医学部

研究室案内

基礎系

病理学Division of Pathology

中村保宏教授

中村 保宏 教授

STAFF
  • 中村 保宏 教授
  • 村上 一宏 准教授
  • 村上 圭吾 講師
  • 島田 洋樹 助教
  • 端 秀子 助教
[研究テーマ]
トランスレーショナルリサーチを意識したステロイドホルモンと腫瘍の研究
[研究概要]

 病理学教室では、大学病院で病理診断を行い臨床現場で活躍している病理専門医と基礎研究を行っているスタッフが協力して研究を行っています。ステロイドホルモンは、ごく微量で生体の恒常性の維持に寄与していますが、分泌異常によって様々な疾患に関与します。中でも癌との関連を重点的に研究しており、ステロイドホルモンの代謝、作用機序の解明を中心にこれまで副腎腫瘍、泌尿器癌、乳癌、肺癌などの研究を行っています。培養細胞や病理組織標本を用いた研究結果を基に、予後予測因子を発見し臨床での診断に生かされることによって、研究結果を患者様に還元することを意識して日夜励んでいます。

[主な担当科目]

病理学 (3年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
遺伝子・発生異常、細胞変性、代謝障害、循環障害、炎症、創傷治癒、腫瘍等に関する基礎的知識と考え方を身につける。また、各臓器での疾患と病理形態的変化やその原因、生体への影響等について学ぶ。
在学生へのメッセージ
各講義前には教科書の該当部分を読んで下さい。講義は配布資料に適宜書き込みしながら受講して下さい。試験は、講義の内容に沿って出題予定です。なお、各疾患の病理形態変化に対する病態や臨床的意義を意識しながら学習することが望まれます。

病理学実習 (3年次前期 必修 2単位)

学習のねらい
各臓器での様々な疾患における病理組織像について自主的に学び、その病態を理解する。
在学生へのメッセージ
実習に臨む前に、その日に行う実習項目についてテキストを熟読しておくこと。また、関連した教科書なども参照して実習の目的を十分理解し、周到な準備をして実習にとりかかって下さい。

環境疾病学 (3年次後期 必修 1単位)

移植医療学 (4年次前期 選択必修 1単位)

一覧へ戻る

ページトップへ