医学部

研究室案内

基礎系

医療管理学Division of Health Administration and Policy

濃沼信夫教授

濃沼 信夫 教授

STAFF
  • 濃沼 信夫 教授
  • 伊藤 道哉 准教授
  • 尾形 倫明 助教
[研究テーマ]
1.がんの医療経済に関する研究、地域医療に関する研究
2.ポリファーマシーの改善に向けた前向き研究と経済分析
3.難病の医療政策に関する研究、医療倫理に関する研究
4.在宅医療の普及に関する研究、介護給付に関する研究
[研究概要]

1.調査研究に基づき、質が高く経済的負担の少ないがん医療の実践に向けた政策提言を行なっています。
2.ポリファーマシーに係る有害事象、薬剤依存の防止と患者QOLの増進を図る方策を検討しています。
3.調査を通じて、複合的なサービスを組み合わせた良質な難病ケア、療養環境を構築するための提言を行なっています。
4.在宅医療の費用対効果を検証し、介護給付の最適化を検討し、医療、介護保険の改革を展望します。

[主な担当科目]

医事法学 (3年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
医療に関わる法律は多岐に渡り、医業を正当に行うにはそれぞれの法律を正確に解釈、遵守しなくてはならない。本教科では医師が知っておくべき法律を解説し、さらに医療現場における問題点を提起し法的に適切な対応について検討することを目的としている。
在学生へのメッセージ
法治国家で医業を行うには、法を遵守することが必須である。現場における医療ケアの実践の基礎として、法規の重要性、運用の妙を知る。復習が特に重要となる。

医療管理学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
1 .わが国の社会保障、医療・介護制度、医療・介護保険制度、健康対策、薬事対策について医師に必須の知識と巨視的な視点を習得する。
2 .地域医療を担う病院のあり方、運営、経営に関する基礎的な事項を理解する。
3 .少子高齢化、技術革新、患者の視点などから医療提供体制の課題と展望を考察する。
4 .医療経済、医療評価、医療政策の基礎知識、医療と福祉、行政、法律などとの関連を学習する。
在学生へのメッセージ
講義の内容を使用した資料を基に復習すること。

一覧へ戻る

ページトップへ