医学部

研究室案内

臨床系

地域医療学Division of Community Medicine

古川勝敏教授

古川 勝敏 教授

STAFF
  • 古川 勝敏 教授
  • 住友 和弘 准教授
  • 大原 貴裕 准教授
  • 佐藤 滋 准教授
  • 宮澤 イザベル 助教
  • 藤川 祐子 助教
  • 植田 寿里 助教
  • 菅野 厚博 助教
[研究テーマ]
(1) 東日本大震災後の被災者の健康状態、医療環境の調査ならびに健康増進のための介入研究
(2) 地域医療再生への取り組み
(3) 森林揮発性物質に生理作用
(4) 心筋の虚血再灌流障害と酸化ストレス
(5) 裾野の広い専門医・総合医の養成
[研究概要]

(a) 東日本大震災で東北地方の住民は大きく傷つき、まだその復興過程にある。医療環境においても、元々医療資源が豊富でなかった上で、沢山の医療機関がその機能を失い、東北の地を離れた医療スタッフも少なくない。その様な状況下で、我々は、被災者の健康状態、医療環境の調査を行い、認知症、心不全、高齢者フレイル等の問題に介入研究を進め、地域医療再生を目指している。
(b) 地域医療再生の方法として身近な森林環境を活用した「地域の健康づくりと街づくり」をテーマに森林揮発性物質の生理学的研究から社会応用まで取組み、IT企業のメンタルヘルス対策、生活習慣病予防、認知症対策として応用を進めている。

[主な担当科目]

地域医療学 (2年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
地域医療に求められる行動を自ら考え実践するために必要とされる能力(行動科学的能力、社会医学的能力、総合診療能力)を理解する。
在学生へのメッセージ
この講義の目的は、“ 地域医療マインド” を皆さんの心の中に植える事です。この科目は、本学の地域医療関連教育科目全ての基礎であり、原点になります。東北地域に求められる地域医療の「かたち」は、地域の現状、時代に応じて変化すると思われます。どのような時代や社会環境の変化にあっても必要とされる医療を提供し、健康寿命の増進に寄与する総合診療医に必要な能力の基礎を学びます。地域医療は単に医学・医療の応用分野ではなく、そのすそ野のはとても広く地域の人を取り巻く医療保健福祉の制度、政治、行政、ご近所付き合いに代表される社学的因子、地域の健康問題(公衆衛生学的因子)、地域の文化、情報科学など様々な学問分野を包括します。さらに単に“ 病を診る” のではなく、“ 病んでいる人を診る” 視点が必要とされ、そのために必要な能力としてコミュニケーション能力、チーム医療を実践するためのチームビルディングなどのノンテクニカルスキルが上げられます。本講義15 回は、我が国における地域医療関連分野の目次に
例えることができ、単に学問パーツを寄せ集めて断片的な地域医療の知識を構築するのではなく、この講義を基礎としてその上に6 年間の知識を積み上げ、現場に足を運び考える過程を通し総合診療医に必要な能力を身に付けることができると信じています。地域を分析して実情に応じた地域医療が展開できる、社会の変化を見極めコミュニティを活性化マネージメントできる力が身に付くよう医学部講義では珍しい社会疫学とコミュニティデザインを講義内容に加えました。総合診療医として活躍できるために皆さんの心の中の“ 地域医療マインド” を6年かけて育てて行きます。

僻地・被災地医療体験学習Ⅰ (2年次前期 必修 0.5単位)

学習のねらい
合診療医として従事する地域の医療を理解するために、東北地方の医療の現状・課題を現場で学習する。
在学生へのメッセージ
東北各県の地方の病院に足を運ぶのは多くの学生にとって初めての経験だと思います。各県の病院で医師をはじめとした医療スタッフがいかに地域の医療の充実のために尽力しているかを、彼らの業務や患者の反応を通じて感じ取って下さい。東北の「地域医療」とは何かを実感し、その実態を経験、理解し、今後解決しなければいけない問題点を考察して下さい。

介護・在宅医療学 (2年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
1 . 僻地を含めた地域における、介護と在宅医療の基本を学び、そこで用いられる介護・医療の手法、人間・社会的しくみ(医療計画、地域包括ケアシステム等)を知り、保健、プライマリケアから「みとり」までを含め含めた全人的な医療を実践するための視野を持つこと。
在学生へのメッセージ
医師になるために学んでいる医学部生にとって介護は必ずしも身近ではないかもしれません。しかし、病院で治療した患者がその後安定した生活を送り、そしていつか最期を迎えるためには在宅療養、介護との連携が重要となります。症例を提示して共感をもって学べるようにしていきます。とっつきにくい制度についても患者さん視点から解説し、将来医師として役立つ知識をまとめていきます。

介護・在宅医療体験学習 (2年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
総合診療医として従事する地域の医療を理解するために、東北地方の介護、福祉を現場で学習する。
在学生へのメッセージ
東北各県の地方の介護および福祉施設に足を運ぶのは多くの学生にとって初めての経験だと思います。各県の介護および福祉施設で医師をはじめとした医療スタッフがいかに地域の介護および福祉の充実のために尽力しているかを、彼らの業務連携や施設入所者の反応を通じて感じ取って下さい。東北の「介護・福祉」とは何かを実感し、その実態を経験、理解し、今後解決しなければいけない問題点を考察して下さい。

僻地・被災地医療体験学習Ⅱ (3年次前期 必修 0.5単位)

学習のねらい
総合診療医として従事する地域の医療を理解するために、東北地方の医療の現状・課題を現場で学習する。
在学生へのメッセージ
東北各県の地方の医院、クリニックに足を運ぶのは多くの学生にとって初めての経験だと思います。各県の病院で医師をはじめとした医療スタッフがいかに地域の医療の充実のために尽力しているかを、彼らの業務や患者の反応を通じて感じ取って下さい。東北の「地域医療」とは何かを実感し、その実態を経験、理解し、今後解決しなければいけない問題点を考察して下さい。

高齢者医学 (4年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
1.加齢に伴い我々の身体に生ずる変化について理解する。2.高齢者に生じやすい障害、疾病について学び、それらに対する、治療、予防、リハビリテーションを理解する。3.高齢者を全人的に診察し、対応できるマインド、スキルを身に付ける。
在学生へのメッセージ
現在、我が国は世界で最も高齢化が進んだ国となりました。小児科以外の実臨床で診る患者さんの半数以上は高齢者であるのが、現状です。また、高齢者の多くは多病を抱えています。各疾患をやみくもに各専門分野の医師に紹介するのではなく、それらの疾患を統合的に考え、高齢患者さんを一人の人間として包括的に診察できるスキルを身に付けてもらいたいと思います。加齢に伴い人間の身体がどう変化し、どの様な障害や機能低下が生じてくるのか、さらには、高齢者に多い疾患とそれに対する対応について十分に学習して下さい。講義は、「老年医学 系統講義テキスト 日本老年医学会編集 西村書店」を中心に進めていきます。

現代社会と人間 (1年次前期 必修 1単位)

医療コミュニケーション学 (1年次後期 必修 1単位)

神経学(内科・外科) (3年次前期 必修 3単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

一覧へ戻る

ページトップへ