医学部

研究室案内

臨床系

麻酔科学Division of Anesthesiology

[研究テーマ]
1.脊髄における鎮痛薬・麻酔薬の作用機序の研究
2.麻酔中の記憶、意識の研究
3.慢性疼痛のメカニズムの研究
4.心臓血管麻酔の臨床研究
[研究概要]

 全身麻酔の3要素は鎮静、鎮痛、不動化とされている。しかし、全身麻酔薬がどのようにして意識を失わせるのかは未だ解明されていない。さらに、全身麻酔薬の鎮痛作用についても明らかでない。これらを解明するために、麻酔薬の作用機序の研究、麻酔中の記憶、意識の研究を行っている。
 また、近年の高齢化により慢性疼痛の患者は年々増加している。特に神経障害性疼痛は難治性、慢性化しやすいにも関わらず機序が解明されていないばかりでなく、有効な治療法もない。動物の疼痛モデルを用いてこれらの機序解明と新規薬剤などの治療法の開発を目指している。

[主な担当科目]

全身管理学 (3年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
食事、輸液療法、医用機器、人工臓器、リハビリテーションの基本を学ぶ。
在学生へのメッセージ
予習・復習は、関連する臓器機能や疾患の理解を深めながら、行うこと。

麻酔学 (3年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
周術期管理、麻酔管理を学ぶ。
在学生へのメッセージ
麻酔や集中治療では、今起こっている病態を把握し、早急に全身状態を改善させなければならない状況が起こります。そのためには薬理や生理、生化学など基礎部門の知識が必要となります。また、神経ブロックでは解剖学の知識が必要となってきます。授業を受ける前に今一度基礎の本を読んで知識の再確認を行ってください。

一覧へ戻る

ページトップへ