医学部

研究室案内

臨床系

内科学第二(消化器内科)Division of Gastroenterology and Hepatology

2030_%e4%bd%90%e8%97%a4%e8%b3%a2%e4%b8%80%e6%95%99%e6%8e%88photo

佐藤 賢一 教授

STAFF
  • 佐藤 賢一 教授
  • 目黒 敬義 准教授
  • 廣田 衛久 准教授
  • 小暮 高之 講師
  • 遠藤 克哉 講師
  • 高須 充子 講師
  • 近藤 史帆 助教
  • 支倉 翔太郎 助教
  • 支倉 さやか 助教
  • 福士 大介 助教
  • 佐藤 倫紀 助教
  • 二瓶 憲 助教
  • 小岩井 明信 助教
  • 佐々木 義輝 助教
  • 佐藤 格 助手
  • 川村 恵太 助手
  • 佐藤 麻理 助手
[研究テーマ]
 当教室では多数の臨床症例を解析し、新たな診断法や治療法の確立を目指した臨床研究と臨床検体を用いて遺伝子の変異や分子の発現を検討する基礎的研究を行い、消化器(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆道、膵臓)疾患の病態解明に繋がる新たな知見を発見すべく努力しています。
[研究概要]

 当教室では、多くの症例を解析することによってその疾病の病態・病因を明らかにする臨床研究とともに、病理検体や細胞、動物を用いた実験から病態を追求する基礎研究も行います。早期胃癌に対する内視鏡的切除は年間200例を超えており、食道癌に対する内視鏡的切除も年々増加しています。これらの症例の年齢、性別、生活習慣、組織学的背景などを解析して胃や食道癌の発生や長期予後に関連する因子を同定できるか検討しています。同様に、急性膵炎、慢性膵炎、肝癌、炎症性腸疾患の病態についての臨床研究もスタートしました。基礎研究に関しては準備段階ですが、宮城県立がんセンター研究所や東北大学と共同して、消化器癌の浸潤・転移に関わる分子を網羅的遺伝子解析によって同定を試みています。さらに、メタボローム解析によって癌転移に関与している代謝物や代謝経路を明らかにしようとしています。

[主な担当科目]

消化器学(内科・外科) (2年次後期 必修 3単位)

学習のねらい
消化器系の正常構造と機能を理解し、主な消化器系疾患の病因・病態生理・症候・診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
本科目は、消化器疾患の病態、診断、治療について学習します。悪性疾患が中心となりますが、炎症性疾患も含まれており、内容が多岐にわたりますので、2年前期までの消化器に関する解剖、生理の知識を整理しておいて下さい。また、教科書や参考書を十分に見返し、復習して下さい。

早期医療体験学習(1年次前期 必修 1単位)

僻地・被災地体験学習Ⅰ (2年次前期 必修 0.5単位)

介護・在宅医療体験学習 (2年次後期 必修 1単位)

僻地・被災地体験学習Ⅱ (3年次前期 必修 0.5単位)

症候学 (4年次前期 必修 3単位)

基本的診療技能 (4年次前期 必修 2単位)

一覧へ戻る

ページトップへ