医学部

研究室案内

臨床系

感染症学Division of Infectious Diseases and Infection Control

関雅文准教授

関 雅文 教授

STAFF
  • 関 雅文 教授(診療科長・部長)
  • 賀来 満夫 特任教授
  • 遠藤 史郎 病院教授
  • 今井 悠 助手
[研究テーマ]
・重症感染症の病態解明と新たな治療戦略の検討
・耐性菌伝播防止へ向けた環境整備 (Infection Control)と抗菌薬適正使用支援(Antimicrobial Stewardship)の実践
[研究概要]

 上記の通りです。インフルエンザ関連肺炎に代表される予後不良な重症感染症の病態解明や新たな治療法の可能性を、臨床医の立場から多角的にアプローチしていきます。
 東北医科薬科大学病院 感染症内科・感染制御部としての診療活動を軸としつつ(病院HPを御参照ください)、今後、医学部の臨床系部門としての研究や教育活動システム、ポジショニングも順次改編、拡充していく予定です。
[研究業績]

[主な担当科目]

感染症学 (3年次後期 必修 1単位)

学習のねらい
主な感染症の病因、病態生理、症候、診断と治療を学ぶ。
在学生へのメッセージ
本講義では、感染症の診断と治療、そして予防について学習します。感染症は、どの臓器の専門家になっても、その知識が要求される分野です。地域医療においても特に重要で、近年は、臓器移植や免疫治療も進み、合併症としても必ず遭遇する機会があります。多領域にまたがる学習内容ですので、教科書・参考書に基づいて十分な復習を敢行することが望まれます。

チーム医療体験学習 (1年次後期 必修 1単位)

救急・災害医療体験学習 (3年次後期 必修 1単位)

一覧へ戻る

ページトップへ