保健・衛生・メンタルヘルス等

組織名 : 保健管理センター
機能
保健管理センターは学生および教職員の健康の保持・増進を図ることを目的として、各種の健康診断、応急措置、健康相談、カウンセリングなどを行っています。

1)保健管理センターの利用

① 利用時間  月曜日から金曜日  午前9時より午後5時まで(受け付け 午後4時30分まで)
急患はいつでも対応しますが、不在の時は事務局学生課へご連絡ください。
② 学医による健康相談  月・火・木・金曜日 午後3時~午後5時(要予約)
③ 臨床心理士によるカウンセリング  月・火・水・木曜日 午後2時~午後5時(要予約)

2)健康診断

学校保健安全法に基づき、健康上の問題の発見並びに健康の保持増進を目的として毎年年1回4月に実施します。全学生に胸部レントゲン撮影・尿検査・視力検査・血圧測定・身体測定を行うほか、1年生には採血、心電図検査、4年生には採血・心電図検査、5年生には採血、大学院1年生には心電図検査・採血を行います。
安全衛生法に基づき、年2回の特殊検診を実施します。
上記健康診断で異常が指摘された場合は、専門の医療機関を受診して頂きます。

3)健康診断証明書

就職等に必要な健康診断証明書は自動発行機で発行します(発行の手順は、各種証明書の申請についての項を参照)。定期健康診断を受けていない場合や精密検査を受けていない場合、所定の様式が指定されている場合には発行できません。自動発行機で発行されないときには保健管理センターまでお越しください。自動発行開始の時期は掲示板にてお知らせします。

4)健康相談及びカウンセリング

友人との人間関係の悩み、勉強や進路の悩み、気分が不安定、眠れない、食欲がないなどのからだの不調や病気、自分自身の性格や癖が気になるなど、悩んでいる場合には臨床心理士や学医、保健師が相談をお受けいたします。臨床心理士によるカウンセリングや学医の健康相談は予約となっておりますので、保健管理センターで申し込みをしてください。秘密は厳守いたしますので、ご安心下さい。

5)その他

定期健康診断の結果等から自らの健康問題を認識し、どうしたらより健康的な生活をおくることができるのか、日常の食事や運動、嗜好品等の生活習慣を見直して生活習慣病の予防に努めましょう。
体調が悪い時は早めに病院を受診しましょう。親許から離れている場合は健康保険の遠隔地証明を受けて所持しておきましょう。

▲ ページTOPへ