医学部

研究室案内

臨床系

救急・災害医療学Division of Emergency and Disaster Medicine

39_%e9%81%a0%e8%97%a4%e6%99%ba%e4%b9%8b%e5%87%86%e6%95%99%e6%8e%88

遠藤 智之 准教授

STAFF
  • 遠藤 智之 准教授
  • 大村 拓 助教
  • 佐藤 大 助教
  • 阿部 良伸 助教
  • 眞田 千穂 助教
  • 大泉 智哉 助教
  • 山家 研一郎 助教
[研究テーマ]
院外心停止レジストリ
体外循環を用いた救急蘇生に関するシミュレーション教育とその効果検証
医療機関の災害対応マネージメント
[研究概要]

これまで、日本救急医学会主導多施設共同研究の院外心停止レジストリに関わり、東北地域の院外心停止患者のデータ登録を進めてきました。近年は先駆的心肺蘇生法として、体外循環を用いた救急蘇生法の教育と普及、更にその教育効果の検証を行っています。
また、高機能シミュレーターを用いた救急病態シミュレーションと、その遠隔効果についての研究を行っています。
災害医療に関しては、医療機関における災害対応時のコマンドシステムの確立や運用、情報マネジメントなどについて、東北医科薬科大学病院で実運用を行いながら検証を行っています。
また災害発生後に展開される様々な活動、特にボランティアクラスタによる災害支援活動に対する、情報の提供・共有による間接支援の方法や有効性について検討しています。

[主な担当科目]

救急医療学(3年次前期 必修 1単位)

学習のねらい
病院前から始まる救急医療体制を理解し、救急疾患の臨床推論、身体所見、緊急検査、重症度評価、チーム医療、科学的根拠に基づいた応急処置・診療手順についての知識と思考力を習得する。
在学生へのメッセージ
救急医療学では、チーム医療、症候からの臨床推論、救急病態の診断、治療、蘇生、臓器提供に至るまで幅広く学習します。教科書・参考書を基に予習、復習をして下さい。

災害医療学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
災害医療(情報伝達、トリアージ、災害医療支援チーム、域外搬送、CBRNE 災害、災害時疾病、被災者ケア、医療機関の役割分担と連携等)について、東日本大震災とその後の災害の教訓を踏まえてその概要を理解し医師の役割を認識する。
在学生へのメッセージ
災害医療学では、教科書・参考書だけでは網羅できない内容を取り扱います。講義と同等にグループディスカッション・発表を重視しますので、積極的に授業に参加して下さい。

救急・災害医療体験学習 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
災害時の医師の役割として、内因・外因を問わず傷病者のバイタルサインから重症度をトリアージし、多職種間の効果的コミュニケーションによって傷病者に適切なケアを施す総合診療の能力が必要である。本体験学習では、救命救急の初期診療のシミュレーション、災害訓練への参加、宮城県内の災害拠点病院の救急診療部門の見学を通して、救命救急・災害医療に必要な知識やスキルがどのようなものかについて体験します。
在学生へのメッセージ
救急初期診療のシミュレーション、救急部門の見学、災害訓練を体験してもらいます。レポート、発表を重視しますので、積極的に参加して下さい。

環境疾病学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
中毒と環境要因によって生じる疾患の病態生理を理解し、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
学習目標4 ~ 12 の内容は、救急医療との関連が深い内容です。教科書・参考書を基に予習、復習をして下さい。講義は配布資料に適宜書き込みしながら受講して下さい。

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
OSCEの「救急」ステーションに備え、一次救命処置を中心に実習を行います。マネキンとデモ機を用いて、ガイドラインに沿った成人・小児の心肺蘇生法、AEDの使用法、バッグバルブマスクの使用法、窒息の解除法を学びます。

一覧へ戻る

ページトップへ