構内にもみられる、多年生の草本。
    その根を「ゴシツ」といい、薬局方に収載されている。
    利尿作用のほか、血液のバランスを整える働きがあり、腰脚、関節の痛みやしびれにも有効である。

  • ヤマグワ Morus bombycis クワ科

    各地の山野に自生しており、本学の敷地でも野生品をみることができる落葉性の高木。根の皮が鎮咳去痰あるいは利尿薬とされる。
    現在は市場での流通の関係上、薬局方の「ソウハクヒ」の基原植物から外されているが、同一に考えてかまわない。

  • ゲンノショウコ Geranium thunbergii フクロソウ科

    多年生の草本で国内に広く分布し、本学敷地内でも自生している。
    薬用 には地上部を用いるが、開花期直前に採集するのが良い。
    整腸薬として、下痢止め、あるいは便秘のときなどに用いる。
    医薬品としての名前も「ゲンノショウコ」で、薬局方に収載されている。

  • ノイバラ Rosa multiflora バラ科

    本学キャンパス西部の丘にも多くが自生している落葉性の小低木。
    偽果又は果実が「エイジツ」と呼ばれ、薬局方に収載されている医薬品である。
    緩下、利尿の効がある。

  • ミツバアケビ Akebia trifoliata アケビ科

    本学キャンパス西部の丘陵にも多い落葉性のつる性木本。
    このつるの部分を横切したものを「モクツウ」と呼び、利尿薬にされる。
    薬局方収載の医薬品である。

Copyright © 2003 東北医科薬科大学 All Rights Reserved.