医学部

研究室案内

臨床系

外科学第三(乳腺・内分泌外科)Division of Breast and Endocrine Surgery

2160_%e9%88%b4%e6%9c%a8%e6%98%ad%e5%bd%a6%e6%95%99%e6%8e%88photo

鈴木 昭彦 教授

朴英進教授

朴 英進 教授

STAFF
  • 鈴木 昭彦 教授
  • 朴 英進 教授
  • 寺澤 孝幸 准教授
  • 渡部 剛 准教授
[研究テーマ]
乳癌におけるArylhydrocarbon Receptorによるがん幹細胞調節機構の解明
[研究概要]

Arylhydrocarbon Receptor (以下AhR)はダイオキシン類をリガンドとして薬物代謝酵素であるCYP1A1などの誘導に関与する受容体型転写因子で、私や共同研究者は乳癌組織のHER2過剰発現によりAhRの発現誘導・活性化がみられることを明らかにしました。研究計画としては①HER2過剰発現によるAhR発現・活性化調節機構の解析で、分子生物学的手法によりその分子メカニズムを明らかにし、②臨床検体におけるAhR発現およびHER2過剰発現の相関性を解析します。これらの結果を新規薬剤考案の礎にしたいと思います。

[主な担当科目]

内分泌学・代謝学 (3年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
内分泌・代謝・栄養系の構造と機能を理解し、主な内分泌・代謝・栄養疾患の原因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
内分泌疾患の外科治療には、機能的な改善を目的としたものと、悪性腫瘍に対するもの、その両者を含むものがあります。内科的な診断・治療とは優劣を論じるものではなく、病態や患者さんの状況に応じた治療法の選択肢として外科手術があります。内科系講義の内容を復習しつつ外科治療の適応を議論できることを目標として学習してください。

乳房外科学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
乳房の構造と内分泌依存性の機能を理解し、主な乳房疾患の症候、診断と治療を学ぶ
在学生へのメッセージ
日本人女性の罹患する「がん」を臓器別に分類すると、罹患率が一番高いのが乳がんです。また女性のがんによる死亡数の統計では、30~ 60 歳代は乳がんが死因の第一位です。乳腺が専門でない医師でも一番多く遭遇する可能性のあるがんの一つであると言えます。診断から治療までを一貫して学習することで、悪性腫瘍一般の理解に大きく役立つ疾患だと考えます。

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

一覧へ戻る

ページトップへ